・第1波の定義について ・チャネルラインは基本の「き」 ・HMAを目線固定に使う ・時間論としての考察 ・BB±2σで考える ・ネタ切れ ・「望遠鏡」と「顕微鏡」の続き ・昨日検証と今後 ・チャート理解法 ・現状分析/加熱度を測る ・身の丈トレード ・Channelsインジ ・ゴーンの逃亡劇 ・興味深いインジを発見 ・誰にでも出来る環境認識法 ・RCI総括/動画紹介 ・理想はネイキッドチャート ・クリスマスのGBPUSD ・リスク拡大する世界経済 ・真っサラなチャート ・現在の相場 ・レジサポ転換の確認 ・本日のGBPUSD ・RSIのパラ3+9 ・来週は決戦場 ・GBPUSDは重要な岐路に ・GBPUSD情報 ・本日のGBPUSD ・フラクタル ・アリゲーターインジとの比較 ・「トレードスタイルについて」の続き ・自分に合ったトレード法 ・三角をイメージする ・今日のGBPUSD ・秘)反転ポイントを捉える方法 ・MA10openと8close ・トレード判断は総合力 ・極東アジアのリスク拡大 ・サイクル的観察目線 ・トレードに必要な素直さ ・来週のGBPUSD ・MA3のOpenラインとCloseライン ・単なる手法論でなく根源を抑える ・MT4が重い場合の対処法 ・今後の展開予想-GBPUSD ・Wボリンジャーバンドでの着目点 ・落ちるナイフを掴んでみた ・酷くなる香港情勢 ・上手なトレードをするコツ ・ポンド円に注意 ・当日始値・PIVOTに注意 ・スキャルの視点で観察 ・ブレグジット続報--総選挙ですと ・EU離脱また延期を受けて ・流れの大元を掴むルール ・ブレグジット、採決延期に ・ラインの引き方についての考察 ・FXを論理的に紐解く ・ポンド円 ・週明けのポンド円 ・これで誰でも勝てる?かな? ・ポンド/今日の展開 ・基本はライン、その思考とは ・展開はいかに ・小学生でもやり方次第で勝てるFX ・目線の固定が一番 ・HiLoバンドあれこれ ・GBPUSDその後/サインの行方 ・今日のGBPUSD ・今日の展開 ・聖杯もどき ・最終兵器Grail手法 ・検討中のEA ・GBPUSD/2019.09.10 ・ポンド円/2019.09.09 ・あるFXYoutuberのこと ・ボリンジャーバンドに拘ると ・雑念--つぶやき ・ダブルボリンジャーバンド ・ポンド連日の下落 ・チャンス到来 ・GBPUSDの急落 ・誰でも出来るチャート観察 ・トレードの基本をマスターしよう2 ・トレードの基本をマスターしよう1 ・MAで相場の循環を見る ・インジを組合せてみる ・サブチャート比較 ・常にエリオット思考で ・今日は74回目の8月15日 ・FXは「思考の小宇宙」 ・ダイヤモンドフォーメーション ・GBPJPY100pp獲れましたか? ・ポンド円は三角下抜け警戒 ・ダイバージェンスの罠 ・記事が消えた? ・為替株価全面安 ・GBPJPYの1週間 ・これからのGBPUSDは ・賢者への道 ・今週のポンドに注意 ・おさらい/ダブルMAリボン/ATRバンド ・今後の展開予想から ・韓国経済崖っぷち ・根拠が覆された時は潔く撤退する ・カンタンな方法(短時間解説付) ・続き ・新しい取組み/MACDとCCFp ・流れを強弱CCFpでザックリと ・MA5補足 ・最終兵器MA5 ・ポンド、離脱した後どうなる ・「己を知る」ことから始める ・抱いたら仕舞い ・インジとの信頼関係を築く ・10MAと20MAがベース ・順張り目線固定(100+200) ・もぐら叩き作戦がお奨め~GBPUSD要警戒 ・ドル円の戻りを狙う ・4時間足トレードの落とし穴 ・チャンスを引き寄せる努力 ・週明け展望 ・米国が台湾を国家承認へ ・スキャル図解 ・超短期MAが大事なわけ ・HMAだけで検証中 ・2つのHMAクロス ・HMAでEA化に挑戦 ・重要)目線確定したら片張りに徹せよ ・各通貨ペアを現状から分析する ・レッスンを受けての感想 ・レッスンを終えて ・本日のGBPUSD ・昨夜の展開は ・明朝、日本四半期GDPの発表予定 ・ポンド円今後の展開 ・ポンドドルは何処まで落ちる? ・ファーウェイ排除 ・超スキャ用にあると便利なツールの話 ・合意なきEU離脱は確定 ・予定された目的地を予め探しておく ・続き ・ドル円の検証 ・究極は「短期MA,10と20の関係」 ・4時間足リバーサル手法 ・定点観測を心掛ける ・%BインジをRSIに置き換える ・BBの±2と±3の間 ・GBPUSDはレンジに ・Heiken_Ashi_Smoothedについて ・低ボラ相場対応テンプを考える ・ATRバンドの補足(2) ・英EU離脱は5/22前に ・ジグザグが分かれば勝てる ・4時間足トレードのススメ ・ATRバンドの補足 ・久々に ATRバンド ・レンジとトレンドの狭間 ・%Bでのエントリー ・RCI上位ラインの相反で ・昨日GBPUSD欧州時間開始後の乱高下 ・ドル円下げの始まり ・GBPUSD4/5のポイント ・久々にRCIの話(3) ・久々にRCIの話(2) ・今日のポンド ・久々にRCIの話(1) ・久々に移動平均線の話 ・新元号は「令和」 ・スキャルが有効な相場では ・補足--ADXとかも ・ボリンジャーバンド活用術3 ・ボリンジャーバンド活用術2 ・ロシアの巨額マネロン事件発覚(EU) ・ボリンジャーバンド活用術1 ・環境認識の方法とは ・英3/29の離脱はなくなる ・FOMCでドル売り ・ヒゲに騙されないために ・欲張りと頑固と怠慢と ・教えてもらった手法が無意味なわけ ・ポンド、当面は買いで ・今日のポンド円 ・大きな動きの後の小さな動き ・ピッチフォークでEURUSDを ・本日のポンド ・ピッチフォークでGBPUSDを ・ピッチフォークでUSDJPYを ・ポンド円詳細(重要) ・基本思考を頭に叩き込む ・来週の展望 ・単一ロジックでは勝てないFX ・景気と太陽活動 ・今日の展開GBPJPY_3/8 ・深掘り分析--GBPUSD ・今後の展開は ・今日のポンドが楽しみ ・FXに関するウソ ・ドル円日足でエリオット波を確認 ・ポンドドル深掘り分析 ・来週のポンド ・100ppとれました~のご報告 ・今日の展開GBPJPY ・米朝会談不調でよかった ・上昇中のポンドを捉える ・スキャルINの道具 ・久々のスキャル ・資金の回転率を上げる ・来週の展開 ・今日のポンド円 ・本日のポンド円 ・GBPJPY/本日の展開 ・無知はリスクそのもの ・2/14-15検証GBPJPY ・チャンスをゲットするための準備 ・加熱度測定--RSIやADXやTDI ・追従のための手法2--TDIインジ ・追従のための手法1 ・合意なき離脱の可能性は ・2/1雇用統計検証 ・中国崩壊・韓国消滅による地政学リスク ・昨今相場はコツコツ細かく積み上げる ・三角死角 ・N時刻での基本目線 ・相場のことは相場に聞け ・信じる力・信じない力 ・ほんとはインジは要らない ・「高安値を意識する」とは ・主観と客観 ・この世界の常識 ・波乱のスタート ・新年早々の暴落 ・あけましておめでとうございます ・ウォルフとエリオットの違い ・エリオット波動(3) ・日経平均年足陰線確定 ・エリオット波動(2) ・ブラッククリスマスの贈り物 ・エリオット波動(1) ・ドル円は現在調整中 ・本日のドル円 ・ストップ狩りの背景 ・「追従トレード」が最強 ・動きが見える見える ・景気後退の兆しあり ・プライスの最も早い表示はMA1 ・RSI+MAでの観察 ・Wさんの感想 ・基礎--上位足の流れに乗る ・MACD+BBの考察 ・CCI+BB ・サブチャート情報強化の目的 ・FXで本当に利益を出している人の割合は ・世界経済減速懸念 ・今後の展望 ・RSI+ボリンジャーバンド ・モメンタム+BB ・ポンド系通貨の魅力と観察法 ・「考え過ぎ」を克服する ・寝ている間でも稼ぐには ・4時間足でのプライスアクション ・包み足発見インジ ・学ぶべき知識とは ・今後の日本経済は ・コツコツ・ドカンの種類 ・景気循環の波--2019年6月危機に備える ・スーパーRCI ・将来の日本経済の行方 ・サブウインドウから見たブレイク ・初歩的な話 ・FXと洞察力 ・r>g  ・階層分割とダブルフィボ ・乱れる社会を生き抜くために ・ボリバンを再検証してみよう ・LC幅について ・チャートのパワーバランスを読み解く ・ライン自動描画インジ ・ダイバージェンス ・表示非表示の出来るボリンジャーバンド ・階層認識は大事 ・日銀政策金利&声明発表次第で ・価格帯別出来高 ・通貨比較チャートで監視する訳 ・確実に大損できる方法--2 ・ポンドドルの動向 ・月足・週足の20MAを下位足に表示する ・週明けからの方向は ・通貨の相関関係 ・若い人は大変だ ・今日のドル円 ・これからのドル円に注目 ・チャートは神様 ・7月展望 ・一攫千金を夢見る功罪 ・初心者でも勝てる手法 ・昨日ユロドル検証 ・平均足スイッチ ・エントリーの位置(スキャル) ・利を伸ばす工夫 ・ボリバンに再注目--こだわってみた ・大きな流れに従う ・ボリンジャーバンド%B ・昨日のポンド円 ・スキャルならポンド系通貨がいい ・簡単で正確なスキャルを ・トレンドとリバーサル ・座標Bで方向確認 ・窓明けの捉え方 ・今日の展開 ・ドル円100.00越え ・指標狙い--第2波 ・レンジ相場を克服する-4時間足Pivot ・MT4スピード注文板 ・RSでの抜けの可否を判定する ・通貨の強弱 ・FXの流れ-大枠を捉える ・酒田五法インジ ・水平線を考える ・今週はポンドで ・4時間足のトレードは ・月曜日の各通貨ペア ・精度を上げる ・昨日のポンド円検証 ・ドル円/昨夕から現在、そして今後 ・無料スカイプ講習のお知らせ ・オリジナルなライン描画法 ・レンジ抜け狙い(再) ・ネット上に氾濫する曖昧情報 ・■初心者の方 ・本日のドル円展開 ・基本をマスターしたらシンプルに ・レンジ抜けを狙う ・インジはデータ共有の伝達手段 ・カイジにみる人生哲学 ・天底を探る方法2 ・ドル円急騰後 ・天底を探る方法 ・今日のドル円--日足包み足出現 ・持合の先を読む方法 ・来週以降のレジスタンス ・ツイッター告知と昨日ドル円検証 ・FOMCその後 ・FOMC結果 ・今夜はFOMC ・波長を検証する ・本日のドル円3/19午前 ・相場の背景を考える ・水平線の描き方 ・短期足のみ観察の危険性 ・■個別レッスン ・ドル円今朝の急落 ・「FXお悩み相談コーナー」を設けます ・3月の動き ・自然流-じねんりゅう ・三角抜けを狙う ・今日のドル円 ・自分のアタマで考える ・レッスンを受けて ・トレンドラインを引く練習 ・昨日狙目--極小レンジで短期足観察時の注意点 ・実践主義的FXとは ・本日のドル円 ・今日のドル円 ・昨日は「満月」(変化日) ・今日のドル円--3/02 ・本日のドル円--3/01 ・追従思考について ・本日のドル円--2/28 ・本日のドル円 ・追従型トレードに徹する ・朝鮮半島有事は近く起こるかも ・昨日のドル円検証 ・ドル円(2/22~23)検証 ・地合を知る--実践編 ・短期MAの応用 ・MAの三段バリア---長期MA編 ・MAの三段バリア---中期MA編 ・マル秘//MAの三段バリア---短期MA編 ・景気の先行感に暗雲か? ・乱高下に注意 ・NYダウ急落を受けて ・シンプルFX(会社名) ・「予想」はしない。「追従」でいい。 ・雇用統計の結果は上 ・本日のドル円 ・移動平均線の有効な三段活用 ・今日のドル円 ・勝つべくして勝つ ・1/26(金)のドル円検証 ・今日のドル円 ・ドル円下降トレンド検証 ・2018/01/24 ドル円 ・情報が勝敗を決める ・終値を重視する! ・学ぶことで勝組になる ・今日のドル円 ・RENKOの見易さ ・ドル円を RENKO Chart で観察 ・EURUSDの観察 ・1時間足と4時間足の観察の違い ・T3インジ(2) ・T3インジ(1) ・12月FOMCは利上げでも下へ ・12月FOMCは今夜 ・明日のイベントFOMC ・本日のドル円は ・トレンド終焉にBB反対側3σの口が閉まる ・ダブルリトレース ・スパイダーの高度化 ・「MAでの方向判断/スキャル」の話(2) ・「MAでの方向判断/目線切替・固定」の話(1) ・水平線トレードに思う ・自分に合った基本軸足を決める ・2019年危機 ・本日のドル円/2017.12.01 ・ここ数日の展開--ドル円とポン円 ・レッスン後の感想 ・チャートを追撃する ・リスク管理 ・昨夜ドル円はウォルフ ・ドル円展望 ・インジで原因→結果を知る ・受講の感想(Aさんの場合) ・「3、5、8の法則」について ・スピードテスト ・ウォルフ波かなと思ったら ・「ワンツースリーの法則」補足 ・「ワンツースリーの法則」 ・「高安値抜けでIN」の嘘、嘘のオンパレード ・スプレット/各社業界最少0.??銭を謳っているが ・MACDクロスでのエントリー ・火星で発見された或るもの ・昨日検証から推察して下さい ・変なオンナとのスカイプ顛末 ・目的に合ったインジは共通言語 ・ラインについての考察 ・昨夜ドル円スキャル検証 ・立憲民主党に期待する ・本日現在のドル円は? ・「追従」のコツ ・ウォルフ発見はピッチフォークで ・「わかった!」と「できる!」の間 ・昨日ドル円の検証 ・基本的なラインの引き方 ・その他の便利ツール ・環境認識あってのスキャルが原点 ・レッスンを受けて--Yさんの感想 ・13日の金曜日 ・スキャルの道具(2) ・スキャルの道具(1) ・コロンブス記念日ってなにもの? ・難易度を考える ・また選挙なんですが ・各通貨ペアの動き ・安倍の目算が狂う ・また規制?レバレッジ10倍に ・特待レッスン生募集 ・2017/09/24三通貨ペア ・特待レッスン生募集 ・再現性・優位性とは ・理想のトレードは ・2017/09/19ドル円 ・北のミサイルと為替の関係 ・来週は上がるか下がるか? ・高ボラ通貨ペアでの注意点 ・続き ・擬似練行足 ・時間の概念 ・フィボリトレースの当て方 ・根拠あるトレード ・チャートの大枠を知る ・ダマシ回避に遅行線を利用する ・Dolly_System検証 ・ビギナーに最適な簡単チャート設定は ・SQとVQ ・半島有事に備え、FXはデイトレで、必ずロスカットを ・MAzero式基本ロジック総覧 ・今日はドル円の検証 ・本日現在の各通貨状況 ・今日はユロドル ・8月9日長崎 ・2017/08/12ドル円は下げ止まったのか ・ドル円は変化日に突入 ・2017/08/09 ・長期目線固定/転換確認の練習に ・2017/08/06ドル円 ・タイミングインジ紹介 ・週足判断からみた今後 ・ドル円岐路差し掛かる ・ドルはどうして弱いのか ・今夜の指標は第2四半期GDPと個人消費 ・2017/07/27木 USDJPY ・ドル円目線の変更 ・来週の展望 ・2017/07/21ドル円 ・そろそろ転換(小)に注意 ・トータルでプラス--「ゾーン取引」 ・順張りと逆張り ・私なりに得た解答 ・東アジアの歴史から現代を学ぶ ・今日のドル円の読みは難しい ・日本の恥 ・ドル円リスクオン ・強力な切下げライン(ドル円) ・今日午前は様子見相場 ・この時代に生きる 私たちの矛盾 ・ラインは当てにならない? ・ダウ理論を考える ・縄文人はどこから来たのか? ・チャネル(続き) ・フィボチャネルライン ・トリガーアングル(補足) ・簡単なスキャル--トリガーアングル ・2017/06/07 USDJPY ・2017/06/06 USDJPY ・ドル円-昨日からの動きを観察 ・半値ライン(続き) ・半値トレードについて ・2017/05/28ドル円の様子 ・ドル円下落 ・ピッチフォーク的観察のススメ ・タイミングツール ・韓国大統領選挙 ・本日のドル円 ・2017/05/01 ・続き(4) ・続き(3) ・続き(2) ・続き(1) ・精度を上げるには ・ZigZagを制するものは ・ZigZag頂点の捉え方 ・最強ツールは何か? ・2017/03/31 USDJPY ・2017/03/28USDJPY ・安倍昭恵に頼めば実現可能 ・2017/03/05 ・2017/02/27 本日のドル円 ・適切なインジの配置 ・本日のドル円 2/17金 ・みんなが知りたい第三のライン ・2017/02/15ドル円 ・2/14 本日のドル円 ・「国の借金」イコール「国民の借金」ではない。 ・2017/02/10 USDJPYの展開 ・ピッチフォーク的観察 ・2月の相場---応用編 ・PitchFork分析の絶妙さ ・Point and Figureで見る高安値とライン ・続PitchFork ・MT4の便利な機能 ・Point And Figure ・PitchFork分析 ・心境に変化アリ ・トランプラリーの賞味期限とピッチフォーク ・2017/あけましておめでとうございます ・ドル円/上昇の目途 ・フィボナッチの追加 ・フィボナッチをどう使う?(FLASH ZONE FXはアリか?) ・いつから調整? ・過去のネック部分に注意 ・ウォルフ波動 ・トリガー ・節目ポイントを調整波で捉えるには ・トレンドラインについて ・高値安値にこだわると ・波乱の後のチャートの見方 ・ブレイクの瞬間を捉える ・究極のインジ ・明日の指標に備えて ・最近のレッスン教材 ・世事あれこれ ・自動で引いたラインの使用感 ・ドル円は100.00円を目指すか ・究極のトレード法紹介します ・信ずるものは救われる ・7月になりました。 ・誰でも勝てるやさしいRCI ・スパイダーMTF化の話し ・イギリスEU離脱決定 ・大波乱相場に備えて ・イギリスのEU離脱 ・失敗のもと ・55MAの意味するところ ・チャートパターンで判断する ・6/3米雇用統計で円買い加速 ・少額からの投資法 ・かなり満足の出来上がり ・チャート修整 ・ドル円の現況-2016/05/27 ・2016/05/22ドル円 ・ドル円来週以降 ・急に伸びたその後は ・テンプレート改訂について ・FXなんでも相談室(臨時開催) ・「いつでもサイフ」のチャート ・久々に時事問題 ・2016/05/10ドル円 ・FX取引(2015年度)初めて5000兆円越え ・思い込みIN ・明日は雇用統計 ・今日のドル円 2016/05/03午前 ・2016/04/29ドル円 ・自信もてるテンプレート完成 ・4/22の展開 ・3本のMAで(続き) ・3本のMAで相場の状態を掴む ・ラインを引くのは難しいか? ・転換の基準 ・早め表示のインジケーター ・OPバリアとは? ・MAクロスの時間軸による見え方の違いを改良 ・どこまで落ちるドル円 ・パナマ文書--日本では ・2016/04/05の睡眠投資法 ・2016/04/05ドル円 ・サイン出現の遅い早い ・MAのMTF表示 ・2016/03/30ドル円 ・2016/03/28 ・睡眠投資法その後 ・18:25分で本日終了に ・2016/03/23ドル円 ・狙う場所(応用編) ・ドル円と日経平均の関係 ・2016/03/18ドル円 ・2016/03/15 ドル円  ・睡眠投資法 ・2016/03/10ドル円 ・2016/03/09ドル円 ・2016/03/08ドル円 ・テンプ修整 ・プライスライナーは使えない ・エリオット第4波 ・115.00が分岐点 ・3月の予定イベントは ・来週のドル円 ・デイトレは難しい? ・本日は満月 ・自然の法則 ・3月10日大暴落説 ・ドル円週足 ・作戦変更 ・ドル円111円割れへ ・雇用統計待ちでレンジ気味 ・2016/02/04 ドル円 ・2016/02/03 ・日銀レポート ・確認すべきポイント ・当日始値の確認は ・自己分析 ・マイナス金利での動き ・年金資金が危ない! ・大きな流れを早目に知るには ・ブラックマンデー? ・ナンピン補足 ・100ppマイナスになったら ・今年の日本経済は ・時間軸をむやみに変更しない ・2016年の始まり ・今年も終わり ・Genesis Matrix 検証 ・チャート設定 ・MA総括 ・補足 ・はじめにやること ・③平均足とMA10 ・公明党の茶番劇 ・②9MAのススメ ・①スキャルと平均足 ・高値安値の補足 ・TTさんの報告から読み解けるもの ・見えない壁を探す ・エントリー ・ローソク足 ・水平線だけがラインではない ・色々な考え-2 ・色々な考え-1 ・利益を伸ばす方法 ・GPIF赤字 ・本日のドル円 ・過去の動き ・短期水平線 ・ラインの見方とフィルター ・来週のドル円 ・晩秋の景色 ・現在のチャートから ・商材分析(3) ・商材分析(2) ・商材分析(1) ・鉄板パターン ・原理原則に迫る ・----------。 ・感想を頂いて ・近頃思うこと ・比較するなら基軸を明確にする ・チャートの原理原則 ・ニコ生 火事 ・目線の転換 ・本日雇用統計 ・思考の引き出し ・記事削除します ・内側狙い、外側狙い ・85点のチャート設定 ・ラインのズレ ・Twitter始めようかと ・2015/09/06 ・最近のドル円 ・今日から9月です ・Hさん報告 ・お知らせ ・世界同時株安 ・Hさん修了 ・レッスン生募集 ・今日は70回目の8/15---プラス ・まだ理解出来ない人のために ・7月も終わり ・2015/07/23のユロドル ・2015/07/15指標の直後 ・基本--タイミング ・上海相場暴落 ・基本に忠実に ・時間足で勢いを測る ・自民党の言論弾圧 ・ギリシャはどこへいく? ・欧州時間特有の動き ・2015/06/07 スパイダー解説 ・2015/06/05 ・日足始値トレードについて ・2015/05/22指標対策 ・2015/05/22指標 ・要人発言--ECB量的緩和を加速する ・日足と4時間足の終値始値 ・Cさんから ・些細な常識 ・T.Tさんのライントレード総括 ・昨日のユロドル ・ラインのその先 ・続・ラインについて--水平線だけではダメ ・今日から5月 ・Cさん続報 ・インジについて考える ・Cさんの報告 ・トレードの要件とは ・大胆推理は面白い ・今日の相場は---ルール改訂 ・二度あることは ・オレンドライン ・根拠のない自信 ・デモトレしよう ・雇用統計を終えて ・新年度スタート ・失敗の原因 ・我が家の木蓮 ・2015/03/27ユロドルにみる3TLBの行方 ・Gさんからの報告 ・昨日に続きスキャルの話 ・2015/03/26 ・FOMCの後 ・FOMC待ち ・転換点で---3TLB ・2015/03/14相場観あれこれ ・よりシンプルに ・2015/03/08 ・2015/03/06雇用統計発表前 ・用語について ・2015/03/03天井と底 ・2015/02/25のドル円 ・体験レッスンを受けて ・2015/02/25無敵 ・2015/02/23バンドは堅い ・2015/02/19現在地の確認 ・2015/02/17新インジ検証 ・2015/02/15ドル円検証--サインインジ ・2015/02/13ドル円 ・狙うのは節目 ・2015/02/06雇用統計 ・2015/02/05ドル円 ・日本人人質殺害か? ・2015/01/30ドル円検証 ・2015/01/25 ・2015/01/23ユロドル検証 ・無料レッスン受けませんか? ・今夜はECB指標 ・2015/01/21ユロ円 ・アルパリ破綻 ・スイスショック ・2015/01/16節目割れ ・高値・安値の重要性 ・1/10(土)のその後 ・ユーロドル ・2015/01/10 ・2015/01/08 ・値頃感を捨て去る ・資金管理を支えるマインド ・2014/12/31 ・インジについて ・2014/12/25 ・2014/12/23 ・赤字国債の行方 ・原油価格暴落 ・明日は衆院選投票日 ・2014/12/12 ・MA55の話 ・値頃感と実際のタイミング ・2014/12/08 ・超インフレ起こして借金踏み倒し ・とまらない円安 ・肯定と否定 ・日本国債格下げ ・謙虚さが大事 ・2014/11/28 ・スキャル実践報告 ・2014/11/23秋深し ・強い上昇継続 ・KYな政治 ・波乱の後 ・GDP前期比1・6%減 ・アベノミクス失敗 ・値を目で追うなかれ ・2014/11/01ドル円 ・2014/10/31ドル円 ・2014/10/30ドル円 ・2014/10/29ドル円 ・テクニカルを学ぼう ・2014/10/27 ・2014/10/21ドル円 ・2014/10/20ドル円 ・確実に負ける方法 ・2014/10/16ドル円 ・2014/10/13の相場 ・FX真面目考 ・2014/10/10ドル円 ・2014/10/08ドル円 ・トレンドの多層構造 ・2014/10/01 ・ドル円総覧 ・変化初期の場所 ・FOMC後 ・FOMCの発表 ・デイリースイングの薦め ・来週は波乱含み ・ドル円急騰ですが ・オーダー情報 ・2014/09/09 ・インジ補足 ・欧州金利下げ ・BOXと逆張り ・8月も終り ・補足 ・次回予告ですが ・レッスンを受けて ・雑念 ・素チャート ・レジサポ近辺の動き ・抜け・反発確認2 ・トレンドを読む ・抜け・反発確認1 ・69回目の敗戦記念日 ・2014/08/14 ・2014/08/12 ・個別レッスン ・エントリー時の迷い ・本日のドル円 ・【呼び水】にされるな ・ホントーにカンタン ・雇用統計検証(2014/08/01) ・比較チャート ・どのタイミングか ・数字の不思議 ・HIGHLOWバイナリー ・インジは参考程度に ・簡単すぎて勝てないルール ・官製相場到来 ・2014/07/03 ドル円 ・劣化した日本人 ・トレードヒント ・集団的自衛権廻る自作自演 ・思考はシンプルに ・Silkroad Strategy ・2014/06/18 ・安倍首相20の大罪 ・2014/06/12相場判断 ・2014/06/05指標検証 ・2014/06/04現在 ・これから6月 ・来週の展開予測 ・チャートの規則性 ・ドル円下落 ・2014/05/08指標 ・雑記 ・性格を現す鏡 ・指標の検証 ・2014/04/25ドル円検証 ・「覚悟」 ・動きのない日々 ・FXの動きを知る ・神頼みトレード ・基本中の基本の話 ・Tさんの感想 ・2014/04/08「周期」 ・指標検証2014/04/04 ・2014/04/03豪指標 ・ドル円高値圏 ・ラインの引き方(基礎) ・指標考察 ・コバンザメ ・指標について ・納得して待てる余裕 ・最近思うこと ・2014/03/14ルーティン ・調整波の捉え方 ・2014/03/10ドル円にみるグランビル ・資金管理能力 ・Line Chartのススメ ・素直と熱意 ・二・二六事件 ・2014/02/25豪円 ・覚悟という名の勘違い ・2014/02/17ドル円 ・シンプルに考える ・RCIを詳しく ・多様な考え ・2014/02/07 ・エントリーの仕方 ・悪徳セミナー ・来週展望 ・アベノなんちゃら ・2月レッスン生募集 ・聖杯は、ある?、ない? ・インジについて ・2014/01/21午前中ドル円 ・2014/1/16ドル円 ・2014/01/14~15 ドル円 ・陥り易い危険 ・イエレン・ショックの可能性! ・今年最初の指標 ・2014謹賀新年 ・年末です ・2013/12/21 24:00ドル円 ・QE縮小の流れで--Fiboを使いこなす ・先を読む【限定】 ・「普通」という言葉 ・チャート観察 ・素朴な疑問への回答 ・カール・アイカーン ・2013/11/18ドル円 ・ドルインデックス ・11/13現在のドル円 ・学ぶということ ・確認作業の重要性 ・2013/11/01ドル円 ・2013/10/30こころの目 ・お知らせ ・修了の方々のことば ・2013/10/25ドル円 ・2013/10/22雇用統計 ・オピニオン ・手法について ・雑記(生主さん) ・消費税増税で? ・チャートが見えない時 ・2013/09/26ドル円 ・TDIとRCI 解説 ・2013/09/13ドル円TDIとRCI  ・2013/09/03シリア情勢で「有事の円買い」 ・業と因縁 ・確実に勝つ方法 ・来週のドル円の流れは ・福島県をどうするのか? ・2013/08/22ドル円 ・1分の勢い ・ドル円の流れは ・憂鬱な国 ・勝ちたければ ・9月からは・・・ ・2013/08/09ドル円 ・2013/08/08のドル円 ・飛付き禁止 ・V・N・Wを意識する ・指標検証と対処法 ・ジブリの法則 ・麻生発言 ・円安継続 ・ジョージ・カーリン ・エリオットな1日 ・鉄板パターン ・8~9月の動き ・福島の現実 ・本日のドル円 ・学びたい方大歓迎 ・読んでみたい本 ・時間を意識する ・ドル買が主流 ・一目の雲 ・2013/07/15のドル円爆上げ ・最適チャートの選び方2 ・最適チャートの選び方1 ・チャート観察と資金の増やし方 ▼もっと見る

RSS

全エントリー一覧