・アリゲーターインジとの比較 ・「トレードスタイルについて」の続き ・自分に合ったトレード法 ・秘)反転ポイントを捉える方法 ・トレード判断は総合力 ・単なる手法論でなく根源を抑える ・Wボリンジャーバンドでの着目点 ・FXを論理的に紐解く ・これで誰でも勝てる?かな? ・基本はライン、その思考とは ・小学生でもやり方次第で勝てるFX ・目線の固定が一番 ・HiLoバンドあれこれ ・GBPUSDその後/サインの行方 ・聖杯もどき ・最終兵器Grail手法 ・検討中のEA ・ボリンジャーバンドに拘ると ・ダブルボリンジャーバンド ・誰でも出来るチャート観察 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:手法についてのエントリー一覧

  • アリゲーターインジとの比較

    自分のトレードスタイルに合わせたルール決めは出来ているでしょうか。インジケーター選択で迷っても時間の無駄です。聖杯はありません。シンプルに方向性とタイミングが掴めればみな同じ、乱暴な言い方ですが手法はどれでもいい。インジには移動平均を用いたものが多く、そこから派生したものが名前を変えて多数存在しています。前回はボリンジャーバンド1σを挟む短期MAの動きで方向が見える話をしました。オシレーターの%Bを通...

  • 「トレードスタイルについて」の続き

    まず本日のGBPUSD 12時前の位置一昨日の欧州時間スタートからの上昇の波に乗るのがベストでしたね。「自分のトレードスタイルについて」の続き自分で実際に取引をしていない評論家的な自称トレーダー、若しくは証券会社の広告塔的なトレーダー、商材販売ページ誘導型、PV稼ぎの胡散臭い後付け屁理屈お遊び手法は信用ならないので、それ以外のものをピックアップしてみました。ネットに転がっている動画、参考になるかどうかは不明...

  • 自分に合ったトレード法

    自分に合ったトレードスタイルを発見する自分流のやり方は決まっていますか?戦略なく、ただただプライスの動きについて行こうとしてもMA1は一筋縄ではいきません。それには自分で決めた「相場展開(チャート)を観察するバロメーター」が必要となります。「チャートを眺める」から「観察する」に一段アップし、更に「分析する」へと発展させる。観察法は人それぞれで、優位性と再現性が認められればどれでもいいのです。エントリ...

  • 秘)反転ポイントを捉える方法

    <前頁に続き短期MAの考察>ZIGZAGの波の上下が入れ替わる所、いわゆる反転ポイントの捉え方について。どの時間足を狙うかで値幅は異なりますが、やり方はどれも同じ。基本とするMA(20MAなど)1本でも構わないが、微妙な感覚が伝わって来ない。で、ボリンジャーバンドを使うことにします。BBを観察するに当たり注目すべきは「±1σ」でのプライスの方向。通常の勢いの場合、±1σに沿ってバンドウォークして伸びて行き、強い勢いでは...

  • トレード判断は総合力

    チャートに何もインジを入れずにプライスの上下動だけで観察してみると、ローソク足が宇宙空間に浮いている連鎖物体のようで、まるで変化が感じ取れません。現在位置を指し示すのも不便です。判断材料は自分で引く水平線と斜め線だけ。これだけでは何とも心もとないですね。(横軸概念を省いた練行足という日本人が考えた思考方法もあります---まるで寒暖計のようなもの。これはこれで価値ある思考方法だと認められます。それは置...

  • 単なる手法論でなく根源を抑える

    勝てる手法・勝ちやすい手法は多々あります。結果重視や聖杯探しで粗雑な手法に拘るのはもうやめませんか。どこを探しても100点満点のものなど存在しないのですから。Aさんから「これがいいよ」と薦められた手法が、Bさんにとって「いいもの」とは限りません。そこには個人の感性や性格による個性差があるからです。移ろい易い流行りの手法ではなく、その根源にある「勝つための要件」を冷静に分析してみて下さい。個々の手法につ...

  • Wボリンジャーバンドでの着目点

    チャートの観察にあたり、単に現在値のみを重視していたのでは何も分かりません。結果論として縦軸オンリーの寒暖計の上下運動として認められるだけです。気温が低くなれば下へ、暑くなれば上へ。現在値を見るには「ここに至る経緯--背景」が大事なのです。「チャートの左側に答えが書いてある」とは、迷える子羊達にとって刺激的な言葉と受認できます。しかし、無限に引ける過去の高安値水平線だけでは、どれが本物の答えなのかが...

  • FXを論理的に紐解く

    FXの独学は難しいですね。FXについてネット上には幾らでも情報が転がっています。その手法が本物かどうかは別として。本物であっても自分に適していないだけなのかもと思い、真偽のほどを決め兼ねて放置。自称「勝ち組」の方々の手法を真似れば自分も勝てるかもと、淡い期待を抱き試みては失敗する。こうして試行錯誤を繰り返し、蟻地獄にハマっていく。(多くは偽情報ですが初心者は見抜けない)人間は自分の思考キャパを越えた大...

  • これで誰でも勝てる?かな?

    ラインを引かずに誰でも勝てるやり方があること、知ってますか?EAなどにも応用されてます。その代表的な例をいくつか紹介します。スキャル、デイトレ、スイング、これら手法毎による適合性は考慮しませんのであしからず。トレードとはINからOUTまでを指します。優秀な技術を持つ会社が優秀な製品を販売し納品しても、集金業務を怠れば資金が回りません。業務は、製造→販売→納品→集金で一巡します。トレードもこれと同じです。(こ...

  • 基本はライン、その思考とは

    ラインを自分で引くときの考え方 時系列でローソク足の確定過程を考えて下さい。 最初から3点目は見えてません。--------------------------------------------------------------------------さて、本日欧州時間のGBPUSDは難しい動きです。が、今週に入り大きな流れに変化が生じ下降を示しています。ですからなるべく上へ引き付けてのショートが狙い。日足20を下回ってきました。↓30分チャート〈通算記事番号:1354〉...

  • 小学生でもやり方次第で勝てるFX

    ※今回からは、初心者でも流れを簡単に把握しやすい「おまけツール」を挟みながらチャート観察していくことにします。カンタンなロジックを理解し、サインに従ってIN・OUTを繰り返すだけで勝利確定です。素直で忠実な人柄であれば(例えば小学生でも)利益になるのは下図が示している通り。これは後付けではありません。↓4時間チャート1)第一の課題である「目線の固定」はこれでクリア出来ました。ただ注意すべき点があります。方...

  • 目線の固定が一番

    FXトレードで最も大事な観点は、言わずと知れた「方向性」の把握です。これさえしっかりしていれば、多少タイミングが合わずに含み損を抱えても大事には至らないはず。時間の経過と共に利益が積まれていくものです。方向性というものは、時間軸によって見えるジグザグ上下動が異なるように、時間足毎に固有のリズムを持っています。これをどのように捉えるかで明暗が分かれます。ご理解頂けましたか?文字で書くと以上のようにしか...

  • HiLoバンドあれこれ

    今日はHiLoバンドインジについてHiLoバンドは、トレンド系のインジです。  H(High)バンド - 過去n日間の高値を結んだ線  L(Low)バンド - 過去n日間の安値を結んだ線  M(Middle)バンド - HバンドとLバンドの平均線詳細を知りたい方はこちら様のサイトを参照ください。https://fx-quicknavi.com/chart/hlbands.htmlバンド抜けで付いて行く順張りブレイク狙いと、バンドをレジサポと見立てた逆張りカウンター狙い。抜けるか抜け...

  • GBPUSDその後/サインの行方

    昨日アップした時点からの推移サインの信頼性は画像の通りです。(各自ご判断ください)最近上げている画像は、レッスン受講したが上達しないという方に向けた「おまけ」。最後の砦となる手段です。ラインを引くのが得意でない、環境認識がどうもとか、目線固定の方向判断ができないとか、タイミングが上手く掴めない、チャートを眺める時間余裕がないなど、個々により様々な問題に直面しスキルアップに苦労している現実があります...

  • 聖杯もどき

    今夜半27時に米)FOMC発表が控えています。0.25%利下げは織り込み済みとして展開してきたので、27:30からのパウエル議長の発言に注目。EURUSDがレンジ状態のなかで、ポンド上昇勢いに翳りが出てきました。GBPJPYは週足20に当たってきました。4時間20を下回れば目線変更。レンジになりそうな場所に到達しました。トレンド方向を間違えることはありません。ロジック詳細はここでは公表できません。巷のパクリ屋に盗用されて有料商材...

  • 最終兵器Grail手法

    勝つための条件、何度も述べてきましたが、1)環境認識 > 2)方向感 > 3)タイミング。この3要素は不可欠です。タイミングが多少ズレた程度なら(ストップにかからない範囲で)方向が正しければ結果的に上手くいくはず。でも重要な要件に瑕疵があり条件を十分に満たしていなければ期待からどんどん離れていくでしょう。膨れる損失に見ぬ振りをし忍耐作戦を取ったり、お祈りプレーで応戦しても到底勝ち目はありません。すでにお...

  • 検討中のEA

    今日現在USDJPYは6日連続で日足陽線、108.00を抜いてきました。ちょうど週足20と切下げライン3点目到達に注目。ここは4/24高値を100とするフィボ50%地点108.35手前、勢いが衰えないところを見ると8/1高値109.26(フィボ61.8%)に向かう可能性も捨てきれない。が、週PIVOT3Rに当たるためこの上はかなり重い。ATR的には、まだ上値に余裕あり。引き続き目線は上ながら乱高下する場所に差し掛かっているので、天井掴みに注意したいと...

  • ボリンジャーバンドに拘ると

    世界の情勢がいま大きく変わろうとしています。韓国は左に舵を切り共産化を目指し、自由主義陣営から自主離脱の動き。日本は敵国視されています。韓国経済崩壊の足音が着実に聞こえる。しかも足早に。ルノー日産が撤退準備か。遂に日本も憲法改正し軍備を整え、核保有の覚悟が必要なときが来ました。英国ブレグジットの行方は泥沼でさっぱり分からず、また延期とか言い出して、EUもガタガタ。米中貿易戦争も混迷中、中国共産党が消...

  • ダブルボリンジャーバンド

    チャートは、人それぞれの観察法があります。どれが良いとか悪いとかではなく、どれが自分に適しているかで選択すべきです。今日はダブルボリンジャーバンドの話をします。名前の通り、ボリンジャーバンドを二つ表示して相場の流れを観察するもの。設定は「MA20」を基準にするなら、もうひとつは「MA80」。4倍値にします。これは、4時間足---1時間足、1時間足---15分足の関係が4倍だからに他なりません。常駐が1時間足なら、4...

  • 誰でも出来るチャート観察

    誰でも出来るチャート観察についてローソク足をじっと観察していて見えてくる発見、気付いているでしょうか。転換の時:前の足の高安値(終値)タッチで跳ね返されヒゲを作ってから始値を越えた時の元気良さ。  ----- 前足の終値ヒゲタッチ(アルゴサイン)の有効性は確認済です。継続の時:ヒゲを出さずに丸坊主の陰陽線の元気良さ。これらの状況を見ての「始値」からのエントリーは有効なことが多いのです。水平線だけで勝てる...