・平均足の同期狙いで安定して稼ぐ ・上下激しい時はスキャル目線で ・大きく狙うには ・過熱度について ・トライアングル思考は最強 ・初心者がチャート張付かずに勝つ方法 ・HASで力関係を読み解く ・思考の原点はZigZag ・画期的な思考法完成 ・久々にMAの話をしよう ・これからの課題 ・流れを掴む工夫 ・驚異の集金マシン誕生 ・CCFpの見方について--天底掴みを回避する法 ・チャートを監視せずにトレードする方法はあるのか ・三角形は羅針盤 ・チャート観察のやり方 ・インジの存在意義 ・3本の平均足 ・インジ設定とパラ値 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:手法についてのエントリー一覧

  • 平均足の同期狙いで安定して稼ぐ

    「自分の得意とする手法で取り組めば勝てる」というのは本当か?まぁ、不得意な方法でトレードする人はいないでしょうが、ビギナーのなかには得手不得手の区別もつかぬままにポジポジ病を発症して常時ポジションを持っていないと不安なお方もいると聞きます。そうならないためにも、固有のロジック習得は、必要不可欠なアイテムです。「得意な・・・」が、イコール「有効な・・・」とは限りません。トレードに個人的な感情を挟み、...

  • 上下激しい時はスキャル目線で

    昨朝アップしようと準備した図は1日過ぎて既に古くなってしまいました。↓GBPUSD-H4言いたかったのは、1)昨日は特異日に近いこと、と2)現状はディトレ目線ではなくスキャル目線で追従しなければ乗り遅れる、ということです。GBPUSDで言えば、昨日は4時間足1本で150pp上昇しています。1時間チャート観察では到底追い付いて行けませんから時間足を短期軸に切り替える必要が生じます。それで、スキャルの場合の使用ツールはお分かり...

  • 大きく狙うには

    大きく狙うにはここでの説明は、チャートに張付かない事を前提にボードデータを用いトレードする方法です。やり方はその他にも色々あるでしょうが、再現性と継続性で優位なものを2~3点ピックアップします。1)パーフェクトオーダー(PO)を狙う POは数本のMAの順列時を待ってエントリーしますが、パラメーターによってはタイミングが早かったり遅かったりで、使用する時間足により表示が異なるなどで長時間のホールドには難儀なと...

  • 過熱度について

    過熱度について一定方向へのトレンドが続いている最中に、ふつふつと湧いてくる抑えきれない「思い込みや偏見」をそれとは知らずに「そろそろ反転するのでは‥」とカウンターを仕込んで痛い目に遭った方は多いと思います。いわゆる「相場感」とでも言うか、言葉で言い表すことの出来ない研ぎ澄まされた感情、自信を持って冷静に対処できるようになるには10年くらいかかるでしょうか。経験豊富なトレーダーであれば自然に身に付い...

  • トライアングル思考は最強

    テクニカル的に興味深い展開のGBPAUDを分析してみます。9月初旬から1週間掛けて下落したトレンドを2週間で上昇挽回し、その到達点は最大落差の76.4%。この上下動が綺麗にハマっていて気持ちいい位です。観察眼としては、トライアングルとピッチフォーク。その倍寸。まずは4時間チャートをご覧ください。昔「水平線だけで勝てる」と言っていた方がいましたが、ナンセンスな話だと思いませんか。最も大切なのは、ZigZag思考=ト...

  • 初心者がチャート張付かずに勝つ方法

    9月も残すところあと僅か、武漢ウイルスが原因で世界経済は大ダメージを受け、米中対立の激化が止まりません。世界平和のため、これを機に中共は崩壊してほしいものです。現在NYダウの下降傾向は未回復ながら、為替での米ドルは若干強さを増してきました。USDJPY-4時間---ATRバンドでMAX確認GBPUSD-日足GBPUSD-1時間足明確な方向性示唆の予兆が出てないので、上下どちらもあり。今日は、初心者でさほど知識がなく、またチャート...

  • HASで力関係を読み解く

    チャート観察での判断基準についてHASだけでも、大きなウェーブで方向性は判断できます。というか、荒れている時こそ、この大局観が最も尊重されるわけです。以下は理解が深まっていない方のための解説です。2本のMAだけでも分かるが、慣れが必要。(下図は1時間チャートでこれを基準にしているから方向性が見えるのであり、小さな時間軸にすると見えなくなるので要注意)昨日のGBPUSDを例示して説明します。4本のHASだけを表示...

  • 思考の原点はZigZag

    チャートを見ると誰でも分かる、波打つ、いや、蛇行するプライスの流れ。上に行ったり下に行ったりして、一見方向性のない動きにも見て取れますが、これがチャートの正常な動き方です。買われればその反対勢力が売りを仕掛け、反対に、売られれば買われ、このバランスの上に成立して描き出されるのがチャートです。ですから、5分足などの短期時間軸をメインに観察していると、俯瞰することが出来ずに全体像が見えず、その結果方向...

  • 画期的な思考法完成

    FXトレードを行う目的はただひとつ。「利益の確保」のためです。取り組み姿勢もいろいろで、論理根拠の存在しない運任せのものから、ロジックインジサイン頼りのものや、見た目(自分の感情)重視のものまで多種多様。世界の政治経済情勢に重きを置いたファンダメンタル思考ほど移ろいやすいものはなく、情報弱者である一般庶民は、いつも後追いで失敗する立場に置かれ、市場の養分となって溶けていく。9割の養分層があってこその...

  • 久々にMAの話をしよう

    プライスが或るMAの位置(例えば4時間・1時間足20MAなど)に到達した時に、必ず反応するとは思わないで下さい。MAはレジサポラインではありません。月足プライス1MAは日足で20、週足プライス1MAは1時間足では120、日足20MAは4時間足では120、4時間足20MAは1時間足では80(4時間足25MAなら1時間足では100)、日足プライス1MAは1時間足で240、15分足で96、1時間足20MAは15分足で80(25なら同じく4倍で100)、1時間足10MAは5...

  • これからの課題

    今まで頭に描いていた便利インジをどんどん作っていこうと思います。作っては見直し、実際に使ってみて、更に改良を加える。理想に近いものは再構築の末に、積み上げを繰り返して出来上がるものです。目指すのは「チャートに張付かないで、よいトレード結果を出すための省力化」です。張付いて結果を残すのが常識なら、時間に余裕の持てる専業者でなければ勝てないことになってしまいます。時間のない兼業者にあっては、結果を確実...

  • 流れを掴む工夫

    流れを掴む工夫相場はボラが低下しレンジになることもしばしばあります。そのような時は無理をせずに静観し、「休むも相場」と割り切ること。若しくはボラのある通貨ペアを探していくとか、その他の方法はあります。注意したいのは、「観察時間軸を下げれば細かな流れが見えるんだ」と思わない。引き換えに「大きな流れ」を見失い、挙句に失敗します。迷ったら、自分の能力以上の相場展開なのだとエントリーを諦めるか、時間軸を上...

  • 驚異の集金マシン誕生

    初心者レベルを卒業する頃になると「負けないことに満足する」ではなく「確実に勝てる」自信が自然に身に付いてきます。「勝ち負けトントン」はドップリ初心者の真ん中。一つ間違えば大損への崖っぷちと紙一重で安心はできない。抽象的な表現になるが、未来に対する漠然とした不安の塊サイズが微小になることはあっても、押し潰されそうな巨大さではない状態。疑問の数が多ければ不安は高まるもので、これが残っているうちは不安解...

  • CCFpの見方について--天底掴みを回避する法

    通貨強弱確認ツールCCFpの見方についてお馴染みのインジ、トレードをするに当たって最初に確認するのが「通貨の強弱関係」を知ること。難しい動きをしている通貨ペアは力関係が同等レベルのため拮抗していることが多く、方向感に欠けて迷走しているものです。最初の選択から間違ったのでは、いくら上級者であろうと玉砕は免れません。選択の際は「強い通貨と弱い通貨」の組合せを選ぶ、常識です。図で言えば、上に位置するブルー(...

  • チャートを監視せずにトレードする方法はあるのか

    チャートの監視なしにチャンス箇所を知る方法チャート攻略には様々な方法があります。これは一つひとつの手法(手法の引き出し)の意味ではなく、大きく捉えた場合でのこと。深掘りに適度の達成を遂げた次の思考として、大数の法則に準じたものです。(なんのことだか分かりませんね。)1)少数の通貨ペアに絞って観察し、その中から多くのチャンス箇所を発見する2)或る手法に限定し、多くの通貨ペアの中から多くのチャンス箇所を...

  • 三角形は羅針盤

    インジケーターは全てプライスの後追いで、どれも遅いか早いかの違いしかありません。遅くても早くても、それぞれの側から文句や不平が飛び交うのが世の習わし。さりとて何故か人はインジを手放さない。そうです、目安になるものはこれしかないからです。訳も分からずにインジ命とおねだりするのではなく、自分の深掘りしたい部分をより緻密に精査するための小道具として使えば、それなりの反応はしてくれます。初期のころの私は、...

  • チャート観察のやり方

    チャートが発信する現在の情報を総合的かつ的確に受け取り、これを材料に自分自身で判断することが重要です。ファンダメンタルが当てにならないとくれば頼りにするのはテクニカルしかありません。マスコミが得意とする部分切り取り報道のように、特定の意思を以って部分をチョイスしてそれらを繋げると、真逆の悪意報道も可能となります。部分しか見ないというのは非常に危ういのです。チャート観察においても同様のことが言えます...

  • インジの存在意義

    例えとして、基本となる移動平均線が20でなければならない理由は何処にもありません。21でもいいし、25でもいい。極論を言えば、何でもいい。モノを測るには、基本となる各人共通の一定の尺度が必要です。魏志倭人伝に書かれた邪馬台国への距離、当時は人間の歩幅だったりする。(一里を何歩とするかは諸説あり)なまじインジの知識があると、細かな違いに執拗に拘るお方も出てくる。インジが何のためにあるかを忘れて大局をそっち...

  • 3本の平均足

    昨日GBPUSDで取ったポジションは失敗でした。まだ上昇や反転の兆しがないのに、プライスアクション判断でワンデーリバーサル狙いとかではなく、やはりインジで確認をすべきでした。まっさらなチャートのローソク足だけを見て、過去の安値での反発狙いに目を奪われてしまった。やはりこれでは勝てないと反省しきり。今日改めてチャートを見て、インジがしっかり方向性を示していることに今更ながら、このテンプレの優秀さを再認識し...

  • インジ設定とパラ値

    今日、当ブログを訪れた方はラッキーです。読者の皆様に特別に、期間限定で、とっておきの目線固定法を披露します。本日は前述2ページに記載した詳細に踏み込み、誰でも出来るであろうインジ設定とテンプレートの作成法について書いてみます。(本当は教えたくない部分です)まず準備です、https://fx-meta4-indicator.blogspot.com/2016/10/indi-mtf-heiken-smoothed.htmlこちらのサイト様より MTF-Heiken_Smoothed.mq4 をDLし...

≪前のページ≪   1ページ/10ページ   ≫次のページ≫