・本日のGBPUSD(9/18) ・GBPUSD、三角はクセモノ ・本日GBPUSD ・本日のGBPは ・GBPUSD昨日からの動き ・GBPUSD本日の展開 ・本日GBPUSD ・GBPUSD続報 ・GBPUSD 2020/09/02 ・ポンドル上昇継続 ・GBPUSDの現状は ・続GBPUSD ・本日現在のGBPUSD ・今日のGBPUSD ・昨日の展開 ・本日のUSDJPY ・本日のUSDJPY ・米ドル独歩安 ・AUDJPYについて ・今日のGBPAUD ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:今日の展開のエントリー一覧

  • 本日のGBPUSD(9/18)

    本日のGBPUSD今週の調整上げは一週間かけても前下落波の38.2%にも及ばず仕舞いで、上昇勢いが弱いことが分かります。現在値の真上には、様々なレジスタンスが位置しており上抜けを阻んでいます。前にも述べたように、日足・4時間レベルでの波カウント、第五波の存在が現実化するかもしれません。切上げラインを下抜けたら追従、意外に伸びる可能性があります。図中の〇位置を上抜けたら「上へ追従」、切上げを下抜けたら「下へ追...

  • GBPUSD、三角はクセモノ

    世界規模で包囲網が出来上がり、中国共産党潰しが加速しています。香港を手始めに起こした民主主義の否定を台湾へ拡大しようとした矢先、新疆ウイグル・チベット・内モンゴルでの力による民族弾圧が表面化し、挙句はインド国境でのインド軍との衝突と、傍若無人の振舞いで世界に迷惑を掛ける共産党。この期に及び、流石にアメリカは見過ごすことが出来ないレベルに達したようです。先ずは経済の息の根を止めるのが常套手段で、これ...

  • 本日GBPUSD

    新しい意識の発見もなく漠然とチャートを眺め、上手くいかなければインジを入れ替えして、ダメなのはみんなインジのせいにしてとっかえひっかえを繰り返す。やっていませんか?これでは精度を上げるどころか、人生の一部を無駄に費やしているに過ぎません。独学で10年間努力したとして、多少の向上が見込め、小手先テクニック使いと口先だけの独善的屁理屈が流暢に話せるようになるだけであり、分析ロジックの神髄に迫れるかは甚だ...

  • 本日のGBPは

    GBPUSD・GBPJPYについてテクニカル的にはまだまだトレンド転換の兆しは見えてないので、自信を持ってロング狙いと言えないのが残念ですが、スキャル短期狙いで可能な限りの底値付近でのタイミングなら若干の利があるかと。狙えるにしても未知の第一波であることを考えれば前途多難。本命題はフィボに注視して第三波を抑えること。両者とも辛うじて4時間MACDがガイドとMAを越えてきたところでチャンスではあります。 〈通算記事番...

  • GBPUSD昨日からの動き

    昨日からのGBPUSD、米ドルは堅調な動きを見せ、悉く安値更新し下げ止まりの気配なし。短期切上げラインでの一旦ストップはおろか、N字を描くこともなしに月曜火曜と続落。数あるRSラインを軽く突破して今週の下げ幅は270pp、ポンドはこれだから怖い。↓日足にATRバンドを表示下落幅としては、チャネル下限までは許容範囲内。↓4時間足↓30分足下のゾーンまであと100ppは余裕で射程内。21MAを上抜いてPOが崩れたら限界とみて目線変...

  • GBPUSD本日の展開

    GBPUSDは先週火曜日(9/1)にピークアウト後、1週間継続下落しています。前の上昇波を100とした76.4%の位置に到達し、フィボ的にはそろそろ感が漂ってきました。8/12と8/25の安値を結んだ延長ラインまであと20pp余り、そこが限界点と見ています。1.312辺りで一旦の反発上昇の可能性が大きいので、突っ込みショートは危険です。チャートパターンで反転を確認できるまでは、まだ時間がかかります。日本人の振りをした華僑ソフトバ...

  • 本日GBPUSD

    本日は米国が祝日休場で、市場の動きも閑散としています。動きが掴みづらかったら細かな部分を観察するといいですよ。短期軸足なら、1時間足では見えない箇所も見えてきます。(5分足は頻繁に見るものではないですが、、、)MAが方向性を物語っていて、見た目で分かりやすいです。東京時間は緩やかな下降。欧州時間からの活発化を期待するところですが、果たして。 〈通算記事番号:1603〉...

  • GBPUSD続報

    GBPUSD続報久し振りに移動平均線を用いて観察してみました。図のMAは、EMA6+EMA21+EMA55の三本です。見た目上は、EMA6+EMA21の2本の被り具合が、適切と思われます。ポンドルは目下天井高値を付けての調整下降局面で、日足レベルでの転換とは認められないものの、この下落には追従する価値があると考えられます。このMA使用はスキャル目線での回帰ターム追従に適していると思います。以下参考画像を載せます。現在MA6のカバーが強...

  • GBPUSD 2020/09/02

    昨日の展開から本日は GBPUSDの上昇勢いも2019/12/13直近高値に限りなく近づいたところでようやく一旦の天井を見たようです。天井の予測法としては、下図に描いたチャネルライン150%、トライアングルA--B--CにみるA--B間値幅の200%でした。第五波の中の第五波が思いの外伸びました。とりあえず4時間20MAまでの下落を視野に入れてZigZag波に追従するのが良策かと。先週火曜日から、木曜日のコマ足陰線を含めて6日連続の日足...

  • ポンドル上昇継続

    今日から9月、早いもので暦は秋。8月末には安倍首相の突然の辞任表明があり、驚きました。国益と国民の生命を守れたかという点で若干疑問は残りますが、精一杯頑張ってくれたと思います。しばらく静養して、拉致問題など未解決の難問に今後も尽力してほしいものです。その外交力は国際的にも評価も高く、ポスト安倍候補が霞んでしまいます。難病を抱えての7年8か月、大変だったでしょう、本当にお疲れ様でした。さて、GBPUSDの...

  • GBPUSDの現状は

    GBPUSDの現状はと言えば、単なる高値圏での揉み合い。ポンドの勢いが衰えないため、更なる高値更新も視野に入ってきました。↓CCFPネックラインを割れば三尊成立で下が狙えるのですが、切上げています。ここでトライアングル形成となると厄介です。ネックを下抜けると簡単なシナリオが描けるのですが。加熱度としては十分な行き過ぎは感じられています。買われ過ぎからの調整入りに期待。(期待でチャートを語ってはいけませんね。...

  • 続GBPUSD

    我が国6月実質賃金は前年比で1.9%減、4か月連続のマイナス、との報道。消費税は上がっても賃金は下がる。これが現実。EURUSDが長いトンネルを抜けて上昇してきました。欧州復興基金(EU債)の発行が決まったため、今後ユーロ買いが進むと思われます。ということは、米ドルの売りが濃厚。しかし円も弱含みでUSDJPYが円高方向に向かうようには思えず、週足レベルでは持合い継続中。下図のように、米ドルも円も共に勢いがありませ...

  • 本日現在のGBPUSD

    本日8月6日は75回目の広島原爆の日。原爆投下は一般市民を巻き込んだジェノサイド(大量虐殺)です。犠牲になった多くの同胞のご冥福をお祈りいたします。いくら核廃絶を叫んでも、世界から核は無くなりません。人類が一度手に入れたモノは決して手放さないし、核なき世界へ戻ることは二度とない。平和、平和!と叫び、憲法第九条にしがみついたところで、侵略者がいる限り平和は守れない。国を守り平和を維持するためには、憲...

  • 今日のGBPUSD

    GBPUSDの雲行きが怪しくなってきました。日足で見ての第五波上限に差し掛かり、同時に週足での切下げ3点目に当たり、上値が相当重くなってきました。しかし上昇が2週間続くと簡単には下落に転じないし、Wトップを作りに行く段階が現在の状態です。米ドルは7/20から弱含みの展開で、ポンドの勢いが弱まりつつあるなか、4時間足では第三波目上限での揉み合いとも見て取れ、Wトップを作りに行って高値更新に失敗し下落しての第四波...

  • 昨日の展開

    今年も早いものでもう8月、武漢ウイルスに翻弄された前半で終わらず、まだ絶賛拡散中です。感染者数はうなぎ登りで、経済は瀕死の状態。梅雨明けが発表されても曇天の空は、何か重苦しい雰囲気です。テレワークとかのひきこもりで仕事ができる人はいいが、そうでない人は大変ですね。そこへ行くと、他人との非接触ビジネスFXトレードは、より安全。次の暴落、近いかもしれませんから、これに備えて腕を磨いておくことです。さて昨...

  • 本日のUSDJPY

    米ドルの売りが止まりません。USDJPYは104.00近くまでの下落が予想されます。その根拠は下図の通り。15分の小さな波でみてもやっと第五波を作り始めたところ。暫くは順張り下降の波に乗ることを考えたほうがいいでしょう。 〈通算記事番号:1576〉...

  • 本日のUSDJPY

    本日のUSDJPY継続していたレンジ上下幅を100とした276.4%位置105.132到達で一旦の下げ止まりの様相を呈してきました。この後 揉み合いに入るか、若しくは巻き返しの上昇か。MACDでは上昇サインが。でもまだ1時間20の下にいます。深追いせずに105.70までを目安に軽く仕掛けてみるのも良いかも知れません。勿論短期目線のロング。 〈通算記事番号:1574〉...

  • 米ドル独歩安

    米ドル独歩安のため、USDJPYでは過去2回止められていた安値を下抜けてきました。GBPUSDは直近高値で収まらずまだ上がありそうです。チャネル上限までは120ppあります。下サインが出ているので一旦のもたつきは見せるでしょうが、安易なショートは避けて、落ちてきたところを拾う順張りが良さそうです。(現在第5波達成中で、米ドルの弱さからみてもチャネル上限を狙っています)第5波は不安定なため用心に越したことはありません...

  • AUDJPYについて

    AUDJPYについてAUDとJPYの現在の関係は、6/8の高値到達で1時間的にはやや下向きです。これで暴落前の状態に戻りました。中国国内の三重苦とも言われる異常事態でも貿易面では問題なしとの市場判断なのでしょうか。政治的にはかなりギクシャクしていますが。当方はファンダメンタルには疎いので、テクニカルでの観察になります。チャート分析は後付けで何とでも解説がつくので今更言いたくありません。図を載せるだけにして詳細解...

  • 今日のGBPAUD

    GBPAUDの下落二日連続で落ちてきました。皆さんは下落のターゲットをどのような方法で捉えていますか?ボリンジャーバンドやハイローバンドをただ眺めているだけでは分かりませんが、見える景色が大分違います。1時間BBでは-1σでのバンドウォークが見て取れます。色々な違ったチャートを観察すると視野が広がります。それがワンクリックで出来るのが当方の強みでもあります。直近安値抜けでエントリーでは遅いですね。もっと早くIN...

≪前のページ≪   1ページ/8ページ   ≫次のページ≫