・本日(7/6)のGBPUSD ・本日の展開 ・昨日に続きGBPJPY ・本日のGBPJPY ・2020/06/11今日の動き ・2020/06/05 GBPUSD ・本日のGBPUSD ・USDJPYの現状 ・「テクニカル的ファクト」は自らの手で ・本日のGBPUSD ・04/29 GBPUSD ・現在のGBPUSD展開 ・続き:USDJPY 12時 ・本日現在の値動き ・大不況の序章 ・4/13の展開は ・本日の展開 ・本日のドル円 ・3/24チャート観察 ・月曜日のポンドル・ドル円 ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:今日の展開のエントリー一覧

  • 本日(7/6)のGBPUSD

    本日週明け月曜日(7/6)のGBPUSD上下動の波が明確でないときはやりづらいです。大きく見ると現在の波は上昇第5波途中のようです。日足20に当たって戻されを2回繰り返して今回は3回目の上値トライ。三度目の正直なるか。(現状あまり元気がありませんが)【追記】2020/07/06  17:25時点でのポジション状況 〈通算記事番号:1557〉...

  • 本日の展開

    GBPUSDの現状6/30(火)にWボトムで底堅さを確認した後上昇に転じ、日足20まで一気に上昇しました。4時間20を上抜いた時点で気付いた方が多かったのではないでしょうか。前の波は既に5波形成し終わっていたので切下げライン上抜けは予想出来たと思います。結果論を云々論じても意味ないのですが、これがよくあるパターンなので記憶しておくといいです。現在は4時間20を基準にしても「回帰ターム」入りしたようで、火曜日からの上昇...

  • 昨日に続きGBPJPY

    昨日に続きGBPJPY思いのほか上昇して、直近安値で押しが入ったものの本日午前長い下ヒゲを作り再度上昇。USDJPYの影響を強く受けています。現在は長期TL3点目辺りに位置して、どう反応するやらと言ったところ。長い下ヒゲの状態からみてまだ収まらないかもしれません。前の波の61.8%(134.567)までの上値余地=PFミディアンラインまでを考えたほうがよさそうです。 〈通算記事番号:1549〉...

  • 本日のGBPJPY

    週明けのGBPJPY、午前中は調整上げ現段階では第3波途中の上昇か、第4波の始まりの上昇かは はっきりしません。無理して逆張りしなくとも良い場所ですが、目線固定が出来るなら賞味期限限定での追従もアリです。上昇ターゲットは、4時間20MAまでか、直近安値(133.470)までか、若しくは切下げラインまで。本流はまだまだ下目線です。ロング深追い過ぎて高値掴みに注意!! 〈通算記事番号:1548〉...

  • 2020/06/11今日の動き

    今日、アベノマスクが届きました。今週に入り雲行きが怪しくなってきました。それでも株価は相変わらず上げ続けていて、別次元のマッチポンプ状態です。円が急激に買われ一気に300ppも下落、リスクオフ第三波到来の予兆と捉えるべきか、果たして?AUD,GBPは弱含み、EURは持ち直し気味で不確定。現在はクロス円が有利のようです。GBPAUDの飛び出しロングも狙い目。 〈通算記事番号:1537〉...

  • 2020/06/05 GBPUSD

    発表される指標の結果が悪くても上げ続ける株価と為替。実体経済とかけ離れて、数字だけが一人歩きしている違和感、気持ちの悪さを感じています。本日夜に米)雇用統計・非農業部門雇用者数、失業率の発表があります。良い材料が示されないままでも、織り込み済みとして上昇するなら「異常」としか言えません。チャート的にはリスクオンなので追従なのですが、いまいち気乗りしない雰囲気。なんか違う。GPIFの日経株買い支えなど茶...

  • 本日のGBPUSD

    本日のGBPUSD週初めからの急騰で直近高値を目指すも、チャネル200%の壁と日足200に遮られて一旦の休みとなり下を向きかかっている午前中。これも4時間20までの限定的な下げと見るべきで4時間20で再度の上昇も考慮したほうがいいでしょう。その場合Wトップ形成や更なる上昇で日足200越えも一考。その形を取った場合は「完全なるリスクオン」となります。それが叶わぬ時は「レンジ継続」。この上昇、少し達成感に欠けているのでここ...

  • USDJPYの現状

    【業務連絡】業者様各位当サイトでは、口座開設・コピートレード等のアフェリエイト案件は一切扱わない方針ですので、ご連絡は無用です。----------------------------------------------------------------------------------------------------USDJPYは、106.0--108.0間のレンジが続いています。現在の位置は、日足的には下降第4波の調整と見られ、108.0にタッチして下落となる可能性が大きい。(4時間では第5波の最終上昇局面で...

  • 「テクニカル的ファクト」は自らの手で

    情報の受け止め方「いま何が起きているのか」「正しい現在の状況」だけを受信すればよい。日本国内で報じられている新聞・テレビ・ネットの一部での内容には酷い偏りがあり、どれが正確なのかが分からないほどです。ファクトを報道するはずのこれらの機関が平然と嘘を垂れ流す時代になるとは誰が想像したでしょうか。従軍慰安婦や徴用工の捏造された偽情報を書き、日韓関係をこじれさせた反日丸出しの朝日新聞は言うに及ばず。裏取...

  • 本日のGBPUSD

    本日のGBPUSDはレンジ下限からの反発上昇が見込めるかどうかに掛かっています。昨日日足持合い十字線で終わっており、今日からの反転が期待できるところでもあります。5/1高値からカウントしてエリオット下降第3波(第3波も5波描いて短期切上げラインが辛うじて引ける形になり)も程なく終了し、迷いの第4波へステージが変わるやもしれません。それには切下げラインを上抜ける必要がありますが、現状はまだそこまで至っていません...

  • 04/29 GBPUSD

    今回からはGBPUSD・GBPJPY・USDJPYの3通貨ペアを順番に、日毎の注目すべきポイントを図解を用いて掲載していきます。「ここでエントリーして」とかのコメントは書きません。各人各様が自身のアタマで判断し、再現性と優位性を発見されるよう切に希望します。(昨日の原因は今日の結果でもあり、延々と繋がっています)2020/04/29 GBPUSD日足では三尊の右肩部分を形成しているようにも見える長きに亘るレンジ崩れ相場。明確な方向性...

  • 現在のGBPUSD展開

    本日現在のGBPUSDの展開トレードの参考にGBPUSDは上目線ながら今のところ動きが鈍い。ユーロ/ドルは4/6安値まで下げたところで下降から上昇に転じそうです。ドル円は107.30と108.00の間でレンジ。全体的に低ボラで動かなくなりました。欧州時間までお休み。 〈通算記事番号:1499〉...

  • 続き:USDJPY 12時

    続きUSDJPY:徐々に動き始めたかも勢いが付かないうちは上下に振って両方を狩りながら動くので、騙しに合わないように注意。...

  • 本日現在の値動き

    本日現在、USDJPY・EURUSD共に三角持ち合い状態で、今日・明日にもいずれかにブレイクすると思われます。USDJPY・EURUSDはNYダウの動き次第です。トライアングルの攻略法は勉強しましたね。未知のチャートは過去と全く同様に展開するものではありませんが、パターン的には酷似します。目先追従のやり方も学びました。努力は必ず報われます。怠る人は置いていかれる。NYダウ:高安値の半値戻し位置24000ドルで力尽きた感が漂い始め...

  • 大不況の序章

    コロナ不況によって社会全体が前例のない不安に陥り、疫病に対する重苦しい恐怖と先行きの見えない日常生活に対する強迫概念で、庶民生活が浮足立っています。政府は「不要不急の外出を自粛せよ!」と訴えるが、「雇用調整助成金」補助で雇用が守れるのか。まず雇用保険に加入していなければ適用されません。助成率は、中小企業で4/5、大企業で2/3。上限額は8,330円。前の記事にも書きましたが、今回の不況は元凶が疫病なだけにた...

  • 4/13の展開は

    OPECプラスは減産で合意したようです。原油先物WTIの現在価格は23.92。GBPUSDはこの2週間の高値1.250をクリア出来ずに足踏み状態ながら、ここまで粘るのは上昇期待の表れと見て取れます。第3波が走り出せば大きく伸びるパワーを秘めている三角形です。一方では期待外れの下落呼び水を誘い、フェイントをかけてくるかもしれませんので要注意です。USDJPYはこの1週間は下目線で、先週木曜日(4/9)に日足で描ける切上げラインを下抜...

  • 本日の展開

    ドル円は昨日から方向を変え下落に転じました。昨日東京時間終わりから200pp以上下げてきました。現在30%の調整に差し掛かっています。MA120の上下を分ける分岐点に位置しており、一旦上昇して波を作るものと思われます。ポンドドルは今週火曜日から上昇に転じ、3/24始値から700pp上げています。現在は日足20に頭を押さえられた格好で上ヒゲを付けてもたつき状態。米ドルが売られ始めました。 〈通算記事番号:1477〉...

  • 本日のドル円

    NYダウや日経平均は現在ショートカバーで上げているだけなので、間違っても買いで入ってはいけません。今回の中国ウイルス問題は世界中に甚大な被害を与えており、解決には時間が掛かると思います。東京オリンピックも延期になりました。我が国の抱える課題1)消費税10%アップによる景気低迷2)中国ウイルスによる消費・経済活動の前面停止3)インバウンド等オリンピック特需の期待消滅4)オリンピック後の反動での景気後退5)リ...

  • 3/24チャート観察

    武漢ウイルスは日に日に世界中で猛威を振るい、経済活動や人心を不安と混乱に陥れています。これは未曽有の大恐慌を引き起こしかねない地球規模の国家的災難で、政治家達が危機感を持って善処しなければならない緊急事態。庶民の生活感覚を忘れたお花畑のエリートに何ができるか、観察してやろうではないか。大東亜戦争から74年経ち、政治にも新しい風が吹いて欲しい。国民をないがしろにした官僚主導の財政政策が国を亡ぼしつつあ...

  • 月曜日のポンドル・ドル円

    武漢ウイルスに汚染されたヨーロッパ諸国は現下大変な状況にあるようです。公衆衛生習慣や医療面で日本と比して劣悪な環境にある各国民に蔓延したらイチコロでしょう。日本の国民皆保険制度は世界に誇れるものですね。欧州のなかでもイタリアは感染者数・死者数共に群を抜いています。3/22現在で感染者数5万9000人、死者数5,500人で発生源の中国を抜きダントツとのこと。移動はもちろん全ての外出を認めず、通勤などもっての外で、...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫