・ペンタゴンがUFOについて正式に発表 ・フラクタル ・火星で発見された或るもの ・コロンブス記念日ってなにもの? ・時間の概念 ・私なりに得た解答

RSS

カテゴリ:不思議系のエントリー一覧

  • ペンタゴンがUFOについて正式に発表

    NYタイムズ記事米国政府ペンタゴンがUFOについて正式に発表海軍の飛行士が撮影したビデオ「未確認の空中現象」ビデオには、空を飛んでいる物体が風に逆らって回転している様子が映し出されている。https://www.nytimes.com/2020/04/28/us/pentagon-ufo-videos.html現レベルの人類では理解不能なモノが存在する事を米国政府が正式に認めたという話。 〈通算記事番号:1504〉...

  • フラクタル

    我々の住む世界、大宇宙の空間はフラクタル構造になっているのではないか、と思っています。自然界の摂理、その秩序立てをフィボナッチが行っている、と。マクロから超ミクロ、ナノ単位(基礎単位の10億分の一)まで、理論的には幾らでも極小世界は存在するわけです。調べて分かりました。センチ(一厘)、ミリ(一毛)、マイクロ(一微)、ナノ(一塵)、ピコ(一漠)、フェムト(一須臾)、アト(一刹那)、ゼプト(一清浄)、ヨ...

  • 火星で発見された或るもの

    ■火星で発見された或るもの「生命の種子」を連想させる火星の表面で見つかった全長7.7kmの奇妙な紋様http://earthreview.net/sperm-like-mega-object-on-the-surface-of-mars/ 明らかに自然に出来たものには感じられない、構造物というか、生命体の名残り?。全長が7700mもあるという。精子にしては長すぎる!■7月28日に「月面」を飛んでいたものhttp://earthreview.net/mysterious-flying-objects-on-the-moon-view-with-zoom/...

  • コロンブス記念日ってなにもの?

    10月9日、アメリカでは10月第二月曜日は「コロンブス・デー(コロンブス記念日)」という連邦政府の祝日。祝日といっても業務は平常通り営業する企業が多いとのこと。大航海時代の1492年10月12日にアメリカ大陸を発見したことを記念する日らしい。我々日本人の10代学校教科書にも書いてあり、コロンブスの名は耳にしているはずです。当時は何も先入観を持たず、「あぁ、コロンブスがアメリカ大陸を発見したんだ」と素直に受け止め...

  • 時間の概念

    時間の概念■時代小説江戸時代以前の “時間“ は「日の出」から「日の入り」を元にした不定時法。夏と冬では一日の長さが変わるため、年間を通して時刻の概念は正確ではなかった。藤沢周平の時代小説では、たしか当時の数え方で統一されていたと思う。「子の刻」とか「丑の刻」「暮れ六つ--現在の午後6時頃」とかという表現です。池波正太郎のシリーズもの「鬼平犯科帳」や「剣客商売」は、ケースバイケース。山本周五郎のものは「4...

  • 私なりに得た解答

    FXと関係ない話題で恐縮ですが、脳内整理のメモはまだ続きます。前回は「疑問の数々」提起であり、今回は「私なりに得たその解答」です。●邪馬台国は何処にあったのか? 結論から言うと、『四国説』極めて濃厚。  卑弥呼の墓/徳島市国府町 気延山古墳群(矢野神山)、  「杉尾山 天石門別八倉比売大神御由緒及沿革」という文書  「瑞乃赤珠乃印璽みずのあかだまのいんじ」 → 金印 これが『親魏倭王』ではないか。※『漢...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫