・今日はポンド円 ・久し振りのUSDJPY ・金曜日は米ドル弱含み ・誘蛾灯の蛾 ・GBPUSD昨日は下落 ・昨日検証と今後 ・Channelsインジ ・興味深いインジを発見 ・MA3のOpenラインとCloseライン ・サブチャート比較 ・GBPJPYの1週間 ・昨夜の展開は ・続き ・ドル円の検証 ・昨日GBPUSD欧州時間開始後の乱高下 ・GBPUSD4/5のポイント ・FOMCでドル売り ・上昇中のポンドを捉える ・2/14-15検証GBPJPY ・加熱度測定--RSIやADXやTDI ▼もっと見る

RSS

カテゴリ:検証編のエントリー一覧

  • 今日はポンド円

    今日はポンド円を見てみます。終わったあとに、「やっぱりこれしかないよね!ボク言いましたよね!」という嫌な奴に思われたくないので、最近は検証記事は書かないことにしています。予想屋や易者でもなく、はたまた投資アドバイザーでもない者が、将来の予測をするのは越権行為。と言うことで、現状確認のしやすい環境認識の手助けにと、チャートにラインやらインジを表示するのでこれを頼りに「後はご自身で各々お考え下さい」の...

  • 久し振りのUSDJPY

    久し振りにドル円を見てみます。NYダウの2/4火曜日からの爆上げに伴い、時を同じくして上昇。新型コロナウイルスやそれに関連するマイナス要因を否定する如く、連れ高。日経平均も本日23,873円で引けています。官製相場だから致し方ないが、自然の摂理ルール(市場原理)が効かなくなっています。あとでしっぺ返しがこなければいいが、多分急激な倍返しが来るはずです。昨年10月の消費税10%への増税での国内消費低迷、それに輪を...

  • 金曜日は米ドル弱含み

    NYダウが1/31(金)に大幅に下落し、二週連続で陰線を付ける格好になりました。でもトランプ大統領がまたしても人為的に上昇させる小細工をするでしょう。11月の大統領選までは何としても下げたくないでしょうから。行き過ぎたグローバル化の資本主義は既に終わりを告げています。その弊害は多く指摘され、イギリスのEU離脱が形式的に1/31をもって完了したことからも、独立国としての主権の在り方が叫ばれ始めました。正常なナショ...

  • 誘蛾灯の蛾

    誰でも短時間でマスターできる聖杯手法なんてものはこの世の中に存在しません。こちらは単純でごく簡単なロジックだと思っても、相手の感性・性格・能力はピンからキリまで。理解できるひとは出来るし、出来ない人はできない。自分が出来るから他人も出来るだろう、と甘く考えてはいけないのがFXの世界。能力と言うとIQや偏差値を思い起こすかもしれないがそうではなく、性格に作用される感性の部分。アタマで納得し理解出来ても、...

  • GBPUSD昨日は下落

    本日現在のGBPUSD揉み合い相場のなか短期足ではあわや上抜けかと思わせる上昇のあと、DailyPivotレジ3で止められて18時の足で急落。4時間足では長い上ヒゲとなって終了しました。まだ三角揉み合い継続中となっています。易しい展開なので上手く獲れた方も多いと思います。↓GBPUSD4時間足 三角のなかでの展開↓GBPUSD 15分足 短期足でもチャネルラインは有効です。↓GBPUSD 15分足に4時間BB表示↓GBPUSD 15分足にDaily Pivot表示条...

  • 昨日検証と今後

    GBPUSD今14:10現在は全く動きがありません。昨日17:30からの上昇局面は捉えられたでしょうか。この上昇は下図の通り、短期切上げラインと4時間RCI短期底打ち反転の両面から、予め想定されたものでした。当てずっぽうの山掛け博打でなく、確率的に次の動きを先読みできるなんて嬉しいですよね。今後は切下げラインまで40~50ppの上昇が見込め、そのあと三角持合いになるかブレイクするかは状況次第で判断。(4時間と1時間のダブ...

  • Channelsインジ

    Channelsインジ、無料なのにかなり有益。チャネルラインはATRバンド同様、長い時間足での観察がいいようです。目線固定用にも使えます。現在情報を重視するため頻繁にその形を変えますが、大きく方向が変わるまで追従可能。チャネルをブレイクすると新たなチャネルが描かれる仕組み。USDJPY 日足GBPJPY 日足GBPUSD 日足 トレンド転換前GBPUSD 日足 トレンド転換後→現状【使い方】Ctrlキーでポイントを動かし、任意の場所にて...

  • 興味深いインジを発見

    今日は大晦日、2019年もあと数時間で終わり2020年を迎えます。当ブログをお読み頂いた皆様のご健勝と益々のご多幸をお祈り致します。国際情勢が激変するなか、来年は今年に増して変動の多い年になりそうです。話は変わり、興味深いインジを発見しました。チャネルラインを目途として観察している方には必見の優れたインジ。時間経過に沿って、時間足に応じてチャネルを引いてくれるものです。ライン引きが苦手な方にとって...

  • MA3のOpenラインとCloseライン

    昨夜の番組「夜トレ!」のなかで、山中康司さんがテクニカルインジケーターについて話しておられました。短期MAのゴールデンクロスとデッドクロスについて。先ずは下記番組をご視聴ください。https://www.youtube.com/watch?v=NFju9d90dQEトレンド方向や転換点をどのように捉えればよいのか。良いヒントが得られたでしょうか。MA20とOpenMA3+CloseMA3(or 高値HMA3+安値LMA3でも可)OpenMA3+CloseMA3がMA20の下に位置すればダウン...

  • サブチャート比較

    サブチャートにはどんなインジを表示したらいいのか。何度も書いてきた通り、トレードINで必要なのは「方向性」と「タイミング」の正確さ。トレードOUTは「加熱度」。これらを知るにはどんなインジを表示させればいいのだろうか?RCIスパイダーは「タイミング」を測るうえで別格級の優れものであることは証明済みですから、ここでは除外します。(方向性もわかります)似たようなものを表示させて比較・検証してみます。使用するの...

  • GBPJPYの1週間

    この1週間で、どうやら世界景気の潮目が変わった感があります。米国の好況も、トランプ大統領口先介入で踏ん張るも今がピークでこの夏を境に反転の兆し。ヘッドラインで右往左往するファンダ主眼トレードでは追従ができない位、変化が激しい相場です。狙い目GBPJPYは1週間で500pp近く下落して129.0手前まで。追従手法が面白くなってきました。追従最強!!ファンダ情報に頼っていては勝てません。有名なFX-Youtuberの方はといえば-...

  • 昨夜の展開は

    ドル円は現在上昇中、昨日の上げの勢いは相当強いものでした。エリオット第5波形成中です。昨日の高値を越えれば5/4のギャップダウンを埋めに行くかたちとなり、または高値更新失敗ならWトップからの反転狙い。本日午前は上追従。ポンドも変動がありました。メイ首相の提案「メイ首相自身の離脱案を支持すれば再度の国民投票の議会決議採択を行う。」これに新党ブレグジット党の党首ナイジェル・ファラージやボリス・ジョンソンが...

  • 続き

    前で検証した続き----- (画像アップのトラブル発生があり本日前頁とも修正しました--要点を示す画像なのに不備とは)以前から追従がカンタンなインジを色々と紹介しましたが、おさらいをしましょう。初心者には移動平均線を使ったものがビジュアル的に分かりやすいですね。知識の詰め込み過ぎで細部が気になる方は、一度初心に戻りシンプルに考えるように。<変遷過程>■パーフェクトオーダーインジ 5本のMAの並び順から流れを...

  • ドル円の検証

    今日はドル円の検証をします。通貨ペアのなかでは比較的トレードしやすいにも関わらず、読み違いをして失敗する方が多かったようなので、個人的な見解を加えながら見ていきます。対中関税に関するトランプ大統領の発言で振り回される格好になった為替市場、情報弱者の我々まで届く前にレートが動いてしまってはファンダ頼みが何と心もとないか、思い知ったことでしょう。一定方向へ進むトレンド相場では無茶な逆張りをしない限り大...

  • 昨日GBPUSD欧州時間開始後の乱高下

    昨日のGBPUSD欧州時間開始後17:00~18:10に上下幅60pp以上乱高下しました。これで方向感を失った方も多いと思います。難しい局面でしたが、短期足を常駐させて観察しているとあたふたするものでも、1時間足程度なら冷静に判断できます。 波としては前波の調整であり、何パーセントの戻りを付けるのかが課題の週明けからの流れでした。4/5(金)の下落始まりは水曜・木曜で形成されたWトップのネック(安値)を戻り上限としてのもので...

  • GBPUSD4/5のポイント

    RCIインジの説明は理解出来たでしょうか?理解が深まると精度の高い目安としてトレードの重要な位置を占めることと思います。しかし、トレードには更に大事な根幹があります。インジ中心のトレードは小手先です。更なるモノとは、いつも検証に用いている「エリオット波動論」。先を見据える骨格たるシナリオ、基本思考(ロジック)です。今回は検証として述べているので後付けだと思われるかもしれませんが、本来はこの考えと観察...

  • FOMCでドル売り

    知り合いが海外XMに口座を開設したというので指導がてらにチャートを覗いたら、MAがぎくしゃくしていてどうもおかしい。よくよく見たらデータ欠損で穴だらけ。重点的に使用する通貨ペアだけでも適正なものにと、FXDDデータをDLして入れ直し。無駄な時間を費やしてしまいました。そのまま使っていたらと思うと冷や汗ものです。皆さんも自分のチャートを再チェックしてみてください。変だと思ったら更新ボタンを。私の中ではこの一件...

  • 上昇中のポンドを捉える

    ポンドはガンガン上昇を続けています。ファンダメンタルは全く考慮せずにテクニカルだけで検証してみました。現在のポンドは時節柄持ったままはリスクが大きいため、これを根底に置いたスキャル・デイトレで対処するのが良いと思います。 理解できる人だけが納得できます。 細かな説明は省略します。 訳の分からないファンダメンタル情報にかまっていないで、ルールに基づいたテクニカルで観察すれば簡単思考で結果を残すこと...

  • 2/14-15検証GBPJPY

    FXで勝ちたかったら一にも二にも「学ぶ」ことです。世の中には学ぶことが嫌いな方が多く、こういう人に限って欲が深く、書籍1冊の購入もけちり、リアルトレードに挑戦して大敗し、「FXはギャンブルだ、危険だ!」とおっしゃる。準備としての「学び」への先行投資を怠ったがために、500万~1000万~3000万円、それ以上の資金を溶かした方を何人も見てきました。身を守る装備も充分でなく、素人が何でプロに勝てるでしょうか。楽して...

  • 加熱度測定--RSIやADXやTDI

    2019/02/15(金) ドル円相場は111.00を越えたところで頭打ち、ドル安円高へと反落しました。フィボ61.8%クリアでラウンドナンバー的にもMAXだったようです。 4時間RSIがレベル70を越えており加熱度は伝わっていました。 ヘッドラインニュースの報告はいつも後付けで、動いた後ですね。メイ首相、また下院で敗北 ブレグジット交渉方針に反対(BBC)米中貿易協議、進展見られず--閣僚レベル交渉最終日(ブルームバーグ)トランプ大統領...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫