RSS

2016年04月のエントリー一覧

  • 2016/04/29ドル円

    ドル円はこの二日であっという間に5円以上、下げてきました。ターゲットの105円は目の前です。一旦勢いがつくと逆張りは全く役に立たないので、値頃感トレードは注意するべきです。アベノミクスと称する円安の人為的誘導が始まったポイント75.50から125.750の天井(昨年6月)を100%とした場合のフィボ戻りは、現時点で38.2%。ここを突破すれば次は50%の100.60近辺でしょう。105.40では多少の揉み合いも。昨日はこの国の休日とい...

  • 自信もてるテンプレート完成

    2016/04/27(水)昨日はポンド円の伸びが凄まじかった。(約200pp上昇)「ターゲットは直近高値(安値)まで」とはよく言ったもので、きれいにストップ。 目線の固定とエントリーポイントが分かれば怖いものはありません。ダウ理論的発想なら、図ACの安値切上げ以降の上昇はBを上抜けることを予想させてくれます。この応用なので、チャート判断はそう難しいものではありません。数日前にFX仲間でもあるYさんに当テンプレートを提供したところ...

  • 4/22の展開

    金曜日はどの通貨ペアも激しく動きました。ドル円で1日230pp動くのは珍しいです。以前から原油が上昇(43$台)してきていたので、リスクオフも一服といったところなのでしょう。今回もやはりGPIFが買い走っています。 節目の111.00は軽く越えて上昇しました。ここでの逆張りショートは失敗。教科書通りのシナリオを狙われた感がします。逆を読まないとダメでした。次は日足55MA(112.300)での攻防如何。まだまだ下目線ながら、...

  • 3本のMAで(続き)

    3本のMAをみると相場の状態がわかると、前頁で書きました。大きな時間軸なら動きも緩慢で、次の形態への移行もそう忙しくありませんが、短期足では急変するので展開を見届けるには少々工夫がいります。前頁図内のパーフェクトオーダー状態になるひとつ前、即ち③や⑥での初動掴みにはどうすればいいのか。以前にも紹介したHTさんのインジ利用で、クリア出来ます。HT_MULTI_MA_V1.03というインジは3~5本MAでパーフェクトオーダーや...

  • 3本のMAで相場の状態を掴む

    3本のMAで相場の状態を掴む当ブログで採用している手法の基本部分は「3本のMA」です。ラインを引く「ライントレード思考」も勿論使っています。FXを始めた頃に読んだ「ロブ・ブッカー流アリゾナルール」に触れたのが発端でした。でも訳の分からない独自の言葉を使われると馴染みが薄く合点が行きませんでした。(言いたいことは理解できました。)(1)フェニックス…トレンド発生中(2)ユマ…トレンド終息(3)トゥーソン…レン...

  • ラインを引くのは難しいか?

    今までインジケーターを数々紹介してきましたが、絶賛推奨しているわけではありません。私はインジが嫌いではないので、ビギナーさんに視覚的に説明するにはどうしたらいいか考えた末に、ほどほどのインジを使って行えば効率がいいとの結論に達したのです。1)相場の環境認識(トレンド掌握)2)目線の固定3)タイミング三拍子が揃わないと成功トレードは達成できません。これら感覚的なものをいかに具体的に説明すれば理解して貰えるか...

  • 転換の基準

    前日は転換を早目に知る方法を記載しました。図をご覧頂ければその中に要点は書いてあります。何を基準にするかは人さまざまです。一応列記してみます。1)MA55を基準にする方法  転換示唆は1時間の55EMAが基準になります。ヒゲが抜けただけでは「抜けた」とは判断しません。「実体で抜ける」必要があるので、確認には時間がかかります。この55MAは全ての時間軸で作用する曲者なんです。(cf.62MAや75MAを推奨する方もいます...

  • 早め表示のインジケーター

    こんなちっぽけなブログ、誰もみてないでしょう。だから言える本音があります。FXは真理を知れば、高い確率で勝てるようになります。嘘ではありません。トレンドの明確な展開(山と谷がはっきりしている相場)のときは、どんなインジを使っても、いや、インジを使わなくても勝てます。しかし戻りが深かったりレンジ気味に動くときは、そうはいかない。相場環境が変化する(例えば下落から上昇に転じる際はV字で転換することはな...

  • OPバリアとは?

    OPバリアとは?本日現在のドル円チャートです。107.500と107.000に「OPバリア観測」というポイントがあります。抜けるにしてもカンタンにはいかないでしょう。これはどんなものか。詳しい説明はこちらにあります。http://okwave.jp/qa/q4236119.htmlオプション取引は個人取引ではなく、企業が行う非常に複雑な、主にリスクヘッジの為の為替取引に使用されます。これは、将来の特定の期日に通貨を契約した価格で売買する権利を”売買”...

  • MAクロスの時間軸による見え方の違いを改良

    EA化に向けて早目にサインを表示するため、様々な試行錯誤をしてきました。どうにか矢印サインについては成功しました。これに伴い、他にも改善の余地があることに気付くことに。MAクロスに基づくトレンド判断です。MAパラ値を一定にしての時間軸切り替え観測では各々誤差が生じて、見た目での錯覚が混乱を招くようです。例えばMA25とMA10の不変クロスを使いトレンド判断するとして、1時間チャートと5分チャートでは見え...

  • どこまで落ちるドル円

    政権中枢の要人たちは、「アベノミクスが失敗だった」と言われるのが嫌なようで、ナーバスになっている。自民党山本一太らが反論しても、為替チャートを見れば一目瞭然でしょう。もうとっくの昔に終わっています。我々にとっての問題はどこまで落ちるのか、なのです。第一の目標は、105.300付近。ここは軽いでしょう。第二の目標は、100.700。(or 100円を割ってもおかしくない)このところの下落が急激なので、105円台で一度リバ...

  • パナマ文書--日本では

    いま世界中が一番注目しているニュース払うべき税金をタックスフリー国を利用して払っていない事実が判明しました。「パナマ文書」で。日本にも個人・企業が存在していますが、ニュースでは扱いません。不公平ですね。以下、転載します。http://arcanaslayerland.com/2016/04/07/panama-papers/飯田亮(セコム取締役) 戸田寿一(セコム元取締役) 内藤一彦(東宣取締役会長) 内藤俊彦(東宣取締役社長) 電通バンダイナムコシャ...

  • 2016/04/05の睡眠投資法

    昨夜は聞きたいラジオ番組があったので早目に切上げました。毎回楽しみにしているのが、TBSラジオ22:00からの「セッション22」。昨日のニュースは 「パナマ文書の衝撃!タックス・ヘイブンの実態〜そしてグローバル・タックスの可能性とは」 でした。http://www.tbsradio.jp/ss954/ということで、いつもの睡眠投資法の出番。注文したのが20:25、110.70でS指値。これには根拠があります。1)大きな時間軸での高値切下げライ...

  • 2016/04/05ドル円

    最近はドル円を中心に観察しています。瞬間風速は強くないものの、1日の間に充分動いてくれます。昨日朝から今日現在までに140ppの下げ。111.00を割り、110.00も更に下抜けようとしています。日経平均は16000円を軽く下へ。GPIFの損失はこのままでは5兆円では済まない状況になってきましたよ。まだ下げるでしょう。年金、5兆円損失の見通し 運用法人、株積極投資が裏目にhttp://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK...

  • サイン出現の遅い早い

    サイン出現が遅い!と嘆く方がいらっしゃいます。インジによる矢印表示を必要以上に期待していると、そうなります。(クロス系やその他も同様)考えて下さい、インジは全て値が確定してから計算するのですから、遅いのは当たり前。1時間足などではローソク足1本が確定するまでに1時間を要します。最も早いのはローソク足表示。次にインジなら乖離CCI、HMA移動平均線。もっともっと早いものがあります。それは、チャートパ...

  • MAのMTF表示

    本日17:30現在のドル円5分足チャートです。5分足に15分の基本MAリボンを配置してみました。転換しているポイントがはっきり見えています。5分などの小さな足を観察していると大局を見失いがちですが、こうすれば大丈夫。...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫