RSS

2017年01月のエントリー一覧

  • PitchFork分析の絶妙さ

    PitchFork分析の絶妙さ https://www.youtube.com/watch?v=VTtqsmCqMhQご覧の通り、ピッチフォークは値動きを捕らえる手法としては実に収まりのいいものです。トレンドのある場合はきっちりと方向を指し示してくれるので有難い。無くてはならないもののひとつになりました。しかし、これだけでは勝てません。レジサポの確認やトレンドラインを、自分で任意に適格に引けて始めて役立つツールとなります。基礎は大切です。学んだ者の...

  • Point and Figureで見る高安値とライン

    Point and Figureは終値で表示するので、ヒゲで騙されることがありません。時間の概念を排除しているため、正確にプライスの動きを表現しています。目線の固定には最適なツール。 ドル円下準備としての、上位足高安値にラインを引いてレジサポを確認する作業が大切だと説明してきましたが、Point and Figureを見れば、時間軸毎の固有の抵抗帯を見い出す必要もないので、一目瞭然。カンタンです。...

  • 続PitchFork

    検証すればするほど、PitchForkの良さが分かってきます。知人から海外フォーラムのインジを紹介頂きましたので、観察しています。AML_v1.mq4 というインジは中々の優れもの。MT4上部メニュー欄からピッチフォークを選択し、チャート上に A→B→C の3点を指定。これをアクティブにし、名前欄に「AL1」と記入すると、表示されます。 1/4の高値をC点として、そのラインが現在までも生きています。Meridian_Line(子午線)の別タイプ(1~3...

  • MT4の便利な機能

    MT4を使っている方知っていると過去検証に便利です。特定期日にチャートをスクロールさせるには、チャート左下「横軸目盛」上でダブルクリックして記入スペースを作り、希望期日を入力して「ENTER」。左端がその期日です。 これを知っている方は多いと思います。またこれだけでは時間足を変更すると指定箇所が動いてしまい、見づらくなるので、次の方法を使うといいです。■隠れアイコンチャート上部タスクバー「自動スクロール」ボタンのチェ...

  • Point And Figure

    Point And Figure皆さんご存知のポイントアンドフィギュア、---時間(横軸)を考慮に入れない非時系列テクニカル指標---で分析すると、チャートの違った一面をみることができます。ブレイクアウトや新高値を追う成長株投資において力を発揮する指標で、簡単な割には優れものです。■特徴1. 終値ベースで値動きを考えるため日中チャートが見られない人でも使いやすい2. 価格の上昇・下落の判断がしやすい3. 値動き以外の要素は考慮しなくて良...

  • PitchFork分析

    PitchFork分析今回は引き慣れた切上げ切下げラインではなく、PitchForkで分析してみました。引きやすい通貨ペア、そうでないもの、色々あります。総じて、短期時間軸よりも長期のほうが容易でした。使い易く分かり易いツールです。日本にはなくても海外では多数見掛けます。フィボをいちいち当てる作業が面倒でもあり、これで全体の動きがアバウトにもリトレース比率で観察できます。EURUSD1時間 EURJPY1時間 GBPJPY4時間 GBPJP...

  • 心境に変化アリ

    ブログ書き始めの頃は、みんなに勝ってほしいし自分の歩んできた試行錯誤や疑問克服法を記載して役立ててもらいたい、という純な気持ちでした。しかし最近は随分と変化して、「勝てない人には勝てない歴然とした原因があるのに、それを克服しようとしない。甘えがある」と感じるようになりました。失敗して懲りたら同じ失敗はやらないに越した事はないのに何度でも同じことを繰り返す。勝ち方は幾つもあるが、負け方はひとつ。その...

  • トランプラリーの賞味期限とピッチフォーク

    上手なエントリーや利食いをするには、どうしてもスキャルのスキルが必須となる。この場合、不可欠なのがチャートパターンの認識です。デイトレで甘さを残して適当に済ませればいいのに、性分が許さない。損切りを入れて放置し、時間が来たらアバウト決済でも構わないのにねぇ。トレンド転換ポイントでのレンジ局面で、殆んどの人は負ける。ジャストポイントは、仕掛けが早くてもダメ、遅くてもダメ。目線の固定は正しくとも、スト...

  • 2017/あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。昨年2016年は激動の一年だったと言われますが、個人的にはそうは感じませんでした。米大統領がトランプさんに決まり、英のEU離脱(ブレグジット)がありと、番狂わせが起きたせいで為替が大きく動いたからでしょう。これも現状維持が基本にあり、想定されていなかったからなのでは?されていなかったと言うより、想定したくなかったマスコミが既成概念に縛られた偏向報道で煽ったせいでは、と...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫