RSS

2017年04月のエントリー一覧

  • 続き(4)

    そんなわけで、以上の流れから、ZigZagメイン思考で実際にエントリーしてみました。2017/04/28(金)ドル円、最初からスキャルオンリー狙いです。検証のためデモトレード、1ショット5Lot均等、両方向からの狙いOK、ナンピンはMAX5回まで。最大保有25枚までとする。ロスカットは15pp。5分チャートなので、1時間以下のZigZag頂点確定の重なり具合で逆行具合を判断してエントリーすることにします。各インジの特性が分かっていないた...

  • 続き(3)

    インジケーターは全て、手間を省く便利なツールであり、決断の意志を委ねるものではありません。次に検証するのは、AutoFib_AutoTrend_ALL自動でフィボとトレンドラインを引くインジです。ひとつは自動で引いておき、手動で重ねる。数値のダブルところは要注意です。既に確定している異なる複数上位時間足の前の波を100としての戻り率+同じ時間軸での戻り率の重なるポイント。そして、当日始値や当日PIVOTなど、条件の重なるポイン...

  • 続き(2)

    さて次なるインジは、_Bollinger_ZigZag_NoRepaint_MTF_Arrows と ZigZagTriad_Arrows_mtfふたつともZigZagですが種類が異なります。併記させることでダマシを回避できるかを検証します。まず、ZigZagTriad_Arrows_mtf(頂点のみ表示//ラインは非表示にしてあります) 日足、4時間でダブル確定サインが出現したからそのまま反転して順調にその方向に伸びていくと考えるのではない。戻ってきてリペイント(更新)するかもしれま...

  • 続き(1)

    今回の検証結果をブログで文字にして表すのが難解で、躊躇していました。精度向上という難しいテーマで、その実践なので。まとめきれていないので以下もどかしい表現になるかもしれませんが兎に角、土日の時間を割いて記載してみます。何から始めればいいのか迷います。前頁にもあるように、今回メイン思考はZigZagです。ZigZagは、言い換えれば「N字理論」。チャート上でランダムに上下動してN字をつくり、或る方向へ動いていくそ...

  • 精度を上げるには

    一般にディトレで使われている方法で、オーソドックスなものですが、精度の高いトレードはどうすればいいのかについて検証します。今回はZigZagとフィボナッチ、それにストキャスを用いてみました。メインチャートでトレンド方向を早目に知れないものか。サブチャートでサイクル(周期)=タイミングを捉えます。このふたつが分かればもう半分位は勝てています。(ただ、これだけではタイミングがズレたりLC幅が狭いと、上手く行か...

  • ZigZagを制するものは

    現在の心境は、「ZigZagを制するものはチャートを制する」と言ったところ。それだけ重要だと改めて感じ入っています。ダウ理論でトレンドを計るにしても、フィボを当てるにしても、ピッチフォークの3点を探るにしても、ZigZagの頂点を重視することに変わりはありません。目視のみで確認することも可能ですが、数種類の時間軸でのそれを同時に認識するのは複雑なので、インジを利用したほうが無難です。MTFのZigZagインジならどれで...

  • ZigZag頂点の捉え方

    数日掛けて溜め込んだ記事がアップのまえに全て消えてしまいました。ZigZagインジに関するものです。書き直す気力は失せましたので、図のみ掲載します。基本思考 確定サインが出現したら、そこが一応のMAXとみる。 複数ZigZagラインは視覚的に煩わしいのでサインのみ表示。1時間足 MultiZigZagの代わりにZigZagTriad_Arrows_mtfを複数使用。(日足、4時間、1時間のZigZagなのでチャートは1時間足がよいかと思います)リペイン...

  • 最強ツールは何か?

    FX取引歴の長い方ならご存知でしょうが、一番大事なのはツールではなく、自己の資金管理能力です。(ギャンブル脳の方は確実に負けます)トランプノミクスに代表されるような政治主導の相場展開を先読みできる経済人は皆無で、最近は発表される指標結果が即ち「方向」に反映されなくなっています。米金利アップにしてもイコール「ドル買い」ではなく、織込み済みとして看過される事態で逆行。ファンダメンタル要因を受けて動くのか...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫