RSS

2018年05月のエントリー一覧

  • 簡単で正確なスキャルを

    デイトレであっても、エントリーに際しては一定のスキャル感覚が要求されます。スプの広い海外業者を利用する場合などではこの点が特に重視される。とりたててスキャルを薦めるわけでなく、最低限のスキャル技法は弁えたほうが有利だということ。1分や5分の値動きは、4時間足や1時間足にしてみればゴミのような存在で、1本の4時間足の中で一過性に上下に動く陽炎を掴むようなもの。それだけにスキャルは難しいものだと思います。5...

  • トレンドとリバーサル

    トレンド方向の確認とレジサポ判断に役立つインジインジは全て背中を押してくれるそれなりの目安です。それなり以下なのが生身の人間の感性、いわゆる値頃感。今回は基本MAの20+80(60)を離れて、方向確認とRSラインにもなるプライス重視の、いわば短期水平線ともいえるインジに触れようと思う。1)Trend Magic   CCI仕様なので早い 2)renjiこれは伸びた末の終末を極める用途ではなく、そこまで望んでも仕方のないこと。必要な...

  • 座標Bで方向確認

    長い期間トレードをしてきて思うこと。手法はさておき、最も大切な心構えは資金管理の考え方。これを前提にしたうえでのトレードです。トレードするに当り、手法はなんでもいいので、やってみて良い経験を積むこと。やる前から「どうしよう、こうしよう」と迷っていたのでは埒があかない。まずマイルールを決めて実行してみて、モアベターを追及していけばいい。ベストな聖杯は存在しないのです。しかし、チューニングを加えた よ...

  • 窓明けの捉え方

    昨日月曜日のドル円は窓を明けて上昇。EURJPYとAUDJPYもギャップアップ後そのまま上へ。ドル円は上値重くて戻ってきています。窓明けの捉え方は、「抵抗帯として意識される」くらいに考えておけばいいでしょう。 ドル円は3/26以降上昇を続け、さしたる戻りをつくることなく上昇一途。そろそろ戻り調整の段階に入っても可笑しくありません。2017/1/3の高値と11/6の高値を結んだ延長上に差し掛かってきました。米朝会談が開催されな...

  • 今日の展開

    今まで沢山のインジケーターを検証してきました。それは聖杯探しの旅をしていた訳ではなく、有意義な翻訳ツールを模索していたと言ってよい。インジは共通認識言語を上手く伝達するための手段でもある。そこで分かったことは、星の数ほどあるがどれも同じということ。違いは、敏感であるか鈍感であるかだけ。両者には利点欠点が同じくらいある。敏感なものは、敏感という利点があり、またそれが欠点にもなる。鈍感なものは、鈍感と...

  • ドル円100.00越え

    昨日ドル円は三度目のトライで節目の100.00を突破しました。今後はこの100.00レベルがサポートとなり、日足200日線も越えているため、間近高値を上抜ければ110.87までが視野に入ってきます。 (1時間足)ドル優勢が継続すれば現在レンジ中のGBPUSDも大きな下落が見込めます。 (日足) (30分足)小さく見えるレンジながら上下幅は150ppもあります。ポンドルの動きはランダムで、テクニカルでは掴みきれず、INして待つには危...

  • 指標狙い--第2波

    先週金曜日に米)雇用統計の発表がありました。結果は多少の弱含み。米ドル円はすんなりヨロヨロと下げていきました。以前のような急激に上下動するかたちをイメージしていたので、がっかり。だいぶ様変わりしたものです。今日は基本的な指標の狙い方について。1)発表と同時を狙う第1波狙い これはギャンブルに近い戦法、リスクが高いのでお勧めしません。 スプが急変し非常に大きく広がり、スリップしたりで、不利な状態で参加...

  • レンジ相場を克服する-4時間足Pivot

    大きく一方に動くトレンド相場では、立ち会えれば誰でも勝てます、獲得数の大小は別として。問題はレンジ相場。負けるのはここです。平静を装う日常の動きには、両者には明確な区切りはなく、何をもって思考範疇を切り替えるかには個人差があり、大方は経緯を待たなければならない。プライスは、普段はDaily Pivotを挟んでR1とS1の間を往復している、これがレンジ。R1とS1を越えて大きく伸びる展開のときをトレンド、と定義付...

  • MT4スピード注文板

    国内業者レバレッジを現行25倍から10倍に規制するという報道がなされています。小市民の夢が段々と遠退いていき、金持ちは益々膨れる。消費者保護の観点からとのことだが、どうも納得がいかない。国がどのような対策をしても、負ける人は負ける。それでは国内業者より海外業者のほうが有利か、という話になる。海外業者にはレバレッジ規制は届かない。888倍というところもある。国内をやめて海外へのシフトを考えておいてもいいか...

  • RSでの抜けの可否を判定する

    レジサポラインでの攻防を見守る姿勢抜ける抜けないは結果を見ないと分からないので、何の根拠もなく思い込みでエントリーするのはバクチと同じで危険。1回の様子だけで判断できず、2回・3回と同じレベルで揉み合いになることは日常茶飯事。こういう場所ではしかるべき根拠を持って判断したいものです。1)任意の短期水平線・短期切上げ切下げラインの抜け反発を待つ2)方向に確信を持てたら「その場の勢い」で判断この際に大切な...

  • 通貨の強弱

    ■通貨ペアを選ぶ基準「広く浅く」か「狭く深く」かは、自分の考え次第。自分の得意戦法に絞り、多くの通貨ペアを観察してその中から好機を狙うのか、ひとつの通貨を限定して追いかけ、数種の得意手法を駆り出すのか。方法は色々です。経験のないマイナー通貨は特性を弁えないし、スプも広いのでどうも、と敬遠される方もおります。だからと言って、毎日ドル円だけを追いかけても、大きく動くチャンスにはそうそう巡り遭えない。(...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫