RSS

2018年10月のエントリー一覧

  • 学ぶべき知識とは

    相場の環境認識とサクセストレードをするに当り必要最小限学ぶべき知識は、1)ラインを引いての判断2)チャートパターンでの判断3)プライスアクションでの判断4)周期性観測5)加熱度観測これらを踏まえた総合的な判断に勝るものはありません。また、トレード精度を上げるためのプラスアルファの方策もあります。チャートを分解し、アタックポイントを分野別に分析すると、対処方法が見えてきます。そこには合理的な成功の秘訣が...

  • 今後の日本経済は

    世界の資本主義経済は行き着く処まで行った感じで、次世代はどのように変貌するのだろう。成長一本やりの方針はその悪い所を露呈し始めてきたようです。そのひとつが、「格差社会」。持てる者と待たざる者との格差が著しい。日本の場合、何らかの事情で底辺に落ちると再起は不可能に等しい。少子化対策はないも同然で、子どもを産まないと「生産性がない」などと非難されかねない。単純労働力が不足すれば海外からの移住者を安易に...

  • コツコツ・ドカンの種類

    コツコツ・ドカンにも色々ある一般には、「コツコツと地道に築いてきたものを、ドカ~ン!と一瞬で失う」ことです。1)コツコツと負けて、ドカンと負ける        ↓2)コツコツと勝って、ドカンと負ける        ↓3)コツコツと負けて、ドカンと勝つ        ↓4)コツコツと勝って、ドカンと勝つ        ↓5)コツコツとほどほど勝って、ドカンと動くところをほどほど勝つ(頭と尻尾を残して)あなた...

  • 景気循環の波--2019年6月危機に備える

    世界情勢は劣化の一途を辿っています。時の権力者は、好みに合わない者・歯向かう者を容赦せずに抹殺している。北朝鮮の将軍様 金正恩の兄正男氏暗殺に始まり、ロシア大統領プーチンの元スパイ暗殺指示、中国共産党総書記 習近平による数々の人権弾圧・有名人失踪事件、直近ではサウジアラビアの皇太子ムハンマドの指示によって反目するカショギ氏を総領事館内で殺害したとされる事件。世界中がまるで無法地帯と化しており、血も涙...

  • スーパーRCI

    チャートをテクニカル的に攻略する思考方法は個人により様々です。ライン引きなどメインチャートだけで判断することも出来ますが、精度が高いとは言えません。以下、当方の観察思考を述べてみます。必勝要件は、メインチャート観察半分、サブチャート観察半分。所謂「場所」と「タイミング」。このクルマの両輪とも言える両者が上手くコラボされないと、結果に繋がらないわけです。「場所」からは、チャート上で視覚的に見えるZIGZ...

  • 将来の日本経済の行方

    現在の日本経済はといえば、金融緩和(アベノミクス何チャラ)で円安誘導し、日経平均株を国民の年金で買い支えして好景気を演出しているだけで、実態経済とはかけ離れています。政府が今まで乱発してきた国債は1100兆円、それを日銀が引き受けるわけで、日銀は政府のキャッシュディスペンサーと化しています。法人税を減税して出た不足分を消費税という名目で国民から徴収するのだから、消費は当然冷え込む。5年経ってもデフレ脱...

  • サブウインドウから見たブレイク

    最近の米雇用統計は発表と同時に乱高下せず、後でじわっと来る傾向に変化したようです。昨日週明け月曜日は日本・アメリカ・カナダが祝日で休場ときて、動かされやすい環境にあったせいか、主要通貨ペアは軒並み大きな動きを見せました。ドル円は113.00を割り込み、連られてユロ円・ポン円が下落。今回はこの美味しい相場をサブウインドウから眺めたいと思います。「タイミングを計る」即ち「これから起こる変化の初動を発見しその波に...

  • 初歩的な話

    「安値圏で買いを仕込み、高値圏で売る」「高値圏で空売りを仕掛け、安値圏で利確(買い)する」この言葉は為替取引の成道として定着してきました。FXを評論家の立場で語るとすれば間違っていません。しかし、これを日々の常識としてやれば失敗しやすい。ここで言っているのは「高安値圏」のことで、単純な「高安値」ではない。これを勘違いして、「安値で買い、高値で売り」を行えば単なる逆張り行為で、リスクは大きい。その日の安...

  • FXと洞察力

    或る通貨ペアチャートを観察するに当り大きな時間軸から小さな時間軸へと眺めていくのですが、例えば日足チャートと4時間足チャートを、そして1時間足と見て、普通ならそれらを互いに関連付けて各時間足のトレンド方向を見極めるはずが、4時間足チャートと1時間足チャートを全く別物として認識してしまう方が少数いることも確かです。関連付けて考える連想力が欠如している。絵の具の赤色と白色を同量混ぜ合わせると何色になるか、...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫