RSS

2019年04月のエントリー一覧

  • Heiken_Ashi_Smoothedについて

    長期の方向性を理解しているにも関わらず、逆行して損切りにあうことほど悔しいことはありません。4時間足で良かれと思いINした途端に逆へ動かれる、よくあることです。これは、短期の波に乗れていないことが原因。相場が上下に大きく動き見た目にも転換ポイントが綺麗に分かる(大きなジグザグ)場合はさほど問題になりませんが、レンジ気味に展開している(小さなジグザグ)時は、不意な逆行が発生するものです。長期足では主にチャ...

  • 低ボラ相場対応テンプを考える

    この10日ほど低ボラ相場が続き、ドル円では稀に見る極小値幅。他と比較して動きそうにみえたGBPAUDでしたが指標以外は期待程でもありませんでした。ポンドも然りでGBPUSD・GBPJPYは現在もダラダラとした下げが継続中。高ボラ通貨ペアチャートに慣れてくると、このしょぼい値動きにはうんざりです。ポンドの良さはボラが高いこと、上下に激しく動いてくれるので方向が掴みやすいという利点がある。反対に低ボラ時はレンジ相場と同じ...

  • ATRバンドの補足(2)

    当ブログに「ボラバンド」と記載したことがあり、それに対するお尋ねがTwitterにあるのに気付きました。Twitterは平時使用しておらず、ブログ更新の度に連動して自動でお知らせするためだけに設定されていますので、Twitterでご返事をするわけにもいかず、失礼をしました。(連絡の際はブログ紙面右にあるアドレスでお願いします)各通貨ペアのボラティリティをATRで計測するインジがあります。 ATR in Pips_V4.0_100%.mq4ATR=ボラ...

  • 英EU離脱は5/22前に

    この一週間 ブレグジット先延ばしということでポンドの動きは低調でした。10月末まで半年間の猶予を与えられた英議会はどういう結論を導き出すのやら。元々EU離脱反対だったメイ首相に対する離脱強行派の不信感は相当なもので、このまま延期とはならないのではないか。欧州議会選挙が5/23に迫っている手前、それ以前に「合意なき離脱」する可能性が大きいとみています。---英国が5/23~26の欧州議会選挙中にメンバーである場合、英国...

  • ジグザグが分かれば勝てる

    FXは難しいですか?FXチャートはテキトーに乱雑に上下動するカオスの世界だと感じていますか?メンタル(忍耐や辛抱)力が必要だと思っていますか?超初心者がそういう感想を持つのは当然として、数ヶ月から数年チャート観察してこの段階とすると救いようがありません。何がしかの法則性に辿りついてルールに基づいたトレードができるのが自然です。負ける原因はただひとつ、「資金管理」とはよく言われることです。でも、もうひとつ...

  • 4時間足トレードのススメ

    米国金融機関の決算結果は良好、逆イールドカーブは解消。米中貿易摩擦で叩かれた中国経済は、当局のテコ入れもあり上海総合指数は持ち直し。EUに触手を伸ばし始めた中国、ガタが来ている欧州連合の切り崩しに飛び付くイタリア。半導体産業の低迷で先行き不安が叫ばれる中、韓国経済の斜陽化を説く右寄りネット民も多数います。GDP比でいうと、米国2.5、中国6.2、日本0.9、韓国2.6(IMF2019年度予測データ)サムスンの存在に命運が...

  • ATRバンドの補足

    昨日は加熱度MAXを知るためのインジ、ATR_Bandsを紹介しました。上限下限に疑問が生じたら当ててみるのも良いでしょう。ただし4時間足以上での使用をお奨めします。同じ名称でもエンベロープ仕様のものだったりで、検索してもヒットしないかもしれません。興味のある方にはご連絡頂ければEXファイル差し上げます。(自己流にチューニング済み)話のついでに、似たもので、i-Regr.mq4 とか Center of Gravity.mq4 などの回帰曲線あ...

  • 久々に ATRバンド

    (ここだけの話、ブログ書くのに疲れました)ブレグジット疲れも手伝ってか、季節の変わり目か、パッとしない気分です。4/10(水)は桜満開の矢先に雪が降り、前日とうって代わり異常な気温低下で、小学校入学式の新1年生もさぞ寒かったろうに。春だというのに外は真っ白な雪景色。4/12(金)はブレグジットで一波乱あるかと構えていても、半年延期であっけない。ポンドは動きませんでした。混乱危機の取敢えずの先送りで上昇すると思...

  • レンジとトレンドの狭間

    4/10日のEU臨時首脳会議、10月末までの延期で合意したそうです。これで英議会側にボールが渡ったわけですが、どうでるのか。EU側はズルズル長引かせて国民投票に持ち込ませ離脱問題がなかったことにしたい思惑が見え隠れ。英議会の離脱強硬派が賛成しなければ「合意なき離脱」の可能性も充分残っています。このような微妙な状態で、今日の為替市場はどちらに動くのか。GBPUSDチャートは昨日の上昇基調が継続しており、午前中はやや...

  • %Bでのエントリー

    2019/04/10 16:45でのGBPUSDにみる%Bでのエントリー下図にある通りで、何も付け足すことはありません。 フィルターも忘れずに! MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える--- 〈通算記事番号:1260〉...

  • RCI上位ラインの相反で

    【追記】下図は4本RCIです。目先追従は短期ライン9(青)の動きであると述べてきました。向かう方向は上位ラインの向きなのですが、上位といっても「中期」と「長期」があるではないか。どっちだろう?と悩まないで下さい。短期のすぐ上は中期。長期>中期>短期>超短期の秩序は厳格です。現在(GBPUSD 15:40)の30分足をみて、午前中に迷った人がいたかもしれないと思い、追記します。 MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自...

  • 昨日GBPUSD欧州時間開始後の乱高下

    昨日のGBPUSD欧州時間開始後17:00~18:10に上下幅60pp以上乱高下しました。これで方向感を失った方も多いと思います。難しい局面でしたが、短期足を常駐させて観察しているとあたふたするものでも、1時間足程度なら冷静に判断できます。 波としては前波の調整であり、何パーセントの戻りを付けるのかが課題の週明けからの流れでした。4/5(金)の下落始まりは水曜・木曜で形成されたWトップのネック(安値)を戻り上限としてのもので...

  • ドル円下げの始まり

    昨日のポンド/ドルは、午前中の上昇を除きレンジ気味で、いいところがありませんでした。ブレグジット最終局面で、嵐の前の静けさかもしれません。ドル円は日足200MA(112.0円)が相当に重いようで111.50下でこれまたレンジ。(ユロドルは1.120で下げ渋り上昇)二日続きで東京時間開始からいきなりの下落。日足的に連続陰線を作っています。動くときは一気に、そのあとはダラダラとレンジ。いやらしい動き方です。徐々に下への押し圧...

  • GBPUSD4/5のポイント

    RCIインジの説明は理解出来たでしょうか?理解が深まると精度の高い目安としてトレードの重要な位置を占めることと思います。しかし、トレードには更に大事な根幹があります。インジ中心のトレードは小手先です。更なるモノとは、いつも検証に用いている「エリオット波動論」。先を見据える骨格たるシナリオ、基本思考(ロジック)です。今回は検証として述べているので後付けだと思われるかもしれませんが、本来はこの考えと観察...

  • 久々にRCIの話(3)

    肝心な点でまだ書き足らない箇所がありました。IN・OUTをRCIのタイミングに合わせるだけで、それなりに結果を残せるという話をします。先週木・金曜日のGBPUSD15分RCIを例に説明しましょう。3本の場合パラ値は「9、26、52」として、まず図赤丸の長期と中期の関係に着目。ここが方向転-----------------------------------(削除しました)以上、RCIについて でした。(一定期間経過で削除の予定です)MA三段活用理論、MA1追従理論、サ...

  • 久々にRCIの話(2)

    引き続きRCIの話をします。このインジは奥が深く、知れば知るほど興味が湧いてきます。その時々の相場の現状から一歩先まで、サイクル的な視点での情報を教えてくれています。飛行機の両翼でなく、あくまでも片翼であることを理解すれば使える代物です。通貨ペアにより、時間軸により、固有の周期性を持っているという話は前回にしました。「周期性」を「時間論」として一括りに片付けるでなく、個別の存在としての価値を見い出す。...

  • 今日のポンド

    本日16:15現在の市場は、米)雇用統計を明日に控えているためか動きがありません。GBPUSD・GBPJPY共にスクイーズ中。弾けたら付いて行く。ポンドに限れば英議会で何の進展も見えず、このままでは「合意なき離脱」が濃厚です。エリオット波が明確に読めなくなってきました。ファンダメンタル的に、ポンドが上昇する根拠は見当たらないのに上げてきた不可解な経緯。NYダウもまだ上昇基調にあり下を向かない。楽観主義者が多いのには驚く...

  • 久々にRCIの話(1)

    インジケーターを目の仇にして無用論を唱える方はスルーして下さい。インジは使えないものばかりだと言う人は、自身が使い方を知らないだけであり、それを理由に毛嫌いされても迷惑なんですけどね。有益なものと無益なものがあるのは確かですが、その判断基準は個人の感性に寄るところが大きい。私が初心者の皆さんにお奨めしてきたのは、タイミング把握のためのインジです。昨日今日FXを始めた超ビギナーでも、タイミングを的確に...

  • 久々に移動平均線の話

    FX攻略ロジックには精度の差はあれ多くの方法が存在します。同じルールで何回も繰返すことで大数の法則から精度の差を発見できるでしょう。勝ち方は人の数ほどあっても、負けるのは資金管理概念の欠落ただひとつ。手法をぐるっと見渡せば、移動平均線を起因としているものが実に多い。当然だがこれらはプライスが動いて確定後にインジが計算して表示するので、タイムラグが生じる。基本を20MAにしようと、25MAにしようと、どうでも...

  • 新元号は「令和」

    2019/04/01(月) 今日から新年度。そして新しい元号が発表されます。朝からご祝儀相場で、日経平均・ドル円・クロス円は上昇しています。NYダウ市場も上昇中。世界中がリセッション騒ぎでもお構いなしに上げていて異様な感じがします。逆イールドカーブ現象をマスコミが取り上げ、景気減速を報じて多数がその気になっているうちは、暴落は起きないのが常。大衆が雰囲気に慣れて忘れた頃にやって来る。いま、新元号が決まったようで...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫