RSS

2019年08月のエントリー一覧

  • GBPUSDの急落

    GBPUSD下落16:45の足から急激な下げに見舞われました。前からダイバージェンスが出てたので、買われ過ぎ感も漂っていたところです。フィボ値も61.8%手前までの到達ということで、下落幅もテクニカル分析での容認範囲。それ以上の詳しい原因はまだ分かりませんが、そのうち後付けで何か報道されるでしょう。しかし、まぁ感心します。テクニカルは目安にしては正しく機能しているな、と。上値は今日の始値で抑えらえDailyPivot下抜...

  • 誰でも出来るチャート観察

    誰でも出来るチャート観察についてローソク足をじっと観察していて見えてくる発見、気付いているでしょうか。転換の時:前の足の高安値(終値)タッチで跳ね返されヒゲを作ってから始値を越えた時の元気良さ。  ----- 前足の終値ヒゲタッチ(アルゴサイン)の有効性は確認済です。継続の時:ヒゲを出さずに丸坊主の陰陽線の元気良さ。これらの状況を見ての「始値」からのエントリーは有効なことが多いのです。水平線だけで勝てる...

  • トレードの基本をマスターしよう2

    ■トレードの基本をマスターしよう2前回の続きです。注意深く観察する場所は分かったでしょうか。次はこの取得情報を如何に活用するか、本題に入ります。1)TOKYOオープントレード当日始値は朝6:00でのプライス、東京市場オープンは9:00、この開始時に当日始値の上か下かを見極めてトレード。見極めに当たっては3~6時のレンジ高安値の値幅や現在値との乖離などを見て、レンジ内側カウンター狙いでいくか、レンジ外側ブレイク狙い...

  • トレードの基本をマスターしよう1

    ■トレードの基本をマスターしよう11)前日高安値を意識する---高安値抜けるか否かの確認作業→抜けで追従2)Weekly,Daily Pivotを意識する → 上下動値幅の許容範囲を知る3)日足のカタチを意識する → 日足プライスアクションの見方に通じる4)終値・始値を意識する → 始値は当日の足の陰陽を決める大事な場所 ここを見極めることでひとつの手法が誕生します。MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフ...

  • MAで相場の循環を見る

    パーフェクトオーダーは、数本のMAの並び順を見て判断します。ダブルMAリボンはその名の通りリボン(2本のMAでひとつのリボン)がふたつですから、MAは計4本。MAラインだけだと4本が入り組んでくるとパッと見ての判断がつけずらいもの。リボンとして色がついていると分かりやすいので初心者向けです。(慣れてきたら色は省いてもいいし、4本を2本にしてもいい)例えば、1)MA20-----2)MA40-----3)MA100-----4)MA200を使うとして、...

  • インジを組合せてみる

    インジ組合せによる自分好みのテンプレートを作成する↓週PivotとDailyPivotの重なりに注意(加熱度重視型)その他にATR Band・平均足スムーズを表示させたものが下図。注)短期足のATR Bandはリペイントが激しいため、4時間足以上が望ましい。これで逆張りカウンターを狙おうとしないで、ダブルトップやダブルボトムのチャートパターン思考を併用しての判断になります。長期・短期二つのMAリボンを使い、方向性を確認する。↓現在の...

  • サブチャート比較

    サブチャートにはどんなインジを表示したらいいのか。何度も書いてきた通り、トレードINで必要なのは「方向性」と「タイミング」の正確さ。トレードOUTは「加熱度」。これらを知るにはどんなインジを表示させればいいのだろうか?RCIスパイダーは「タイミング」を測るうえで別格級の優れものであることは証明済みですから、ここでは除外します。(方向性もわかります)似たようなものを表示させて比較・検証してみます。使用するの...

  • 常にエリオット思考で

    チャートを見るにあたり、エリオット思考で観察できるかどうかは重要です。平たく言えば「プライスの動きを波と捉える」ことが出来ているか。個人によりしばしば波のカウント方法が異なり、フィボナッチ同様懐疑的に受け取られたりで、万人に共通するものとして浸透していないのは残念なこと。初歩的に「波と捉える」ためのツールが、ZIGZAG。このジグザグ線を常に意識すると、次の展開が開けてきます。いずれかの時間軸において何...

  • 今日は74回目の8月15日

    今日は8月15日、日本人にとって特別な日。先の大戦で亡くなった多くの御霊を追悼し、平和を祈念する日。終戦から74年が過ぎたのです。多くの先輩方が命を懸けて守ったこの国に生まれ育つことができ、誇りに思います。平和は、憲法第9条があるから守れるものでもなく、努力しないと続きません。ただ「平和!平和!」と叫んでいるだけでは続かない。日本国民の生命の安全と伝統文化・経済は、軍備なしには周辺国の脅威から身を守れな...

  • FXは「思考の小宇宙」

    FXは所詮ギャンブルだし、上か下かの結果を占うゲームみたいなもの。勝てれば運がいいし、負ければ運が悪かっただけ。(すべての結果は運に尽きる)でも負けが込むとつい熱くなって捨て鉢になり、一発勝負で取り戻さなければと何度もナンピン。前回はナンピンでうまくいったし今度も大丈夫だろう、たぶん。もしそれがダメでもどうせ戻ってくるから損切しなくていいや、塩漬けにしちゃお。負けを経験すると、利が乗ると利確が早い割に...

  • ダイヤモンドフォーメーション

    チャートパターンの話エリオット波動のなかで、揉み合いやトライアングルを作りやすい局面は往々にして第4波です。波が数えずらい場合、逆にその場所を第4波と仮定して逆算してあげる方法もアリ。フィボの裏当てでも同様のことが言えます。曖昧な波で伸びて行っても、ターゲット161.8~176.4%に到達したらそこが第3波と仮定する、とか。エリオット波動やフィボナッチの数え方は人により異なり、これが正解というものがない。全て...

  • GBPJPY100pp獲れましたか?

    8/9金曜日のポンドはきれいに下落しました。ひとつ前のブログにも書いておいたので、見てくれた方は100ppコースだったと思います。先ずはGBPUSDのおさらい。↓GBPUSD M30↓GBPJPY  M15誰もが分かるチャートパターン、ディセンディングトライアングル下抜け。学んでいる方にとってはあまりにもやさしい環境認識でしたね。検証に我流講釈を付ける必要はないと思います。この間にドル円は105.25をマークし、その後上昇へ転じました...

  • ポンド円は三角下抜け警戒

    毎日蒸し暑い日が続きます。 今日の日中は殆ど動きがありませんでしたが、21:30の米)指標発表はどうでしょうか。 ユロドルを除きほぼ全通貨下降トレンド、今月一杯は戻り売り戦略優勢。 ドル円・ポンドドルは急落後の小康状態に入り、揉み合ってますが頃合いを見ての再下落か。 上値が重いしここから狙うなら下しかないでしょう。 ということで、大きな動きを期待してのポンド円。 直近安値でのカウンター組に翻弄されずし...

  • ダイバージェンスの罠

    1970/01/01の期日で残っていました。おかしなことがあるものです。お騒がせしました。-----------------------------------------------------------------------------ダイバージェンスの罠今日は「ダイバージェンスを観察するうえでの注意点」について説明します。ダイバージェンスは先読みのできる貴重な存在ですが、見誤るととんでもない失敗をします。何処まで続くとも分からないトレンド途中に、ダイバー出現を見て「ここが...

  • 記事が消えた?

    記事を書き終えてアップロードした途端に消えました。保存をかけたのに残っていない。どういうこと?ブログ内を探してみます。...

  • 為替株価全面安

    NYダウ5日連続の下げで切り上げライン下抜け、本日12:00時点では日足でみると月足20MA(日足200日線付近)で辛うじて下ヒゲ発生状態で下げ渋り。FRBパウエル氏の弱気発言が響いたようです。とは言ってもここまで上昇が続いた経緯を考えると、市場心理として、梯子を外される懸念や急落への警戒感も同時に存在していた環境ですから、当然の成り行きでしょう。テクニカルに従えば「ここでの下落」も想定内。日経平均株価は日足三角...

  • GBPJPYの1週間

    この1週間で、どうやら世界景気の潮目が変わった感があります。米国の好況も、トランプ大統領口先介入で踏ん張るも今がピークでこの夏を境に反転の兆し。ヘッドラインで右往左往するファンダ主眼トレードでは追従ができない位、変化が激しい相場です。狙い目GBPJPYは1週間で500pp近く下落して129.0手前まで。追従手法が面白くなってきました。追従最強!!ファンダ情報に頼っていては勝てません。有名なFX-Youtuberの方はといえば-...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫