RSS

2019年11月のエントリー一覧

  • アリゲーターインジとの比較

    自分のトレードスタイルに合わせたルール決めは出来ているでしょうか。インジケーター選択で迷っても時間の無駄です。聖杯はありません。シンプルに方向性とタイミングが掴めればみな同じ、乱暴な言い方ですが手法はどれでもいい。インジには移動平均を用いたものが多く、そこから派生したものが名前を変えて多数存在しています。前回はボリンジャーバンド1σを挟む短期MAの動きで方向が見える話をしました。オシレーターの%Bを通...

  • 「トレードスタイルについて」の続き

    まず本日のGBPUSD 12時前の位置一昨日の欧州時間スタートからの上昇の波に乗るのがベストでしたね。「自分のトレードスタイルについて」の続き自分で実際に取引をしていない評論家的な自称トレーダー、若しくは証券会社の広告塔的なトレーダー、商材販売ページ誘導型、PV稼ぎの胡散臭い後付け屁理屈お遊び手法は信用ならないので、それ以外のものをピックアップしてみました。ネットに転がっている動画、参考になるかどうかは不明...

  • 自分に合ったトレード法

    自分に合ったトレードスタイルを発見する自分流のやり方は決まっていますか?戦略なく、ただただプライスの動きについて行こうとしてもMA1は一筋縄ではいきません。それには自分で決めた「相場展開(チャート)を観察するバロメーター」が必要となります。「チャートを眺める」から「観察する」に一段アップし、更に「分析する」へと発展させる。観察法は人それぞれで、優位性と再現性が認められればどれでもいいのです。エントリ...

  • 三角をイメージする

    昨日のGBPUSD観察において、11/20と11/23の安値同士で引けるチャネルを見落としていました。61.8%を付けた時点が戻り高値だったのですね。うっかりしていました。とめどなく鼻水が出て仕方ない、風邪をひいたようです。些細な部分に気を取られ過ぎると大局を見落としがちです。反省しきり(汗)MACDもクロスを始めていたところでした。さて、今日は三角形意識の大切さを訴えたいと思います。目線固定練習用に使っている教材インジ...

  • 今日のGBPUSD

    GBPUSD 昨日は上昇オンリーでした。Wボトムを待っていた方にはあいにくでした。短期MA2本が20MAと当日始値を上抜けたところ、欧州市場スタートで上昇が決定的になりました。そして本日15時現在は、フィボ61.8%で返されたものの20MAでの揉み合い。サポートが効けば再度上昇も。欧州市場開始の様子次第。たまにはMACDも見てあげましょう。大きな流れとダイバージェンスの確認もお忘れなく。昨日の続きの話をすると、1時間足でのBB1...

  • 秘)反転ポイントを捉える方法

    <前頁に続き短期MAの考察>ZIGZAGの波の上下が入れ替わる所、いわゆる反転ポイントの捉え方について。どの時間足を狙うかで値幅は異なりますが、やり方はどれも同じ。基本とするMA(20MAなど)1本でも構わないが、微妙な感覚が伝わって来ない。で、ボリンジャーバンドを使うことにします。BBを観察するに当たり注目すべきは「±1σ」でのプライスの方向。通常の勢いの場合、±1σに沿ってバンドウォークして伸びて行き、強い勢いでは...

  • MA10openと8close

    EA作りのための根源となる発想を試行錯誤しているのですが、難しいです。相場の流れにはトレンド部分とレンジ部分があり、トレンドは難なく捉えられてもレンジでガチャガチャ動かれると利益は吹っ飛びます。裁量トレードと同等、乃至はこれに優るものはないのかも知れません。時間足を決め、レンジ部分を外すため何らかのフィルターを挟む必要もあります。(短期足で細かく積み上げるタイプを選ぶのか、1時間足でゴッソリ狙うタイ...

  • トレード判断は総合力

    チャートに何もインジを入れずにプライスの上下動だけで観察してみると、ローソク足が宇宙空間に浮いている連鎖物体のようで、まるで変化が感じ取れません。現在位置を指し示すのも不便です。判断材料は自分で引く水平線と斜め線だけ。これだけでは何とも心もとないですね。(横軸概念を省いた練行足という日本人が考えた思考方法もあります---まるで寒暖計のようなもの。これはこれで価値ある思考方法だと認められます。それは置...

  • 極東アジアのリスク拡大

    いま国際情勢が混沌としています。英国ブレグジット問題は3年を経てもなお混迷の長いトンネルのなかで、12/12の議会総選挙を待つ。米中貿易戦争は、不正な手段で産業技術を奪い政治的覇権を狙う中国共産党を潰すために米国が貿易で立ち向かうことから勃発した。中国共産党の香港への約束破りの締め付け、50年は守ると確約したうえでの返還を手の平返し、香港市民から人権を奪おうとすることを発端に彼らの反発を受け暴動が始まり激...

  • サイクル的観察目線

    GBOUSDは先週末から順調に上昇してきました。サイクル的には超長期ラインが上抜きに変わり、今後も上昇の様相を呈していますが10/21高値越えにはまだ数日掛かりそうです。期待値ターゲットは1.3375。日柄分析視点から観察すると、10/21から「5本、5本、5本」のリズムで上下動を繰り返し、11/11から始まった陽転から現在は7本目の陽線(一目では8本目、10/21からは23本目)。本格的な変化にはあと2~3日要する見込み。日足の陰線・...

  • トレードに必要な素直さ

    物事は森羅万象がルールというか「自然の法則」で動いています。FXトレードも然りで、トレンドに逆行すれば手痛いお返しを貰うことになる。「自然の法則」と言うと、何か特別な仕組みがあるのかと感じるでしょうが、ごく普通のことです。トレードでは、流れに従えば成功し、逆らえば失敗する、これだけ。そして、全て「原因」があって「結果」がある。「良き結果」を願望するなら「良き原因」が必要となります。つまり、明確な根拠...

  • 来週のGBPUSD

    現在のGBPUSDは第5波に繋がる第4波-4波か?強力な第3波の後の第4波での上下動が3週間続き、この1週間はそのチャネル中で上昇してきました。短期切下げを上抜けて直近高値を越えれば第5波認定となるが、下降チャネル上限で先週はストップ。離脱派優勢との憶測での上昇ではあるものの、英総選挙12/12までは不確定要素と捉えたほうがいいようです。この辺りの読みはファンダメンタル主眼では克服できないはずで、テクニカルの出番と...

  • MA3のOpenラインとCloseライン

    昨夜の番組「夜トレ!」のなかで、山中康司さんがテクニカルインジケーターについて話しておられました。短期MAのゴールデンクロスとデッドクロスについて。先ずは下記番組をご視聴ください。https://www.youtube.com/watch?v=NFju9d90dQEトレンド方向や転換点をどのように捉えればよいのか。良いヒントが得られたでしょうか。MA20とOpenMA3+CloseMA3(or 高値HMA3+安値LMA3でも可)OpenMA3+CloseMA3がMA20の下に位置すればダウン...

  • 単なる手法論でなく根源を抑える

    勝てる手法・勝ちやすい手法は多々あります。結果重視や聖杯探しで粗雑な手法に拘るのはもうやめませんか。どこを探しても100点満点のものなど存在しないのですから。Aさんから「これがいいよ」と薦められた手法が、Bさんにとって「いいもの」とは限りません。そこには個人の感性や性格による個性差があるからです。移ろい易い流行りの手法ではなく、その根源にある「勝つための要件」を冷静に分析してみて下さい。個々の手法につ...

  • MT4が重い場合の対処法

    当方の推奨するインジを多数表示すると相性によってはMT4が重くなるといった現象が起こることがあります。その場合どのように対処するのがいいのか、XMサポートに尋ねたところ、親切丁寧にご回答いただいたのでご紹介します。以下はその内容。---------------------------------------1)アンチウィルスソフト等を搭載されている場合、一旦停止又は設定変更して改善が見られるか確認2)容量等リソースを多く使用するプログラムなど...

  • 今後の展開予想-GBPUSD

    現在のGBPUSD→今後の展開予想ピッチフォーク的なラインを引いてみました。エリオット波動では現在第4波の揉み合い中で、きれいなトレンドは出ていません。(日足レベルでは上昇トレンドが続いています)第5波が第1波と同じ値幅分見込めると仮定して、直近高値の1.3373(600pp)までの上昇が予測可。下向きチャネル上限上抜けが明確なエントリーポイントです。まだ下降する余地は残っているので、出来るだけ下に引き付けての上狙い...

  • Wボリンジャーバンドでの着目点

    チャートの観察にあたり、単に現在値のみを重視していたのでは何も分かりません。結果論として縦軸オンリーの寒暖計の上下運動として認められるだけです。気温が低くなれば下へ、暑くなれば上へ。現在値を見るには「ここに至る経緯--背景」が大事なのです。「チャートの左側に答えが書いてある」とは、迷える子羊達にとって刺激的な言葉と受認できます。しかし、無限に引ける過去の高安値水平線だけでは、どれが本物の答えなのかが...

  • 落ちるナイフを掴んでみた

    今週のGBPUSDは月曜日から大きく上昇しました。「ブレグジット党が与党の保守党と議席を争わない方針だ」とのニュースを受けてのことだそうです。火曜日(昨日)はその上昇分の61.8%戻してきました。昨日の下落は、東京時間高値を越えられずに当日始値を下抜けした辺りから見当は付くはずで、ショート狙いは逆張り承知で時間限定なら参加してもいいでしょう。本命はこの下落以降を獲りに行くことです。落ちてきたナイフを掴むようで...

  • 酷くなる香港情勢

    本日のGBPUSDポンドドル日足で見て、10/28から5日間上昇して11/1を頂点に11/8(先週末)で5日間の下落。5--5のテンポで一山作ってきました。且つ日足・4時間足レベルZIGZAGフラグが表示され、軽く転換するのか、まだダウントレンドが継続するのか微妙で見分けがつかない状態です。(15:50現在)エリオット視点で観察すると第4波形成中にも見え、チャートパターンとしても安値で数回戻されるでもなく切上げラインが引けるでもなし...

  • 上手なトレードをするコツ

    上手なトレードをするコツ4~5年FXを経験してもココ正確に理解出来ていない方が多いので総括してみました。1)一言でいうなら「正しい環境認識」 現在の位置がどういう場所なのか、良く理解出来ているでしょうか。 例えば、「本流は下降」だが、これから調整局面に入るので「少し上昇するだろう」とか。 この流れが分からないと狙いのポイントが定まりません。 ただただ値頃感という感情に従っていては運を天に任せるも同じ、...

  • ポンド円に注意

    GBPUSDはこの3週間近く高値圏で揉み合い、現在Wトップのネック近辺に位置しています。日足レベル観測では長期目線はまだ「上」保持優勢。(中期サイクル的には9/20高値までの下押しは十分考えられるので安易な上狙いは禁物)GBPJPYも同様のレンジで、エリオット第4波でのもたつき相場と理解しています。そうこうしている間にも日足BBが凝縮し、拡散間近が見て取れます。USDJPYとGBPUSDが上値余地あるなら、ポンド円もその影響を受...

  • 当日始値・PIVOTに注意

    気付いたらもう11月。今年も残すところ2か月になりました。皆さんのトレードスキルはアップしましたか?英ブレグジットはまたしても延期ということで肩透かしを食らった感がありますが、EUとの合意ありの離脱に落ち着きそうな気配です。当方がポンドに魅力を感じる点としては、分かりやすい波を描いてくれること。殺人通貨などの異名を持つ通貨ながら、波を理解できるようになれば扱い易いものに変身します。レンジ相場の多いドル...

≪前のページ≪   1ページ/1ページ   ≫次のページ≫