RSS

2019年危機


■藤井聡 京大教授の経済予測
https://www.youtube.com/watch?v=6gk1XK6B0EA

2019年危機が迫っている---安倍政権の失政について

要約すると、今回の政府判断「景気は緩やかに改善している」は間違っている。
現在の景気は再デフレ化に向かい進行中である。
 →統計的にも内需GDPはマイナス0.18%(消費は冷込み衰退縮小化している)

3年以内に景気がどん底へ転落する理由

1)国債発行額を8年連続減額している
2)消費税10%へ増税予定(2019年秋)
3)政府の「働き方改革」残業代規制による実質賃金の目減りは8兆円規模(これは消費増税3%相当)
4)オリンピック特需の消滅


また、先月29日の北朝鮮による改良型大陸間弾道弾「火星15号」はアメリカ全土を標的にするとのことで、アメリカによる先制攻撃が現実味を帯びてきました。

もっとも、2018年韓国平昌冬季オリンピックが終わる2月25日以降の仮定の話。

株も為替も要注意です。


ドル円の話。

昨日ブログ記載の期待通り、とりあえずはフィボ50%で止まりました。

フラクタルの法則が生きていました。

現状のカタチではまだ、下が6割・上が4割の可能性。

追撃を専門とするため、予想は得意としないし、予測しない。

思い込みによる偏向バイアスは冷静なニュートラル判断を妨げるだけ。

ただ単純な短期先読みは心掛けるが。

月が変わり1年の最終月ともなれば、利益確定の手仕舞いが始まる。

薄くなった商いではランダムな動きが多くなります。

20171202-1.jpg

昨夜の米)指標発表の内容が予想に反して悪く、ドルが売られました。

こうしてみると、テクニカルはファンダメンタルも包含するのかもしれません。

(注//FOMCなど金利に関する指標発表は例外です)


----------------------------------------------------------------------------------

久々にライントレード受講生を募集します。

レッスン生募集3

確実に勝ちを積み上げる方法---探せばあるものです!


講義内容を簡略化して時間の短縮をしました。(約10~15時間以内で習得できます)

【詳細】
■レッスン内容//ライントレードの基礎知識全般。質問・疑問、勝つための思考方法、その他相談にも応じます。
■方式//スカイプとビューアーによるマンツーマン個別レッスン
■人数//若干名
■費用//有料(時間数やコース別で異なります)
■条件//スカイプとビューアー使用可能でMT4の操作が出来る方。

全て柔軟に対応します。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す