RSS

水平線トレードに思う

素朴な疑問

「インジは不要、水平線だけで勝てる」と主張する方がいます。

本当だろうか?

本当にしても、相当に手馴れた経験者の言葉としてなら頷けるのだが、果たして初心者に

真似できるのか。

自分で引いたラインを信じられるようになるまでに、かなり時間がかかることを承知している。

初心者のうちは、自分で引いたラインを信じきれないもの。

だいたい初っ端から自分を信じていない。

信頼に足る根拠もなく、ただ自分を信じろといっても出来っこない。

チャート画面に何もインジがないほうが、見た目スッキリで実に簡単そうに見える。

確かに見た目はいいのだが、奥に隠された「原因→結果」が見えてこない。

チャートは2次元思考では解明できないと言うのが、個人的な思いだ。

「この水平線を抜けたからエントリー」という表現は、粗雑で乱暴過ぎる。

何をもって「抜けた」という結果判断をするのか?

エントリーするタイミングは何処なのか?

明快な答えが欲しいのに、素朴な疑問は数多い。

上手く行ったとしても精度の低いトレードに違いない。


レジサポの位置と強弱、相場の加熱度(買われ過ぎ・売られ過ぎ)、「原因→結果」による

再現性と優位性の発見、これらが兼ね備わってこその「よい経験」であるはずだ。

水平線だけでは勝った負けたの結果しか残らない。

理由もなく勝ち、理由もなく負ける。

(言えることは、このラインを抜けたから負けた、勝ったなどの脈絡のない答が残るだけ)

「結果は負けだが良い負け方だった」「勉強になった」。こんな考えには至るまい。

ここから将来の自分にとって有意義なロジックが生まれるだろうか?

「この原因があるから先の結果に繋がった」という、チャートをテクニカル的に解明することで、

摂理にも近づけるし、動きの原理が見えてくる。

FXはバクチではない所以がここにある。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す