RSS

景気の先行感に暗雲か?

景気の先行感に暗雲か?

2月に入り先週は荒い値動きの連続でした。

何かが動き出した気配がします。

むやみやたらに根拠なく危機を煽ることは言いたくないので、チャートの現状を探り、冷静に観察分析したいと思います。


■ドル円

長く続いた三角持合相場の先端に近くなってきています。

いずれどちらかに弾けるでしょう。

どちらかは断言できませんが、下方向ならトランプ大統領誕生以前の2016年8月安値までは余裕で下落します。

20180210-1.jpg

(週足)日銀により作為的に押し上げられた円安相場にも限界が見えてきました。


■日経225

2015/7月高値(20,880円)と上昇トレンドラインという強いサポートが破られない限り、現時点では調整局面であり押目です。ただ今後上昇しても高値更新できなければ切り下げラインが機能して、強い下降バイアスがかかり目線の切り替えが必要。

日経平均株価はNYダウの影響をもろに受けます。

20180210-2.jpg

上図はTradingView週足チャート。

FXDDのMT4チャートでは2015/7月高値を下抜けて反発、日足で下ヒゲ陽線になっています。

どちらが正しいのか不明。

20180210-3.jpg


■NYダウ

週足チャートを見る限り未だ調整のカタチ。切り上げラインも下抜けていない。

ただこれだけ大きく急落するのは少々異常で、市場が行き過ぎを感じ始めている証拠。

日経225と同じくここで高値更新が出来ずに切り下げラインが引けるようなモタモタ持合になると更なる下落もあるので警戒が必要。

NYダウ


■シカゴ・オプション取引所(CBOE)VIX恐怖指数 

日足チャート

VIX.jpg


■S&P500 VIX恐怖指数

VIX_S&P


2月に入りNYダウの急落が世界中に荒い値動きを起こしました。

単なる行き過ぎに対する調整で収まるのか、現時点では分かりません。

平昌冬季オリンピック後の朝鮮半島情勢に十分注意しましょう。

北朝鮮にICBMで脅されて黙って引っ込むアメリカではないはず。


大きく乱高下してくれるのは、ただ付いて行く身にとっては大変有難いものです。


-------------------------------------------------------

レッスン生募集3 

    すべての面で柔軟に対応します。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す