RSS

FOMCその後

2018/03/23(金) USDJPY

米国FOMC政策金利アップの発表を受けて、この二日ドル売りが止まりません。

3/2の安値をあっさり下抜けし、節目の105.00を割って104.600まで下落。

現在は104.780付近。

金利上昇によるインフレ懸念」とやらで、従来の「金利アップ=ドル買い」のセオリーは

崩れ去りました。ネガティブな側面が強調される潮流が、世界の主流になりつつあります。

「行き過ぎたグローバル経済」を是正するかのように沸き起こったトランプ「行き過ぎた保護主義」

の台頭。TPPが良いとも思いませんが、貿易関税の高課税も懸念されます。

「中庸」にはならないものか。

まさに世界貿易戦争が起きており、先行きは不安に満ちています。

東アジア情勢も北朝鮮という得体の知れない怪物がうごめき、不安を増幅させている。

国内はというと森友国有地不正払い下げ問題が尾を引き、安倍政権の経済政策も中途半端で頭打ち。

いつまでたってもデフレ脱却出来ない。

政治屋と官僚の癒着をまざまざと見せ付けられた国民に残るのは「政治不信」だけ。


今日はどの通過ペアもボラが高くなっています。

USDJPYは昨日の倍近いので、注意したい。

もっとも、高ボラのときほど地合観察しやすいし短期MAを使ってのエントリーも楽。

USDJPY

20180323-1.jpg


EURUSD

20180323-2.jpg


GBPJPY

20180323-3.jpg


-----------------------------------------------------------------------

必ず結果が出せる「MAの三段活用手法」

右上のブログランキングバナーを押していただけると励みになります。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す