RSS

今週はポンドで

ドル円は上昇基調ながら連日小動きで108.00円の下で迷走しています。

この上値抵抗を抜ければ本物の上昇トレンドになるでしょうが、週足レベルの大きな波のサイクルは

まだ下目線継続であり、タッチで蹴落とされる可能性もあります。

それなりには動いていますのでデイトレの餌としては充分でしょう。

しかし当方にとっては何か物足りない。

そんな訳で今週は、ポンドの動きに注目していました。

GBPUSDは火曜日に高値をつけたあと、水曜日欧州時間にTLを割ってきたため下目線に。

これを 変化の前兆 と捉えていたところ、17:30の指標で大きく下落。

昨日木曜日夕方は一度下値を狙うも反発上昇。21:30で上昇ストップ。

そのあとは戻り高値1+2+3のチャートパターンに嵌って150pp急落。

当方がトレードしていたのはGBPJPYですが同様に急落。

分かり易いトレンドでした。

20180420-1.jpg


20180420-2.jpg

毎日指標発表がありましたが結果はパッとしないもので、動いた材料は後付けで出てくるもの。

テクニカルの範疇に収まるものです。

指標は気にせずにテクニカルのみの展開に注目し観察していました。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す