RSS

通貨の強弱

■通貨ペアを選ぶ基準

「広く浅く」か「狭く深く」かは、自分の考え次第。

自分の得意戦法に絞り、多くの通貨ペアを観察してその中から好機を狙うのか、

ひとつの通貨を限定して追いかけ、数種の得意手法を駆り出すのか。

方法は色々です。

経験のないマイナー通貨は特性を弁えないし、スプも広いのでどうも、と敬遠される方もおります。

だからと言って、毎日ドル円だけを追いかけても、大きく動くチャンスにはそうそう巡り遭えない。

(初心者のうちはドル円などの低ボラ通貨で勉強するのはいいことです)

通貨ペア選択にあたり、チャート観察だけで選ぼうとしても迷うことでしょう。

そんな時に重宝なのが、強弱関係を表示するインジ

目新しくありませんし、今更ここで扱うのもどうかとは思いましたが。

今日はこの話をします。

探すと幾らでも見つかりますね。


◎CM_Strength.ex4---データ処理が遅いのかPCが重くなる

CM_Strength.jpg


◎FFx-Universal-Strength-Meter-Indicator.ex4

削除できなくて苦労します。

FFx-Universal-Strength-Meter-Indicator.jpg

軽くて便利なものが他にも沢山あるのですが、ロジックが見えないものは嫌ですね。


お奨めなのは、

◎old CCFp & alerts.mq4

CCFp.jpg


◎HT_Currency_Rank_V2.01.ex4

http://htfx.blog.fc2.com/blog-entry-145.html

HT_Currency_Rank_V2.jpg

強い通貨と弱い通貨の組合せを狙う。

HTさんのものは親切に方向性も示しています。


20180501.jpg

大きなアバウトな流れはCCFpで捉え、小さな鼓動はCurrencyRankで捉えると、

こんな感じになります。(併用例)


最近はポンド系の通貨ばかりを観察しています。

大きな流れに逆らわなければ、最終的に上手く行くものです。

GBPUSDは日足で引ける長期TLを下抜けて来ました。

連続11日の下落。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
20: by さくら on 2018/05/01 at 21:34:42

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

▼このエントリーにコメントを残す