RSS

今日の展開

今まで沢山のインジケーターを検証してきました。

それは聖杯探しの旅をしていた訳ではなく、有意義な翻訳ツールを模索していたと言ってよい。

インジは共通認識言語を上手く伝達するための手段でもある。

そこで分かったことは、星の数ほどあるがどれも同じということ。

違いは、敏感であるか鈍感であるかだけ。

両者には利点欠点が同じくらいある。

敏感なものは、敏感という利点があり、またそれが欠点にもなる。

鈍感なものは、鈍感という欠点があり、またそれが利点にもなる。

早ければよいというものではなく、遅いから悪いというものでもない。

早く察知するものはダマシに会いやすく、遅いものはチャンスに乗り遅れる危険がある。

しかし遅いものはダマシをスルーできる利点があり、早いものは遅れることはないが翻弄されやすい。

いずれにしても使う側の人間である自分が、自己の感性に従い中庸たるものを選択することになる。

聖杯などあるはずないのは当たり前。

インジに聖杯を求めるのは愚の骨頂でしかない。

どういったポイントが抵抗になりやすいのか、高安値の抜け反発を判断するスキルの向上にこそ、

聖杯たる思考が隠されている。

さて本日の展開です。

今朝はドルが弱くAUDやGBPに勢いがある。

通貨間の強弱を測る場合は、米ドルをメインに考えればいいので簡単です。

20180516-3.jpg

EURUSD

20180517-1.jpg

AUDJPY

20180517-2.jpg

GBPJPY

ポンド系は大きく動く前に2~3度のダマシが発生します。

特に欧州時間に注意が必要です。

感度の高いインジでは翻弄されて往復ビンタを貰うかもしれません。

切り替えし(目線の変更)を上手に行うのが成功の鍵。

さて、今日はこれからどんな動きをするのでしょうか。

どうすれば追従できるのか、その方法を考えることにこそ価値があります。





スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す