RSS

窓明けの捉え方

昨日月曜日のドル円は窓を明けて上昇。EURJPYとAUDJPYもギャップアップ後そのまま上へ。

ドル円は上値重くて戻ってきています。

窓明けの捉え方は、「抵抗帯として意識される」くらいに考えておけばいいでしょう。

20180522-1.jpg

ドル円は3/26以降上昇を続け、さしたる戻りをつくることなく上昇一途。

そろそろ戻り調整の段階に入っても可笑しくありません。

2017/1/3の高値と11/6の高値を結んだ延長上に差し掛かってきました。

米朝会談が開催されないとなると、何がしかの変化があるやもしれません。

地政学上のリスクがなくても、テクニカル的にみれば、そろそろ感は拭えません。

今後のドル円下落に注意が必要。



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す