RSS

一攫千金を夢見る功罪

FXで結果を残すのはそれほど難しいことではありません。

巷で目にする情報では、スキャルは誰にでも簡単に攻略できる方法かのように広まり過ぎています。

スキャルといえば超短期の動きだから1分足・5分足の観察が最適であるかのように伝えられ、

目先の動きめまぐるしいカオスの世界へと没入した挙句、立ち位置を見失い迷子になり、

金品を剥ぎ取られて茫然自失。初心者によくある話です。

カンタンで楽して儲ける方法はないものかと、ロジック不明の有料商材を渡り歩き、それも

上手くいかず、気付いたときには知識・経験も 何も有意義なものは手にしていない。

勝ち方はプレイヤーの数ほどありますが、負けるのは共通した たったひとつの要因。

資金の管理です。

損切りできないタイプの人が陥るワナ。

そして、損切りできるタイプの人が陥るのは損切り貧乏。

原資に対して常軌を逸した高すぎるレバを掛け、リスクを負いすぎるトレードは長続きしない。

スキャルはとっつきやすくカンタンそうに見えるが、実は反対で難しい。

スキャルが難しいだけなのに、FX全般が難しいと思い込んでしまい、身構えるとトツボにはまる。

聖杯探しの旅は時間のムダですよ。

こう言う当方も過去にはスキャル攻略に尽力した経緯があります。

勝率もまあまあで納得いくものでしたが、頑張った割りには果実が少ないので、最近は敬遠がち。

しかしデイトレ目線で臨む際に、執行時のタイミング把握でスキャル的な感覚が必要になるため

その経験は役立っているのだと思います。

他の人が勝てる手法でも、自分が使えるとは言い切れません。

トレードスタイルには個性があるからです。

個人の好みや適性を無視し、画一的に扱っても同一の結果は生まれないのです。

近道しようと危険を冒すとひどい目に遭います。

急がば廻れで、自分流(自己流ではない)の手法を時間をかけても探す。

地道な努力が実を結ぶことを期待して。

一朝一夕に億万長者を夢見ることなかれ!

情報は宝、一攫千金が叶うほど甘くありません。


レッスン生募集4




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す