RSS

チャートのパワーバランスを読み解く

チャートは何の規則性もなく上下動を繰り返しているように見えていて、実はそうでもない。

時間足が短くなるほど規則性が見えてこないようになっている。

この観察には、規則性の根拠となるべきものが単一でないため、複数の尺度で測ってやる必要がある。

ひとつひとつの根拠は聖杯と呼べる代物ではないが、複数集まることでそれなりの価値を持ってくる。

「これはいける!」と太鼓判を押せる精度のものでなくとも、「ほどほど有効」なロジックを幾つか同時並行に当てはめ、その中のいくつが適合しているのかで、局面の雰囲気・感触を掴むことができる。

根拠のないエントリー、所謂「値頃感トレード」は虚々実々として、経験を重ねても得るものはない。

練習として、エントリーの際は必ず、瞬時に言える「明確な根拠」を列記してみるのもいい。

成功トレードには「明確な根拠」が片手ほどあるものだから。

根拠のないトレードはしない、これを守ることで参加回数は減り、無駄なトレードはなくなる。

根拠に各々比重レベルを付けておき、強さ加減を按配してやることで、過熱感も測れる。

慣れてくると天井と底が凡そ読めるようになり、シナリオが楽に描けるようになる。

短期足でスキャルに専念していると方向感を見失いがちになる。

1分足チャートで方向とタイミングを上手く掴めたとしても、視野が広がっていなければ短命に終わる。

1分スキャルは短時間だけ上下のサイクルに乗ればいいので誰にも出来て楽そうだが、簡単ではない。

砂漠の砂の中から1本の黄金の針を探し当てる如くの、難解なカオスの世界は敬遠したほうがいい。

やるにしても1時間足を基準にした15分足(or5分足)でのスキャル。

話が逸れました。

どうやれば加熱度を感知できるのかのテーマでした。

一般的にはボリンジャーバンドの±2σやエンベロープ、ATRバンド、オシレーター系ではCCI・ADX・

その他諸々。と言ってもこれら全てを表示する必要はありません。

個人的には4時間足や日足の±2~3σを基準にして観察している。

経済指標発表時でも、この基準を突き抜けて飛んでいくことは稀で、日足PIVOTのレジサポが1日に

動けるMAX範囲と考えてもよいほどだ。

指標時においては、確信があれば1波狙い、若干の不安があれば2波の逆張り、2波までの経緯をみて

第3波からを狙う。何処からでも狙える。

決め付けはよくないが、買い方と売り方の1日の攻防には限界があると見てよい。

そして「いつも思考はニュートラル」を心掛ける。

使い慣れたツールが根拠にもなる。

一番信頼おけるのは何と言ってもメインチャートに引いた任意の水平線と斜め線。

そして4時間のチャートパターン認識は鉄板。

RCIスパイダーは我が得意中の得意。

「RCIで売られ過ぎ買われすぎの過熱度をみる」と言ってる方がおられるが、それは大きな間違い。

これは時間足毎の周期性を表すに過ぎない。加熱度など分かるはずもない。

方向とタイミングを見計らい、相手の行動パターンを読みきってから寄り添うように波に乗る。

根拠数が多ければ多いほど自分に自信が持てるはず。

第六感や気まぐれではなく、学びから得た第三者に説明可能な根拠。

これらは実践から学ぶことが出来る。ロジックとまでは言えないアノマリーもあるが、信じきる。

詳細はここで公開できませんが、拠り所となるのはインジのサインではなくロジック(思考)です。

孤独なままに一人トレードしていても、マンネリに陥るだけで向上しない。

やる気があり根気があれば独学で成功も出来るが成し遂げるまでに時間がべらぼうに掛かる。

ひとつひとつの気付きが時間の集合体だから致し方ないのだが。

「先達はあらまほしきことなり」


レッスン生募集4




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す