RSS

ボリバンを再検証してみよう

FX初心者の頃、視覚的に煩わしい線だらけのチャートを見るのが嫌で敬遠していたボリンジャーバンド。

それだけでなく、±2~3σにタッチしても止まることなくグイグイ伸びていくのをみて、

「これは使えない」とためらいなくパスしたことを思い出します。

  ±1σの範囲内に収まる確率---約68.3%

  ±2σの範囲内に収まる確率---約95.4%

  ±3σの範囲内に収まる確率---約99.7%

トレンド時はプライスの伸びと共に±2~3σラインも同じ方向に進むのですから、「ここがMAX」と

ドテンを仕掛けても失敗の連続。

収束確率99.7%という謳い文句が空しく思えたりしました。

しかし、なぜか完全に見限ることができず、再考したのは、1年も経ってからのこと。

レンジのとき、トレンドのとき、同じ基準で見ていたのでは駄目じゃない?と思える

こころの余裕が生まれてから。

BBには利点も多く、収束拡散の状況判断ができる、加熱度が測れるなど、初心者にとって優れた面もあります。

ならば、ビジュアルでゴチャゴチャが嫌なら、表示非表示選択可能な仕様にすればいいし、

カレント表示で複雑な部分は、上位足MTFで観察してやればいい。

こうすることでマイナス面は解消されていき、任意で引いたラインが際立ってくる。

要は「使い方」の問題だったのです。○○とハサミは使いようで切れるものです。

ボリバンはひとつの例で、初心者にここまでの工夫を求めるほうが無理というものかもしれません。

結果を常に確保できるようになるまで数年掛ってしまいました。

教えを乞える師匠がいれば時間は大幅に短縮されたことでしょうに。

1時間チャートで観察するとして、4時間と日足のBBを同時に併せみて、

各々の±2σをオーバーしているか否かで、加熱度が測れるというもの。

4時間3σタッチで長いヒゲをみて、他の複合条件がはまっていたら即断速攻もできる。

また、%Bインジはサブウインドウのボリンジャーバンドで、非常に使い勝手がいい。

RSI・ストキャス・MACDなど、サブウインドウ系オシレーターインジで確認できるダイバー表示が、

これでも同様に見て取れる。

MACDダイバーと比較すると、このダイバーは時間経過が短期ですみ、見易く、早い判断ができる。

これも使い方次第で武器になります。

ブログに記載したくないのですが、今回はサービスしますと、

「BBバンドウォークは±2~3σの間で起きる」ことを逆手に取り、±1σを抜けて戻りをつけた所で

狙ってやる。±1σを外れたということは「BB-walkが終わった」ことを意味します。

普通はミドルバンド(20MA)を基準にするのですが、それでは遅いのです。

この思考を使うと早めの仕掛けが可能になる。

±1σからの戻り+ダイバージェンスが確認できる=高確率での方向転換

(orそれまでの伸びが一旦休止)を意味する

検証と経験を踏まえた結果、非常に有効なロジックであることが分かりました。

根拠が見えないとリスクが大きいように思えエントリーを躊躇する局面ですが、ミドルでINしても

リスクは同じです。損切りポイントが明確で、ダメなら切るだけ。

%B小技

人間と同様に、チャートでも迷うことがあります。

迷走チャートはその先がメインチャートでは見えないので、方向が決まってから追従するのですが、

%Bでは先が見える。

使いようで切れるハサミのようです。

教科書に載っていないブログに書けない小ワザロジックはまだまだ沢山あります。


PCを離れていても決断実行の場面を知らせてくれるものがないかな?という要望があり、

サインと音声をつけてみました。

矢印サイン表示は、親切なようで思考を停止させる働きがあり、好きではありません。

普通の人間は矢印サインが目に付いた瞬間、盲目的に自分で考えなくなるのです。人間のサガ。

考えて思い悩むことは避け、楽なことを選択する。水が高い所から低い所へ流れるように。

私は天邪鬼なので逆の方向を狙いたくなる性癖を持っています(笑)。

そんな個人的な思いは捨て置き、巷の有料商材まがいのテンプレートを作ってしまいました。

「お知らせします。ドル円 15分チャートのサインを確認して下さい。

方向性は1時間の短期サイクルに従い、エントリーの際は5分以下のタイミングに合わせて下さい。」

などとナレーションします。

これが果たして、知力育成になるのかどうか、甚だ疑問ではあります。


レッスン生募集4




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す