RSS

サブウインドウから見たブレイク

最近の米雇用統計は発表と同時に乱高下せず、後でじわっと来る傾向に変化したようです。

昨日週明け月曜日は日本・アメリカ・カナダが祝日で休場ときて、動かされやすい環境にあった

せいか、主要通貨ペアは軒並み大きな動きを見せました。

ドル円は113.00を割り込み、連られてユロ円・ポン円が下落。

今回はこの美味しい相場をサブウインドウから眺めたいと思います。

「タイミングを計る」即ち「これから起こる変化の初動を発見しその波に乗る」こと、です。

非常に精度の高いツールで、メインチャートの現況を正確に表しています。

その他様々な変化を察知すれば、初心者でも初動を捉えることができるでしょう。

欧州時間のスタート時は注意したいものです。

20181009-1.jpg

この図のカタチをサブウインドウでのパターンとして記憶すると役立ちます。


レッスン生募集4


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す