RSS

世界経済減速懸念

国際通貨基金(IMF)は10月9日、世界経済の成長率予測を2年ぶりに下方修正した。

貿易摩擦のエスカレートや新興国市場への圧力を背景に、世界経済は伸び悩むとの見解を示した。

中国の来年の成長率予想については、関税の影響を踏まえて3カ月前よりも0.2ポイント引き下げ

6.2%とした。ユーロ圏は今年前半の予想より弱い成長を受け、今年の成長率予想を2%と、7月

時点の予測より0.2ポイント下方修正した。

一方で日本の今年の成長率予想は1.1%とし、7月の予測から0.1ポイント引き上げた。

(以上引用元:Bloomberg)

今日現在でNYダウが下落しています。

今後はどう見ても上昇するようには思えません。

Apple株が先行き不安から売られ、伴って半導体の需要減速懸念で半導体株も売られる。

20181123-1ダウ

原油は10月初旬から引き続き急激な下落進行中。

20181123-2OIL.jpg

サウジ皇太子による記者殺害事件(確定)や、トランプのイラン制裁・核合意離脱ときて、

OPEC諸国にも温度差が。供給過剰で下落基調になりました。

来年からの世界経済は、景気後退の局面に入ってもおかしくありません。

こんな中、わが国は来年10月から消費税10%に増税だそうです。


レッスン生募集4



スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す