RSS

波乱のスタート

1/4(金) 東証大発会 一時700円以上値下がり 波乱含みの幕開け

Yahoo ニュースより

12:00時点で19,407円 -607円

--------------------------------------------------------------------

昨日朝のドル円 円買い爆下げは相当なインパクトでした。

正月浮かれ気分も吹っ飛び、被害者は相当多く、ご愁傷様としか言いようがありません。

 ○ 損失額をグチを交えて報告する人

 ○ ロスカット付けずにいて追証を被り悩む人

 ○ FXはカオス世界でギャンブルだから承知すべきと唱える人

 ○ 証券会社の瞬間スプレットの広さを訴える人 etc.

WEB閲覧していたら色んな方々の声が聞こえてきました。

皆さんに共通していることは、「一瞬のうちに下落した」という言葉。

本当に一瞬の出来事だったのかなぁ。

当方は週の持ち越しや月を跨いでの持ち越しは原則やらないし、市場オープン前は手を出さないこと

にしているため、こういう局面との遭遇は無縁で、臨場感ある解説は出来ません。あしからず。

検証のためドル円・クロス円を観察したところ、1時間足以下で急激に逆行している通貨ペアはなく、

殆どが数時間前から下降の流れを形成しており、最後のトドメの一撃だったことが伺えます。

このため、カオスとかギャンブルだとかは当たらないと考えます。

5分足1本で上下100pp乱高下しているならカオスと呼んでもよいでしょう。

しかしそうはなっていない。1時間足でみても綺麗に下降波を形成しており、下落はその一部。

反対ポジを握っていて切れないまま長時間ホールドして、その末の結果だったのではないでしょうか。

贔屓目にみても、短期目線でテクニカル的にLのチャンスサインが出ている場所でもありません。

新規でLのINはしないし、持ち越しホールドしていたにせよ踏まれ過ぎで損切りレベルを越えている。

危機意識のアンテナ感度を疑うべきです。しかも季節要因薄商い期を考慮すればリスクは更に高まる。

通常の判断能力であれば避けられた局面なのでは。

自主退場していればノープロブレムでした。

しかし、擁護する部分もないわけではない。

切れずに持って眺めてしまったのには別の要因があるのではないかと、

私なりに考えるところがあります。

(切るべくして切れない性格やルール破りは問題外とします)

それは、証券会社の「スプレット」の広がり。

瞬間的に広がるスプは会社により随分異なります。

DMMでは7:40の時点で、USDJPY 54.4pp、EURJPY 52.1pp、GBPJPY 99.9PP、

AUDJPY 99.9pp、NZDJPY 99.9pp。めちゃくちゃ広がっています。

ヒロセはこれ以上で、他と比較しても国内で最も広い。

最小なのはクリック証券、USDJPY  0.3 → 2.4 → 4.4 → 8.0 途中値飛びあり。

スプレットが正常値に戻るまで我慢しようと思っていてズルズル引っ張られるケースが怖い。

証券会社がノミ行為で儲けられる絶好のチャンスが暴騰暴落のドサクサ相場。

後の祭りや後付けにさせない検証は大切です、他山の石として教訓にしましょう。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」と渡って轢かれて即死する。

FXでは、学校で習った「右へならえ右!」は通用しないんです。

ヒントは、

「ひとの行く裏に道あり花の山」

 ヒトはボクを「へそ曲がりの天の邪鬼」と呼びます。


NYダウ 日足 順調にダウントレンドになってきています。リセッションです。

20190104-1.jpg


【今日のお奨め動画】

中国がヤバイことになっているようです。

https://www.youtube.com/watch?v=_4AiRCmkZz4

https://www.youtube.com/watch?v=ttlXO7_jBbs


レッスン生募集4




スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す