RSS

2012*10*02

どのインジケーターよりも早く次を示唆してくれるのが、ローソク足。


いまもTRIXとMACDを比較していますが、1分足で確認した限りでは、


今日はMACDが優位でした。


表示に関しては、チャート次第、つまり証券会社サーバ次第のようです。


TRIXは、動きの値幅が少ないと、正確には行かないようですね。


(値幅のないときは、やはり静観がいいようです。)


ファストラインの色の変化直後にINするのは危険で、お薦めできませんが、


そのくらいのタイミングで丁度いい場合もあります。


あくまでも参考なので、あまりインジに頼らないのが賢明。


動きのあるときはどれを使ってもに普通に獲れます。


道具がいいわけではありません。


やはり、


ローソク足の動きが基本です。


レジスタンス・サポートの裏には、


売りに勝る買いの勢力や、買いに勝る売りの勢力が存在するということですね。


所謂、力学。


巨大な資本家は巧みにこれを破るなり、揺さぶりをかけて動揺させてくる。


イワシの大群を飲み込みながらクジラはますます巨大化する。


彼らの戦略の裏を読むのは簡単ではありませんが、何かきっかけがあるとドカンと動く。


そこのとこを捉えて付いていきたいものです。









スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す