RSS

来週の展開

ドル円:この1週間は2/14の高値(111.12)を上抜け出来ずにいます。

週足では2週連続の下ヒゲなしの上ヒゲ陽線引けを見れば上昇勢いも相当に強いことがわかります。

上値は月足20と週足20がダブルで向かい討つカタチで対峙していてボラがなくなってしまいました。

シナリオとしては、①堪えきれずにそのまま下落 ②少し下落し弾み付けてレンジの後再度上値トライ

一気に下落の可能性は薄いとみて、Wトップなどのパターン出現がないとSは狙えません。

ここで勢いが削がれ上値諦めムードが漂うか、様子見となりそうです。

エリオット的に5波付けたようにも見えます。現状では判断が難しいところ。

ポンドドル:月足タイミングは上、週足は下ということで、日足は若干上昇後の下落が示唆されて、

結果三角持ち合いになるのではないかと思います。

英議会のブレグジット採択動向次第です。

①合意しての離脱 ②合意なしの離脱 ③結果先延ばし→延期 ④総選挙→再国民投票

さて何も進展せず時間が過ぎるだけ、どうなるのでしょうか?

来週 2/27(水)・28(木)には二回目の米朝会談がベトナムハノイで開かれます。

2/26(火)19:00 英国要人発言が立て続けに、2/28(木)は各種指標発表が予定されており要注意。

ポンド円:145.00の上値ストップ、小さな調整チャネル内での動き。

短期目線では目先一旦下へ落ちて来そうに見えるがまだ上継続で。

月曜日午前中はやはりポンドル同様様子見が無難なようです。

20190224-1.jpg


レッスン生募集4


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す