RSS

久々のスキャル

ニュースで知り得る現状は、米中貿易協議の妥協・延期というか中休みが、英国EU離脱も延期に向けた

報道がされるなどして、ややリスクオンに傾いているようです。

20190226-3.jpg

クロス円にはクロス円の論理があるとは言え、ストレート通貨の支配から逃れることは出来ません。

GBPUSD 1時間足

20190226-1.jpg

PFでの観察

20190226-2.jpg

GBPJPY 15分足(16:30現在)

20190226-4.jpg

短期をスキャルで捉えるときはタイミングが大事。(Lのチャンス--15時過ぎ)

20190226-5.jpg

そう安々と落ちてこないのでS目線は封印。エリオット的にもまだ上が。


レッスン生募集4


〈記事番号:1212〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す