RSS

FXに関するウソ

FXに関して、

 ①「FXに才能は必要ありません」、②「中高年でもグングン勝てる」という情報に関して一言。

これはウソです。

1回・2回はバカでも勝てる、3回・4回はマグレでも勝てる。

しかし知識や経験がないと100回は勝てない。

一回一回その都度全財産を投げ打って真剣勝負で連勝を繰り返し、毎回パーフェクトに勝利せねば

ならないということではなく、10回中8回勝って結果がプラスならOKと考えれば気が楽でしょうに。

負け(リスク)を承知し、マイナス分を織り込んで取り組まないと負ける恐怖心が判断を狂わす。

「負けを先行投資くらいに考えよ!」ということ。

継続して結果を残すためには常に、謙虚な探究心と勉学する気持ちは欠かせません。

今まで多くの方々と接してきた私の個人的な感想を述べると、

①「FXに才能は必要ありません」?→ しかしここで言う「才能」の定義は何でしょう。

 最終学歴ですか、職歴ですか、性別・性格的資質ですか、内容が実に曖昧です。

 学歴などは論外で、高学歴者が勝てるというデータがあるわけでもなく。逆に勝ち難い。

 また、社会的に経験を積んだ方が勝てるということもありません。

 公務員や銀行員、企業の経理マン、税理士、これらの方々が勝ちやすい傾向もみられない。

 経済分野やお金に携わる職業が有利ということもない。

結論を言えば、「才能」は必要ないが、「センス」という「素質」は必要です。

「センス」が「才能」の一部だとするなら、やはり「才能」は必要だと思うのだが。

②「中高年でもグングン勝てる」か?→ FXは性別・年齢には関係ありません(?)。

 → 若者でもセンスのない人は勝てないし、老人でもセンスがあれば勝てる。

これだけの話ではないのかな。

素直な性格、熱心な探究心、継続する力、柔軟な思考回路、自己管理、リスク管理。

これを世間では「能力」と呼ぶんじゃないのかねぇ。

私の経験からみると、女性の方が勝てている確率は高いように思います。

男性は、負けると頭に血が上り、取り返そうとするため負けが込む傾向があります。

男特有の闘争心の強さという性差が関係しているのだと考えられる。

一攫千金、一発逆転、ギャンブル脳、この思考でFXに向かうとイチコロでやられる。

大胆過ぎる人、小心過ぎる人、慎重過ぎて「石橋を叩いて渡る」ところを 叩き過ぎて壊す人。

この、過ぎる人たちは過ぎる部分を弱点と認識出来ていないのです。

社会生活上は長所でも、FXでは短所になることが多い。

社会の常識をFXに持ち込むと通用しない面もあることを認め、自己改革をしていくべきなのに、

頑固な性格だと自我を通すので克服できない。

屁理屈を言って反論する暇があるなら、脳と指先を直結する思考回路を反射神経で結ぶ訓練をする

べきだ。

「分かった気分」と「出来るスキル」は天と地ほどの、雲泥の差があり、全くの別物です。

チャート分析とは、アタマで妄想を廻らすシナリオ作りではなく、プライスと目安ラインの位置

関係を確認することで、ルールに従った根拠を発見する単純作業です。

メンタルは必要ないし、上記のマインドが必要だということ。

ブラックボックスロジックの矢印サインに命を預けるのでしょうか。

過去の失敗から学べる人は賢い。

だが、失敗し過ぎて学んで悟ったときには後の祭り、再起不能なんてこともよくある。

センスが欠けているなら素直に認め、自分を磨いてやる。これも能力です。

「転ばぬ先の杖」、あなたの備えは万全でしょうか?


レッスン生募集4

〈通算記事番号:1221〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す