RSS

景気と太陽活動

月の引力が地球に及ぼす自然現象として誰もが思い浮かべる「潮の干満」。

女性の生理現象など地球上の生物・人体にも大きな影響力を持つ宇宙天体、不思議に感じますが

科学的に立証されたれっきとした自然の現象です。

バイオリズムとかがブームになった時期もありました。

地球にはたらく太陽と月の引力の比率はどのくらいなのでしょうか?

http://www.moonsystem.to/comp/page03.htm より引用

「太陽の巨大な質量は強力な引力を及ぼしますが、月に比べ大変遠方にあるために結果的には月の

引力が約2.2倍もの作用を及ぼすことになります。合成値とは、言い換えると起潮力のことを指し

ます。地球・月・太陽が直線に並んだときには、月と太陽の起潮力が一致し最大となります。

満月や新月の時には起潮力が最大となり大潮となります。

また、月と太陽が90度の角度になったときには、月と太陽の起潮力は分散し最小となります。

上弦や下弦の月の時には起潮力が最小となり小潮となります。」

月同様太陽も然り、迷信やアノマリーとして無視することなど出来ません。

(3/6~3/28は水星逆行期間---ボラが高くなりリズム不調になるなどしてオシレータインジが乱れ

るそうですからインジ頼りにならないよう気をつけてください)

太陽の話しに戻ります。

近年若干のズレがあるとはいえ、太陽活動(コロナ)に周期性があることは広く知られています。

今年はこの活動が弱くなるサイクルに当たるため、本気で注意すべき年になりそうです。

昨年夏頃から世界経済は減速すると主張してきました。

ドミノ倒しの一コマがいつ倒されてもおかしくない状況があり、条件が揃ってきています。

 ・イギリスEU離脱(英国衰退、EUへの悪影響)

 ・中国経済崩壊(米中貿易摩擦、技術覇権争い、台湾への武力支配)

 ・ドイツ銀行破綻(イタリア債務問題)

 ・北朝鮮を含む極東情勢(非核化と韓国、半島情勢)

 ・インド・パキスタン地域紛争(核保有国同士の争い)

 ・南米ベネズエラ経済デフォルトと内紛

朝起きたら「あれれ、、」てなことにならないよう、備えは万全に。

他人のピンチこそが己のチャンスになるよう、今から爪を磨きスキルアップしておきたいものです。

太陽の活動


【今日のお奨め動画】
妙佛中国情報 DEEP MAX

共産主義国家の別名は独裁国家!中国はすでに世襲の特権階級が仕切る国になっている

https://www.youtube.com/watch?v=2s2E0qO6bxw&index=16&list=PLxB5-g4ngmZQKc4lrIfGLtS7KAXuk1ou1


レッスン生募集4

〈通算記事番号:1226〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す