RSS

本日のポンド

ポンドは連日パターンに嵌った美味しい相場が続いています。

スキルの見せ所、先週は下げ基調の1日当り70ppだったものが、今週に入り200ppの上下行って来い。

じゃじゃ馬振りを見せてくれます。

乱高下ではあってもテクニカルで読める範囲であり、充分追従が可能です。

ドル円ではこうは行きません。分かる人にはポンドはお奨めです。

本日12時現在はWeeklyPivotレベル、日足20・4時間20に位置しており持ち合い、こう着状態。

動きが止まってしまい方向が見えません。

4時間足では「上」、1時間足では「下」を指しています。

ヘッドラインニュース:

メイ首相が欧州連合(EU)との見直し合意を経て修正したEU離脱案が、英議会で12日に否決された。
英国の政治的危機は一段と深まり、離脱の延期だけでなく撤回の可能性すら視野に入ってきた。

13日には→「合意なき離脱」の是非についての採決が行われる。

これが否決されると

14日には→「EUに対して離脱期間延期を求めるかどうかを採決する。
 「3月29日まで17日しか残されていない中、きょうの採決によって合意なきブレグジットの可能性は

大いに高まった」 <EU報道官> 

3/29まで秒読みに入ってこの混迷振り、呆れたものです。

何一つ決まらないのでは「合意なき離脱」もあるかと、更に現実味を帯びてきています。


本日は「合意なき離脱」の採決次第でまたしても大きな動きをしそうです。

(日本時間14日早朝予定)

欧州時間からボチボチっと様子を伺いチャンスあれば。

ファンダメンタルを無視して「チャンスパターンを確認してのIN」が機械になることです。

先行き分からないことは考えない、動きのみ重視、騙しにあわないように。

GBPUSDチャートでみるピッチフォークのラインが見事です。

20190313-1.jpg 


MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集4

〈通算記事番号:1233〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す