RSS

ピッチフォークでEURUSDを

現在のEURUSDをピッチフォークで観察します。

PFロジックはエリオットやフィボナッチに通じるところがあります。

Pitchfork_20190314.jpg

目安ターゲット探しに便利です。

3点でラインを引く易しさで、多くを語る必要もないでしょう。

(過去記事で解説したと思います)

20190301-1.jpg


今週に入り連日大きな上下動で毎日200pp、ありがたいことです。

現状況下にあるポンドでこそのウマ味、ドル円では叶わない収益です。

英議会採決で「合意なき離脱はしない」ことが決まり、ポンド相場は一段の上昇になりました。

今日は「EUに離脱延長を求める」件での採決があるそうです。

ひとまず離脱延長で波乱までの時間稼ぎをした格好で、当面は期間限定の上げが見込まれます。

これでめでたしめでたしの解決ではないので、延長終焉時期が来れば問題の蒸し返しが予想されます。

5年に1度の欧州議会選挙が5/23~5/26に控えており、延期には全EU加盟国の承認が必要とのこと。

イギリス1国の思うままにはならないでしょう。

延期期間については4月中旬、5月末、6月末、12月以降、色々噂されています。

国民投票で決まったブレグジットを再選挙でちゃぶ台返しするのが民主主義でしょうか。

日本の大阪維新の会(大阪都構想)のように、勝つまでジャンケンを繰り返すのは見苦しい限りです。

時間の掛かる民主主義の仕組みは面倒でも、今回のような乱気流があってくれれば、個人的には

Noボラで動かないより好都合。


MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集4

〈通算記事番号:1234〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す