RSS

久々にRCIの話(3)

肝心な点でまだ書き足らない箇所がありました。

IN・OUTをRCIのタイミングに合わせるだけで、それなりに結果を残せるという話をします。

先週木・金曜日のGBPUSD15分RCIを例に説明しましょう。

3本の場合パラ値は「9、26、52」として、まず図赤丸の長期と中期の関係に着目。

ここが方向転--------


---------------------------(削除しました)










以上、RCIについて でした。

(一定期間経過で削除の予定です)


MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集4

〈通算記事番号:1255〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す