RSS

原発再稼動反対

今日4月6日(金)午前中のラジオで、

佐藤優(元外務官僚)が、『大飯原発再稼動は容認するべき』と発言していた。


その根拠は、


1)経団連の主張


『経済状況が悪くなる』→『メガバンクが国債保有しているので格付けが下がると約20兆円の損をする』

→『雇用が守れない』→『失業者が増える』


2)稼動しないと電力需要に追いつかない


だがこの、一見もっともらしい主張は官僚ならではの論理で、詭弁だ。

考えれば誰でも分かる反論をしよう。


国債に関してだが、国内保有が93%(下図)の我が国では、国際格付けは無関係だ。

外国資本がランクダウンを受けて 『売り』 を仕掛けてくる余地はない。


景気が悪くなる云々だが、東日本大震災以前の電力需要が足りていた時でも十分に景気は悪かったし、

現在もデフレを脱却出来ていないではないか。

これは、電力需要とは何の関係もないただの脅しでしかない。


本当に不足するなら根拠を示して説明するべきなのに、それをやろうともしない。

秘密主義がまかり通っているのはどうしたことか。

昨年震災後の『計画停電』なる脅しは、もう通用しない。


国内54基の原発が稼動しなくても、昨夏も今冬も電力は足りてきた。

原発がなくても問題ないことが証明されたわけだ。


そう言えば以前、この佐藤優(元外務官僚)なる人物は、TPPにも消費税増税にも賛成していた。


大体、赤字国債を1000兆円になるまで膨らませば、国債の信用価値だって自然に下がるよ。



原発再稼動には無関係じゃない?


論理の都合いい挿げ替えを 『詭弁』 と言う。


国民の厚生年金を食い物にしたAIJ投信と同じ悪質な詐欺行為は刑事罰に相当する。

国家規模で国家がサギっても同じだろう。

既に年金制度は完全に崩壊している。

システムが成り立たない年齢構成なんだから。

現在20歳の将来受け取り額はマイナス4000万円となるらしい。

所謂、大損。 強制的に取るだけ取って払わない。これは『詐欺』。


佐藤優の主張は、国民目線ではないことは確かだ。こいつも詐欺師の一員か洗脳から抜けていない。


どうしても、国民の生命よりカネを優先する姿勢には賛成できない。


福島原発の未曾有の犯罪から何も教訓を得ていない愚かな政治が、国民の生活をメチャメチャにする。


小沢一郎や亀井静などの筋を通す人間が排除される世の中はどこかおかしいだろう。


国民新党の下地 幹郎(しもじ みきお)衆議院議員(4期)は、

統一教会ともつながりのある奴。

桜田淳子、文鮮明教祖、合同結婚式、さくらだの壷、霊感商法で有名な韓国の統一教会。

少女時代を使い日本のメディアにも進出中。

下地はカネのためなら何でもやるタイプだ。 有田芳生氏のブログ に書いてあった。

権力が欲しくてしがみついている。


『国民の生活が第一』と言って政権を取ったのはどこの党か忘れたのだろうか。


スポンサーサイト




デイトレードランキング