RSS

%BインジをRSIに置き換える

%BとRSIパラ9はそっくりだ、と前回書きました。

そこで、%BインジをRSIに置き換えることに。

任意ライン加筆での信頼性・加熱度表示・ダイバー表示に関しては、RSIの方が%Bより上です。

GBPJPY_H1

RSIを%Bとして

拡大はこちら↓

RSI_Bの比較

GBPUSD↓

20190504-3.jpg

ダイバージェンスを表示するRSIをベースにしているので、様々な点で既存%Bより勝っています。

精度アップのため自分でアレンジしてみるのもいいでしょう。

参考までに。


昨夜の米)雇用統計指標発表を受け、EURUSDは上昇、USDJPYは下落しました。

GBPUSD・GBPJPYは22:30から急上昇。

5/2にアップしたGBPUSDの図に、下げてから上昇という意味で赤矢印を描きました。

エリオット波動としては完成形ではなく、未だ続きがあると思ったからです。

20190504-1.png

結果的に半値押しが入り、22:30爆上げ。チャネルが機能していました。

20190504-2.jpg



MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集4

〈通算記事番号:1272〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す