RSS

HMAでEA化に挑戦

トランプさんが頑張っています。

この際ですから中国共産党と半島の反日朝鮮人及びその企業・加担するその他多数の関連企業を一気に

叩き潰してほしいものです。ファーウェイ貿易問題は氷山の一角に過ぎず、世界征服を企てる横暴な体

制を消滅させる良い機会で、まだまだ長引くでしょう。

一方欧州ではEU加盟国内にも反グローバル派が育っているため、一枚岩とはいかず、最悪はEU分裂の

危機に発展する可能性もあります。英ブレグジットもまだ決着していません。

昨日はメキシコ国境から流入する移民に一切必要な措置を取らないメキシコ政府にぶち切れたトランプ

さんが段階的関税強化をすると発表して市場が混乱し、ドル円が大きく下落しています。移民受け入れ

で喜ぶのは労働賃金を低く抑えたい大企業資本家だけ。

日本が現在欧米に起きている移民問題から学ばないなら、将来に難題を抱えることになります。

既に、行き過ぎた金融資本主義とグローバリスムは終わっている。

次は中国共産党体制に肩入れしているドイツに対する制裁が始まるのではないかと思われます。

ドイツ・メルケルは米のファーウェイ排除要請を拒否したし、裏でロシアとも繋がり、防衛分担金支払

いを渋りNATO維持を疎かにする姿勢を崩さない。まずは自動車関税を手始めに、最後は「ドイツ銀

行問題」にも手を伸ばしていくはずです。ドイツもEUも安泰ではありません。

恐るべしトランプ砲。

世界情勢を語ると尽きることないのでこの辺でやめます。


今日は、超カンタンなトレードについて書いてみたいと思います。

自動売買システムを作ろうと思考していて思い付いた一案です。

使用するのは「Hull Moving Average」だけの単純なものですが、かなり安定して稼げます。

HMAは下図のように、価格に対する追従性に優れているのはご存知の通りです。

HullMAパラ比較

原型は長短2本のHMAが変化したところでサインが出るインジ。

Hull MA

HMAを使ったGBPUSDの検証。

日足で階層の確認

20190601-1.jpg

4時間足で階層とフィボ値の確認---161.8%に到達しました。

20190601-2.jpg

1時間足には日足レベルのHMAを入れる。

HMA日足9を1時間足に表示

従来の20MAの代替基本線としてNonLagMA.mq4を追加しました。

目線の固定がしっかり出来ます。


実戦用観察チャートとしては、1時間足と5分足の同時監視。

4時間足と15分足は相性がいいと同じように、1時間足と5分足も。

昨今の短時間に激しく上下動する相場では、後者がお奨めです。

スキャルも出来ますが逆張りは不利なのでトレンドに沿って引き付けて順張り。

トレンドに沿った順張りトレードで、難しいことはありません。

これなら初心者でも楽に取り組めそうです。

最終的にはEA化が目的の矢印サインです。(条件付けが今後の課題)

エントリーは5分足。利確はプライスとHull MA & arrows・NonLagMAとの関係で。

裁量にも充分使えそうです。

60分_5分

 ※自動トレンドライン描画インジや週・日Pivot、高安値インジも入れてあります。

 ※HMAの欠点はレンジに弱いこと。1時間足でNonLagMAに絡まっていればそれと判断できるので

  レンジ判定も容易です。

短時間で大きく上下が入れ替わる相場がやって来ています。難解相場を捉えるには15分足では雑過ぎ。

これで優位性のあるシステムが構築できたようです。

皆さんもこれを参考に自分のツールを作ってみてはいかがですか。

(不明の点があればお尋ねください)

現在のGBPUSD相場は、日足レベル転換サインが出ていないので、まだ下目線です。

ロングで追いかける場所ではなく、短期で追従するにはもってこいの場所。

なんでもいいので上下動してくれると儲かるシステムは第二の財布です。


〈通算記事番号:1291〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す