RSS

ポンド、離脱した後どうなる

英国はEUを離脱したあと、どうなるのでしょうか?

経済衰退で消滅する?---これはお隣の韓国のはなし。

米国のファーウェイ排除方針に従えなければ米韓同盟も解消となるでしょうね。

既に有事の軍事指揮権を韓国側に返し、38度線に近いソウルにあったアメリカンスクールを閉鎖し、作

戦本部を南部の平沢に移転することが決まっていますから。駐留費支払いでもめた経緯、文政権が北寄

りなことを考慮すると、韓国を守る必要性が弱くなったと言うこと。赤化した韓国は北と統一して同等

に貧困化し、自由のない社会を標榜しているようです。アメリカが手を引く素振りを見せただけでキャ

ピタルフフライト(投資引揚げ)が起こるし、お先真っ暗。その前にサムソン・LGが中国依存なら米国の

制裁の嵐で消えていくでしょう。日本の企業もカネ儲けだけでなく、安全保障を考えないと消される。

流れの読めないトヨタのアキオは中国前のめり姿勢で制裁の対象。関連会社のアイシン精機は既にリス

トアップ(要注意)されていますからね。どうやら韓国はレッドチーム入り確定のようです。

さてイギリスの行方は?

現在は保守党党首選へと進んでおり、有力な7名に絞られてきました。

中でも最有力はボリス・ジョンソン---114票、ジェレミー・ハント---47票。

圧倒的にボリス・ジョンソンが有利。

キャプチャ

マスコミの大多数は彼が首相になったら英国経済は破滅すると主張しますが、本当でしょうか。

三年前の離脱国民投票で大方の予想が、「離脱しない」でしたが結果はその反対。

トランプ大統領選のときも、「ヒラリー有利」でしたが結果はまるで逆。

CNNがいかにヒラリー寄りの偏向報道をしていたのか、当時の日本人は考えもしなかったんです。

まんま報道したのが日本のマスコミ。

チャイナマネーに溺れたヒラリーでは現在のような世界情勢にはならずに、根深いところで民主主義が

腐っていたと思う。権力に監視される自由のない社会、チベット・新彊ウイグル地区での迫害、武力に

よる征圧、臓器狩り産業で収益を上げる横暴な共産党とこれに加担してカネ儲けする邦人企業。

中国の現社会は、オーウエルが70年前に書いた小説「1984」そのままの現実恐怖となっています。

香港での連日の大規模なデモは自由を守る闘争です。これを許すと次は台湾の武力制圧につながり、尖

閣・沖縄へと魔の手が延びて来るでしょう。夢物語なんかではないのです。日本人は平和ボケしてない

で積極的に守りに行かなければならない。

マスコミはいつも真実を報道しません。

朝日新聞は慰安婦問題でフェイクを犯し国益を損ね、毎日新聞も支那・韓国擁護を旨としている反日新

聞。NHKもしかり。TBSなどはまだ韓流偽ファンタジードラマを流す。無知丸出しな日本人は信じてい

るし。既存マスコミは見聞に価しない。嘘も100回言うと真実になるというのが彼の国の民族。

合意なきブレグジットで大変なことになると煽るマスコミを信じてはいけません。

(私見)

ブレグジットでEUの規制を解かれれば、英国経済は今よりもっと良くなるはずです。

■GDP成長率比較      ■失業率

 英 1.4%          英 3.6%

 仏 0.9%          仏 8.8%

 独 0.6%          独 5.0%

 日 0.6%          日 2.5%

 伊 0.1%          伊 10.2%

 米 3.1%          米 3.6%     英国は堅調です。

このところの離脱騒動中でも英国の雇用は80万人増で、外資系企業(特に米国)の投資額も増えていま

す。ほんの一例ですが、これをみても予想とは大分違っています。

EU離脱すればドイツ銀行CFD爆弾の直撃は免れるでしょうし、米国とのFTAや日本のTPPも視野に。

さらに活発な経済活動が可能になるでしょう。

これで「ブレグジットでポンド売り」となるはずがありません。

米中貿易戦争は、人間の尊厳と人権を守るのか、それともそれを踏みにじる側に加担するのかの選択。

うすのろソフトバンクと間抜けなトヨタ、アホなパナソニックに、幸之助が泣いている。

トランプ大統領でよかった!!と思いませんか。

ポンド相場は、事情を知らない無知層のため最初は売り玉多く下落するでしょうが、踵を返して急上昇

する展開を予想しています。


MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集5

〈通算記事番号:1307〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す