RSS

カンタンな方法(短時間解説付)

最近の相場は細かな上下動が多く、しかも同一方向トレンドが長続きせず持ちっ放しは危険です。

細かく分散して獲っていく、深追いしない、機敏に目線を変えるなどの工夫が必要かと。

難しい局面でも待てば、1時間足~15分足なら1日に数回のチャンスはあります。

どの通貨、どの時間軸でもいいので、きれいな波が描かれたチャートを選びましょう。

過去2週間のリスクオンの流れ、この先どこまで継続するのか。

ドル円では109.00の上値抵抗は強そうです。

4時間・1時間20MAの上で推移しており、まだまだトレンド転換の兆しは見えません。

EURUSDの下降(ユロ売り・ドル買い)が一旦下げ止まるであろうポイント1.1181まであと10pp。

ここ突破すればドル円の更なる高値更新も一考。(チャネル的には109.300まであり)

予想しても仕方ないので追従するのみ。

長い経験と試行錯誤から、パッと見てエントリー可能な方法を探し当てました。

(勉強が不要とは言いません---それほど簡単---説明しないと分からない点もあるでしょう)

#_習得カリキュラム内容

これが講習時間の大幅な短縮になれば幸いです。

克服感や達成感(一面自己満足とも言う)は薄いかもしれませんが、確実に結果を出す近道です。

要はサインを信頼できるか否かの問題に行き着きます。

ロジックを正しく理解しないともう一人の自分を納得させることが出来ず、猜疑心に囚われてしまう。

これが上手くいかない最大の理由。

だから「機械になりきれ!」に繋がるわけです。

間違いは誰にもあるし、間違うなとは言いません。

間違ったら素直に改め、次の指示に従えばいいだけ。

謙虚さと素直さが必要です。

ひとつのポジにしがみ付き粘着体質に陥ると、次のチャンスを逃してしまう。

トレードはいつもドライに割り切り、過去は過去として割り切る。

ねちねちと拘るのは良くないです。

初心者でも、チャート張付きでなく高確率で勝てる方法に到達しました。

興味ある方は問い合わせください。

--------------------------------------------------------

お隣の半島の方のように、「歴史を忘れた民族に未来はない」とか言ってると、トレードでは成功し

ない。「歴史に拘っている民族に未来はない」とお返ししたい。

最恵国待遇を格下げしただけで大騒ぎの韓国。

友好的でない反日国家を優遇するいわれはないでしょう。

フッ化水素対韓国輸出

半導体製造数の伸びの割にはフッ化水素輸出量の伸びが著しいのが分かります。

半導体出荷量(台湾含んで)---多くみて12%増(韓国だけでは10%増位か)

 ましてや生産過剰気味なところへ米中貿易摩擦やファーウェイ問題が勃発した時期です。

フッ化水素輸出量---43~50%増(出荷数との比較でも異常な伸び)

製造に使用されていないフッ化水素の行方を尋ねてもNO回答だなんて、舐めている。

横流し疑惑は疑う余地なし(多分北朝鮮かイラン方面だろうと推測されます)

アバウトな資料ながら、どうみても誰が見ても不自然ですね!!             〈台湾を含む〉↓

製造数



MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集5

〈通算記事番号:1313〉


スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す