RSS

これからのGBPUSDは

来週のGBPUSDは?

現在は7/17の安値で型通りの一時ストップ。

下降の勢いが強いのでまだ継続と見るべき。

20190728-1.jpg

赤い短期水平線はエリオット第1波の200%位置。

最終的にはここまでが想定内。

20190728-2.jpg

しかし月末に米)FOMC利下げが絡むため、一旦はドル売り方向(ポンド買い→上昇)へ。

短期的にはFOMCで上昇しきった所からのモグラ叩き(戻り売り)戦法を予定しています。

20190728-3.jpg

大きな視点で観察すると、

↓日足縮小で階層が見えます。

現在は200%地点。節目ポイントでもあります。

20190728-4.jpg

ここから下へとか上へとか、細部の動きに予想は必要ありません。

サインが見て取れるなら追従するだけです。

目先の動きからすれば、FOMCで現在の流れが妨げられ、ブレグジット懸念を引きずる関係上、再度

本流(下落)に戻るだけ。上昇しても切り下げラインを上抜けることはないと考えています。

(ヘッドラインニュースや重要な要人発言があればこの限りではありません)



MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---

レッスン生募集5

〈通算記事番号:1320〉







スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す