RSS

今日のGBPUSD

ポンドドルもドル円も日足200MAが近いとあって、そろそろ感が出てきました。
GBPUSDはワンチャートで見るところのフィボ76.4%戻し。
揉み合いの後若干下げてくる気配ですが、ポンドは下げ渋るかもしれません。
まずはWトップの出来上がり確認、本格的な下降トレンドは4時間BBミドルを割ってからで、まだ先の
こと。ポンドが買われる(ドル売り)比率とドル円の下げではバランスが取れない妙な感じがします。
9/20(金)18時のGBPUSD 1時間チャート
 4時間BBミドルの存在に注意。+1σを下回るならチャンスも。
 仕掛けるのはまだ早いようです。
20190920-1.jpg
ポンド勢いがあります。
今夜の経済重要指標はありませんので、テクニカルで動くことでしょう。

MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---
レッスン生募集5
〈通算記事番号:1348〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す