RSS

小学生でもやり方次第で勝てるFX

※今回からは、初心者でも流れを簡単に把握しやすい「おまけツール」を挟みながらチャート観察して
いくことにします。
カンタンなロジックを理解し、サインに従ってIN・OUTを繰り返すだけで勝利確定です。
素直で忠実な人柄であれば(例えば小学生でも)利益になるのは下図が示している通り。
これは後付けではありません。
↓4時間チャート
20191006-1.jpg
1)第一の課題である「目線の固定」はこれでクリア出来ました。
ただ注意すべき点があります。
方向が分かったとしてもその時点では上下に乱高下するので、タイミングをうまく掴まないと狩られて
しまうという点です。(SLを気にせずにフリーで仕込めば時間経過と共に利益になることでしょう。)
プライスの動きには「振れ幅」があり、これをボラティリティと言います。
 (そんなの知ってるよという声が聞こえてきそうです)
2)第二の課題は、ボラを考慮し克服すること。
そのために観察時間軸を1時間足に落として細かく見ていく必要があります。
↓1時間チャート
20191006-2.jpg
大きな流れが転換する局面ではレンジを組みやすいため観察にも注意が必要です。
30分足に落としてみましょう。
20191006-3.jpg
小さな流れ方向にエントリーしても構いませんが、本流の意識が欠けていると利確の機会を失い、損失
を被るリスクがあります。逆張りは時間限定で行い、賞味期限があることをお忘れなく。
環境認識がしっかり出来れば初心者レベルは卒業。
同時に従来の観察方法も併用して精度を上げることです。
20191006-4.jpg

フラクタルを使った自動トレンドライン
フラクタルTL

【今日の参考動画】
カンタン解説:ジョンソン首相のブレグジット新提案
【及川幸久−BREAKING−】


MA三段活用理論、MA1追従理論、サイクル理論、独自アルゴ理論、ピッチフォーク理論
さまざまな隠しワザとインジを駆使してビギナーの壁を超える---
レッスン生募集5
〈通算記事番号:1352〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す