RSS

ラインの引き方についての考察

皆さんはラインをどのように引いておられますか?
「ライン無用、引かない派」は別として、水平線なら1チャート観察で「上下を分ける価格帯」を意識
することがあると思います。意味は分からなくても「大衆に意識されているらしいゾーン」、タッチす
ると何度も跳ね返される場所。これが過去に遡ってレジサポ反転していたポイントだったら要注意。
ためらわずに水平線を引きましょう。
(これは概ね、次に、階層チャネルという話に繋がっていきます)
以上は誰でも理解できることです。
FXの入門書・解説書、ネット情報にはここまでしか書いてありません。
しかし、重要なRSラインやTLタッチでの抜け反発判定を誤れば命取りにもなり兼ねません。
たった1本のラインにタッチして、クォーツ時計の秒針のような正確さで反応すると考えられますか?
切上げ切下げラインやトレンドラインも然りです。(後出しなら幾らでも引けますが)
人気あるFXYoutuberの「予め引いて待ち構えたラインでピタリと反応する動画」にみられる偽発信情報
を鵜呑みして、自分で試みても上手くいかなかったら疑念を抱くべきです。
ピタリといくほうが稀なくらい。(ですから「ラインはわかんない!」となってしまう)
大体MT4プラットフォーム提供会社が数あるなか、すべてが同価格を表示する訳ではなくマチマチであ
るのに、万人が彼と同じラインが描けるほうが不思議です。
こんなことは考えれば分かること。
いいですか、物事には全てバッファ(緩衝地帯)があります。
戦争状態にある両国の間には非武装地帯があり、宅配で送られてくる荷物は緩衝材で覆われています。
テクニカル分析に使うラインも同じことが言えます。
とにかく、誤解を生じさせる情報に惑わされないためには疑ってみることも大事。
と言っても、初心者の身では真偽のほどは判断できなくて当然でしょうが。
重要ラインの抜け反発認定は「ヒゲではなく終値」で行うのが原則。
短期足で実体部分が抜けていても、1時間足以上で見てヒゲの場合もあります。
ダマシに合うのはこういう場所。
個人の思い込みや偏見もあるだろうが、見た目でまんま誤認していては元も子もないのです。
決めたはずのルールが正しくなければ、正しい行動はとれません。
巷に出回っている「ラインはヒゲで引くべき」は間違いではないが正しくない。
間違った情報を信用すると痛い目にあります。
次回にでも、機会があれば図で説明したく思います。

英首相とEU首脳間で「合意ありの離脱協定」に進展があったものの、10/19の英議会での採決如何では
ちゃぶ台返しもあるので、ポジ週持越しはするべきではありません。

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1360〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す