RSS

MA3のOpenラインとCloseライン

昨夜の番組「夜トレ!」のなかで、山中康司さんがテクニカルインジケーターについて話しておられま
した。短期MAのゴールデンクロスとデッドクロスについて。
先ずは下記番組をご視聴ください。
トレンド方向や転換点をどのように捉えればよいのか。
良いヒントが得られたでしょうか。

MA20とOpenMA3+CloseMA3(or 高値HMA3+安値LMA3でも可)
OpenMA3+CloseMA3がMA20の下に位置すればダウントレンド、上に位置すればアップトレンド。
これを再現してみます。
ラインの抜けか否かを判定するのは「終値」です。
短期MA3-1

短期MA3-2

※RSI3については、もっと良い観察法があるのでパスします。

OpenMA3+CloseMA3で、手仕舞いポイントを推し測るという点は評価できます。
だが、大事なのはエントリーポイント。
この点はどうなるのでしょうか?懸念する箇所も多々あります。
MA10+MA5と比較して若干早いものの、早いことが良いことかどうかも疑問。
各時間軸MA1(上位プライス)を下位足に表示するやり方と大差なさそうです。
でもまぁ、これも有りかもしれません。

広告1
 〈通算記事番号:1375〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す