RSS

今日のGBPUSD

GBPUSD 昨日は上昇オンリーでした。
Wボトムを待っていた方にはあいにくでした。
短期MA2本が20MAと当日始値を上抜けたところ、欧州市場スタートで上昇が決定的になりました。
そして本日15時現在は、フィボ61.8%で返されたものの20MAでの揉み合い。
サポートが効けば再度上昇も。欧州市場開始の様子次第。
たまにはMACDも見てあげましょう。
大きな流れとダイバージェンスの確認もお忘れなく。
20191126-1.jpg
昨日の続きの話をすると、1時間足でのBB1σを挟む短期ラインは、
1)〇MA_OpenPrice
2)MA_ClosePrice 
15分足でも確認はできますがこの場合は20MAの役割が大きい。
細かく観察するときでも30分足まで。
(現在での値)※将来は変更するかもしれません。
この図にはありませんが、4時間BBミドルラインの上に乗った状態にあり、100MA+200MAゾーンの
抵抗に当たった場所でもあるので一時の揉み合いは予想された所です。
ATR的にはまだ上値余地が残されています。
日足本流は第4波のレンジでの上下動。狙いは極力下からの上」であっても、終わってみなければそれ
が分からない。12/12までのレンジは覚悟すべきで、上下する動きに付いて行くしかないのがもどかし
いところ。しかしその日の動きに忠実に追従できれば結果に繋げられます。
ドル円もしぶとく109.00近辺を前後しています。
NYダウの史上最高値は何処まで伸びるのか、今年もこんな感じで終わるのでしょうね。

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1383〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す