RSS

フラクタル

我々の住む世界、大宇宙の空間はフラクタル構造になっているのではないか、と思っています。
自然界の摂理、その秩序立てをフィボナッチが行っている、と。
マクロから超ミクロ、ナノ単位(基礎単位の10億分の一)まで、理論的には幾らでも極小世界は存在す
るわけです。調べて分かりました。
センチ(一厘)、ミリ(一毛)、マイクロ(一微)、ナノ(一塵)、ピコ(一漠)、フェムト(一須
臾)、アト(一刹那)、ゼプト(一清浄)、ヨクト。
人間の肉眼で見える見えないは別として、その次元にはそれなりの世界があるのでしょう。
FXでの勝ち負けなどどうでもいい気にさせられる動画、一見の価値あり。
フラクタル
幾何学の概念、図形の自己相似(左右対称など)はチャートの世界でも見られます。
「相場はフラクタル」、景気循環説もそれから見出すことが出来ます。
フラクタルとフィボナッチ、それにエリオット。
自然の神の見えざる手。
現在のNYダウの上昇、上げっ放しの相場はありません。
フラクタルインジは左右対称部分の発見に役立ちます。
リペイントもそう激しくなく、早めに頂点を知らせてくれる便利なヤツ。
ZIGZAG頂点には必ずと言っていいほど出現するので、重複根拠の手掛かりになります。
A001.jpg

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1388〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す