RSS

誰にでも出来る環境認識法

現在進行形の相場展開を観察し、今置かれている環境を正確に認識するには、
望遠鏡顕微鏡が必要です。
今回は「望遠鏡」の部分を、ネタバレにならない程度にサラッと行きます。
簡単に誰でも再現できるし重要な点なのでトライしてみてください。
俯瞰しながらも細部を捉えるには、異なる長短パラ2本のHMAを用います。
環境認識1

環境認識2
短期と長期を組み合わせ、上下関係でトレンド判定すれば確実な目線の固定ができます。
常に順張りを心掛け大きな波に乗るにはこれで十分。
環境認識3
更により細部をという場合は短期MAを4時間レベルに下げればよい。
環境認識4
EA化に向けた環境認識部分に取り入れたいポイント。
難しいことを考えずにただ追従するためのツールはたった2本のHMAインジ。
環境認識ができて目線の固定が正しければ滅多に負けません。
誤るとすればトレンド転換の部分、切替しを考慮しここをキッチリと見極めるのが大切。
20191229-1.jpg

レッスン生募集6
 〈通算記事番号:1402〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す