RSS

HMAを目線固定に使う

「目線の固定」はトレードの基本で、とても大事なことです。
(出来てない人がホント多い)
これを理解出来ているか否かが勝敗を分けると言っても過言ではありません。
(出来ていれば道のりの50%は達成している)
その方法は個人により多種多様で優劣は付けられないのですが、知らない」とか「意識したことがな
い」というのは論外で、エントリーの前に既に勝敗結果がついているようなもの。
以前にもHMAを使った目線固定を紹介しました。
MTFの2本のHMAを使い、日足と4時間足の異なるパラ値で観察するやり方でした。
今回は3本のHMA固定パラ値を使う方法で、通常のMAを使う感覚でプライスとの関係を捉えることが
出来ます。HMAはプライスとの吸着性・親和性がよく、滑らかに追従するので見易いし扱い易い。
この方法のほうがビギナーにはより理解しやすいかもしれません。
詳細は図中に記載しました。
地図を見るときに北方向がどっちなのか理解できなければ、永遠の迷子になります。
今まで「目線の固定」を意識していなかったら、試してみる価値があります。
目線がしっかりしていると、安々とは負けないはずです。
一例を紹介しました。
20200113-1.jpg
※目線固定だけでなく、短期を加えることでタイミングも見えてきます。
20200113-2.jpg
複眼思考があればMAXも見えてくる。
トレードには適材適所のツール活用が不可欠。
3HMA.jpg
プロのツール、「弘法は筆を選ぶ」。

レッスン生募集6 
〈通算記事番号:1414〉

スポンサーサイト




デイトレードランキング
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す